2024年03月11日

ドライカーボン テーパードターンテーブルシート

試作を重ね完成いたしました。

ドライカーボン製テーパードターンテーブルシート
ドライカーボン製コレクトチャック式スタビライザー
DSC03783[1].jpg

ターンテーブルシートはもちろんの事
コレットチャック式スタビライザーも精度を更に上げました。

マッド仕上げの左が完成品、右が試作品
DSC03784[1].jpg

コレットチャックはツマミを回してターンテーブルのスピンドルへ固定するのですが、
カーボンスタビライザーに開けたコレクトチャックの貫通穴は
若干、遊びを持たせたサイズになっているため
締め込んだ位置でスタビライザーのセンター位置がほんの僅かズレてしまう事があります。

回転時に揺らぎが無く、まるで止まっているかのような見え方にしたいため
スタビライザーセンターへ、ツマミが入り込む凹加工を施し
ピッタリと中心位置で締め込むことができるようにいたしました。

左が完成品で色は艶のないマッド調、右が試作品で色は艶あり
DSC03785[1].jpg

当店のテーパードシートの最外周と最内周の高低差は1mm
外周と内周でアームの高さを見ても変化がわからない程度に収めていますが、
密着に関しては、大きな曲がりのない普通のレコードの場合、問題ありません。
(変形やグニャグニャ反り返っているレコードは問題外)

他社テーパー付きシートの多くは2.5mm程度の高低差となっているようですが、
レコードの密着を試しますと、そんなに大きな高低差は必要なく、
大きく高低差を付けると外周と内周でアームの高さがかわってしまいますし、
色々試すとレコードがレーベル部分からV字になり浮いてしまう場合がありました...。

DSC03786[1].jpg
テーパードターンテーブルシートは積層ドライカーボンを斜めに削り出していますので
カーボン繊維が90度で重なり合う部分が年輪のように見えています。

シートのサイズは、レコードの最外周部分が飛び出るサイズにしています。
通常レコードの再外周部分は膨れ上がっていますので、
レコードと同じサイズで作ると密着が悪くなってしまいますし、
シートのサイズをレコードより小さくする事で、最外周の膨らんでいる部分を逃がし
レコードを外す時、指がレコードに触れるので持ち上げやすくなっています。

裏から見た写真です。
最外周の無録音部分の溝が外へ飛び出る感じです。
DSC03787[1].jpg

テーパードシートへレコードを密着させる方法として
重さで押さえつける方法と、コレットチャックで固定する方法がありますが、
重さで押さえつける場合、市販のスタビライザー(廃盤製品も含める)を使用すると思いますが
色々試すと、重さで押さえつける方法は、ダイナミックな感じというか躍動感が減り、
頭を押さえつけられているような平面的な出音感になってしまいます。
試したスタビライザーは下記の写真

DSC03778[1].jpg

現行販売品で、上記よりマシな物はナガオカのスタビでした。
DSC03782[1].jpg

DSC03781[1].jpg

この写真の正規の載せ方と、下の載せ方では音が違います。
DSC03779[1].jpg

反対にして載せた場合
DSC03780[1].jpg

どちらにしても、コレットチャック式の出音にはかないません。

SJ-SIと組み合わせるメタルベースと同じ素材で作ったスタビライザーの場合
上記写真のスタビライザーたちに感じる頭を押さえつけられたような感じや
躍動感が無くなる感じはないのですが、磁石に引っ付く素材なので
MMカートリッジ使用の場合は、全く問題ないのですが、
強力なマグネットが使用されているMCカートリッジを使用して
最内周へ送る無録音部分の送り出し溝の送りが速いレコードの場合
カートリッジが中心位置へ加速して早く移動すると、
カートリッジ内の強力なマグネットで
スタビライザーへ吸い寄せられて引っ付いてしまう事がありましたので
コレクトチャック式としております。

このテーパードターンテーブルシートを使い
あの有名なテラークの大砲爆裂音レコード、
チャイコフスキー1812をかけてみました。

最後の内周部分で溝のウネリが見える音溝になっていますが
ドライカーボン製テーパードターンテーブルシートとスタビライザーの恩恵で
レコードがビビる事も、カートリッジのトレースが限界を超えて針飛びする事もなく
爆音にすると、スピーカーが壊れるかと思うようなで音で試聴できました。

音溝の映像

ELACミラコード90へテーパードターンテーブルシートを使用して再生
大砲部分の試聴は下記写真をクリック!

DSC03788[1][1].jpg


以下、販売についての説明です。

素材が高額かつ加工が困難な為、完成品は高額な商品になりますので
お試しいただき効果を納得していただいた方のみ販売を考えております。

つきましては下記の流れで貸出試聴を行いますのでご自宅のオーディオ装置でお試しいただき
買う価値があると判断された場合のみ注文をお願いします。

お試し試聴をご希望される場合の流れ...

1,商品代金、全額のデポジット(保証金)を入金していただきます。
2,試聴用のターンテーブルシートを発送いたします。
3,貸出期間は1週間(到着日を含めた7日間)の間でご返却願います。
4,購入いただける場合、新品を発送いたします。
5,購入しない場合、デポジット全額ご返金いたします。
6,受注生産品になりますので作り置きの在庫品はございません。
  納期には多少お時間がかかります。(概ね2週間程度)

※試聴用品が10日以上経過しても連絡なく返却されない場合
 デポジットをお買い上げ代金として取り扱います。
 色々な理由を付けて後日ターンテーブルシートを返却されましても対応いたしません。

販売価格
ドライカーボン製テーパードターンテーブルシート
1枚:¥176,000-(税込み)

ドライカーボン製コレクトチャック式スタビライザー
1個:¥25,300-(税込み)
(セット価格¥20万、消費税送料込み)

商品は価格を抑える為、無駄なお金をかけて
音質に関係のない豪華な化粧ケースなどは作っておりませんので
バルク品と同等の簡易梱包となります。

尚、現在SJ-CSをお持ちのお客様でコレットチャック化をご希望の場合
SJ-CSをお送りいただければ加工してコレットチャック化いたします。
SJ-CSの加工とコレットチャック部材一式
加工料金:¥17,600-(税込み)


ご検討宜しくお願い致します。
posted by SoundJulia at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月04日

ドライカーボン製 テーパードターンテーブルシートの試聴

作り直したテーパードターンテーブルシートをミラコード90へ使用して試聴します。

試聴するレコードは、1977年のチャックマンジョーネ
純正シート[1].jpg

試聴は下の写真をクリック願います。
DSC03759[1].jpg
posted by SoundJulia at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月03日

ドライカーボン テーパードターンテーブルシート完成!

試作を重ね、商品化するテーパードターンテーブルシートと同等なプロトタイプが完成しました。

左は初期試作品  右が商品と同じ仕様のプロトタイプ
初期より厚いドライカーボンを削り出して精度を上げ、若干、厚みを増しました。
DSC03755[1].jpg

初期試作品
DSC03756[1].jpg

完成品!
積層ドライカーボンなので、カーボン繊維が90度で重なる部分が木の年輪みたいに見えています。
DSC03757[1].jpg

コレクトチャックスタビライザーと組み合わせた場合はこんな感じです。

現在、以前紹介したコレクトチャック試作品の結果から
素材は同じとしてマッドブラック仕上げへ変更
締めこんだ時のセンター位置精度を上げて製作中です。
DSC03759[1].jpg

販売価格は通常仕様のSJ-CT(¥49,500-)より高くなる為、
デポジット(保証金)を預かり
ご自宅の機器にてご試聴いただき判断をしていただく考えです。

コレクトチャックスタビライザーが完成しましたら価格を決定して販売を開始いたします。

posted by SoundJulia at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月28日

SJ-NFRP、SJ-コレットチャック

SJ-NFRPが完成しました!
先行予約を頂いたお客様には順次発送させていただきます。

SJ-NFRPは昨年12月のブログで紹介させていただいております。

DSC03686[1].jpg

SJ-NFRPは環境に優しい天然素材を用いたインシュレーター
SJ-SI+メタルベースと併用して使用します。
(単体では用をなしません)

DSC03688[1].jpg

円錐の皿もみ加工は施しておりませんが、
加工を指示いただければ特注で加工いたします。(別料金)
DSC03687[1].jpg

試作していたドライカーボン製
コレットチャック式レコードスタビライザーですが、
製品化するものと同じ仕様となるプロトタイプが完成いたしました。

現行販売中のドライカーボン製スタビライザーを
コレットチャック化して完成させております。
(製品は表面がマッドになります。)


DSC03689[1].jpg

重量級スタビライザーを使用できない
アナログプレーヤー等への使用や(重量:約84g)
昨年からテスト中のテーパードターンテーブルシート
「SoundJulia-Ultimateターンテーブルシート」
との併用に適しております。

SJ-コレットチャック:¥25,300-(1個/税込み)

これから量産いたします。
DSC03690[1].jpg

尚、現在SJ-CSをお持ちのお客様でコレットチャック化をご希望の場合
SJ-CSをお送りいただければ加工してコレットチャック化いたします。

SJ-CSの加工とコレットチャック部材一式
加工料金:¥17,600-(税込み)

DSC03691[1].jpg

SJコレットチャックと
下のSoundJulia-Ultimateターンテーブルシート
(1型プロトタイプ)の組み合わせで
驚きの超高分解能、高S/N、広い音場空間...の出音へ変化しますが、
現在、テーパードターンテーブルシート製品化版の
最終プロトタイプを制作中で、更に高度な完成度を目指しております。

下の写真:SoundJulia-Ultimateターンテーブルシート

こちらは高額商品となりますので、SJ-コレットチャックと合わせた
貸出試聴で購入を検討いただけるよう考えております。
DSC03600[1].jpg

上記も含め、当店のオリジナル製品は、
低価格でのご提供を目指して直販しておりますので
製品を入れる化粧箱にお金をかけませんので全てバルク品となります。

余談です。
KOJO製品が来月から値上げとなります。
(2月1日から新定価での販売)

昨日もArayMKUSEとDA-6のご注文をいただきました。
電源装置は¥10万以上の値上げになっておりますので
ご検討中のお客様はお急ぎください。

posted by SoundJulia at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月10日

テーパードターンテーブルシート実験中です。

2024年 お初のブログになります。
本年もよろしくお願いいたします。

ドライカーボン製テーパードシートへ密着させる方法の検討中です。
レコードをより良く聴きたいという自分の欲で驀進しております。(笑)

方法として考えられるのは下記の二通り
@重さで押さえる
Aコレクトチャックを利用して密着させてから固定する

DSC03613[1].jpg

コレクトチャックはシートへレコードを密着させてから
スピンドルを締め付けて固定します。

DSC03615[1].jpg

構造は、ターンテーブルのスピンドルへ、
穴と切れ目を入れたボルト状の物を差し込んで
ナットをツマミ化したものを手で回して締め付けて固定します。

DSC03616[1].jpg

軽い材質でもOKなので重量は100gもありません。

DSC03618[1].jpg

重さで押さえる方は、600g程度必要ですが、
それ以上重たくする必要もないです。

レーベル面に触れる部分はドライカーボンでも
上に載せる錘の材質で面白いように音質が変わります...。
下の写真の銀色団子はステンレス製です。

DSC03617[1].jpg

色々試したところ、今のところの結果といたしましては、
レーベル面へ触れる材質は当店のドライカーボン製オリジナル商品
SJ-CSを加工してコレクトチャックが使用できるように加工して
シートへ密着させる方法が良さそうですから
カーボン屋さんへ加工を依頼します。

ヨーロッパ製によく使用されているフェルトシートと
ドライカーボン製のテーパードシートの密着実験をしました。

フェルトはレコード盤の鳴きが止まりませんね...。

テーパードシートへ密着させる方法は
重さでもコレクトチャックでも上手く密着できます。

下の動画を見てください。


余談です。
世界最高峰のBluetoothスピーカーで遊んでおります。

posted by SoundJulia at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月17日

ゲルマニウムトランジスタアンプでレコード再生、空気録音!

昨日の真空管アンプを納品し、場所が空きましたので、
ゲルマニウムトランジスタアンプと入れ替えて音出し!

オフコースのアナログレコードを再生して空気録音しました!
43年前のレコードですが、
ゴリゴリのエレキベースとドスドス来るドラム
愛の歌をまったり歌う小田和正!

掛ける曲はB面最終曲の「きかせて」
レコード最内周なので、線距離が稼げないので振幅の密度が過密!
レコード制作時のカットも
レコード再生時も高音質で、となると難しい位置ですが
良い感じで音出しできました!

下記写真をクリックで聴けます。
IMG_04325B15D (1).jpg

posted by SoundJulia at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月16日

オリジナルアンプで聴くスパイロジャイラ!

お客様からメンテナンス依頼で預かった
SJ-preampとSJ-6L6のメンテナンスが終わりましたので
テスト試聴時に空気録音しました。

SPYRO GYRA ココナッツ・ブリーズ(B-2)空気録音です。

機材
・ELAC  ミラコード90
・SoundJulia SJ-preamp
・SoundJulia SJ-6L6
・TANNOY SuperRedMoniter

1985年プレスのレコードですでに38年前!(笑)
80年代はデジタルのCDへ移行する直前ですが、
アナログ録音機やカッティングマシーンも高性能化しましたので
70年代のアナログレコードと比べると、
fレンジは広帯域で情報量も多く抜けの良い音になりました。

古いレコードの方が音が厚くてエネルギー感のある出音で
いかにもレコードと感じる音の物が多いのですが、
今回のレコードは、フュージョン系アルアルで、
中高域がイッチャッテル録音のレコードです。

興味があれば下記ジャケット写真のリンクをクリックして聴いてください!


81M9yUVkZSL._AC_SL1415_[1].jpg
posted by SoundJulia at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月15日

杏里のアナログレコードHeavenBeach(A面2曲目)を空気録音

今日は、まったりした感じの雨降りで来客が少ないので
オーダーされたケーブル製作にじっくり励むことができて完成!
夕方、気晴らしにレコードを爆音再生して録画しました。

杏里の1982年レコードですが、ゴリゴリのベース、ドスドス来るドラム
まったり歌う杏里が印象的なA面2曲目をYoutubeでどうぞ!

下のジャケット写真クリックで聴けます。

DSC03585[1].jpg
posted by SoundJulia at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月16日

AT-33E

AT-33Eは、1981年製(昭和56年)のカートリッジです。

自己所有のAT-33Eを久しぶりに聴こうとアームに取り付けて音出しすると
右チャンネルから音が出ない?
接触不良を疑いシェルのお尻で確かめると右チャンネルの導通が無いので
シェルリードを外し、カートリッジ本体のピンで導通を確かめてみると
右チャンネルがオープン状態で導通がない...。😨

本体内部で断線か、コイルの断線...。
まぁ古いので仕方がないけど
どうしても聴いてみたい衝動にかられ
ネットでAT-33Eを検索すると、
ヤフオクの出品物と
サウンドピットさんの中古品がヒットした!

ヤフオクでゴミを買うよりピットさんの中古の方が良いと判断し
仕事を放りだしVW GTiでターボを利かせマッハでピットさんへ直行!

私「こんにちは! AT−33Eの中古品買いに来ました。」
坂口さん「ああ こんにちは! あれ どこにしまったんだろう...。」

店内をぐるぐる探すがなかなか出てこない...。
しばらく探し、店の淵にあるガラスケースに鎮座しているのを発見!

私「まぁこんな物買いに来る客は珍しいでしょうから」(笑)

商品は現状渡し品なので音出し確認をさせていただいた...

喫茶店の方のエアホース+マッキン+オーディオネックEVO2
EVO2の見た目、
リニアムか?と思うほどそっくりなトゥイーターが付いている...。

出てきた音は、
濃密な中音域と中低域、
高域は、耳障り良く、しなやかでやや繊細、
低域は、モッチリした感じで落ち着いている。

とりあえずの音出しなので音が出ればOKで購入!
販売価格¥16,500-

このカートリッジは1980年代の高音質フュージョンを聴く用なので
店に戻りAT-33Eの切れる高域とドスドス来る低域で聴きたいが、
とりあえず購入時の状態で試聴してみる...。

左右の出音バランスが偏って若干高域が歪んでいる...。
古いカートリッジの場合、
概ねヘッドシェルリードの接続部分の酸化被膜で
接触が悪くなっていたり、
スタイラスの汚れが原因なので早速行動!

奥がAT-33E 手前がAT-33ML OCC
IMG_2930[1].jpg

針をルーペで確認すると、レコードのカスが固着していたので
クリーニングして透明で角が立っている状態へ戻す。

IMG_2929[1].jpg

ヘッドシェルがマグネシウムなので
手持ちのテクニカのアルミシェルへ銀線リードを付けて、
真鍮ビスでカートリッジを固定する。

左がマグネシウムシェル 右がアルミシェル
IMG_2931[1].jpg

ガッチリ取り付けました。

テクニカのアルミシェルで出音がハードな感じへ持っていき
銀線で独特の高域の切れと空気感、分解能を出し
真鍮ビスで高域の照り艶、イッチャッテル感じを出します。(笑)

換装
IMG_2932[1].jpg

奥がAT-33E 手前がAT-33ML OCC
IMG_2933[1].jpg

ちなみに音は針がマイクロリッジになり
導体がOCCに変わったAT-33ML OCCの方が
音が更にキレッキレでハードでシャープです。

ビクターL1000はもう一つ上の超高分解能でハイスピード
AT-33ML OCCの様な傾向の出音です。
IMG_2935[1].jpg

レコードをトレースする針の後ろを長くして
発電コイルを付けているという超絶なカートリッジです。
ハイスピードで高分解能でキレッキレの音です。
IMG_2936[1].jpg


あまりに行き過ぎたのでノーマルなDENONを聴いてみる...。

DENONのDL-103は昔から人気商品ですが、
103は103Rの方が出音が優等生で今風、
丸針ですが高域分解能も割と高いです。

私はDL-103系はDL-103Sがお気に入りです。
特殊楕円針で針圧が軽くハイコンプライアンス
高域は60Khzまで延びているので
高分解能で高域の切れが良く空気感や残響も綺麗!
DL-103の低域が厚く高域の分解能が低い音ではなく
画像でいうと有機ELテレビの4K画像の様な高精細な出音!
AT33-ML風な出音のDENONって感じです。(笑)

手前DL-103R 奥DL-103S
IMG_2937[1].jpg

ドスドス ガシャガシャ音の野太い出音
シュアータイプ1
音がしなやかに変化したタイプ2
タイプ3の軽い樹脂ボディーと違って
どちらもアルミ製でガッチリしていて重たい。
IMG_2938[1].jpg

シュアーの針ってなんでフニャっと曲げてあるんだろう?
こちらはタイプ1
IMG_2939[1].jpg

こちらはタイプ2
IMG_2940[1].jpg

アナログは面白いでね!
カートリッジ変えるだけで幾通りもの出音へ変化します。


以下、最近の外食です。

たいち食堂
IMG_2923[1].jpg

激レア(生ですね)を自分で焼いて食べる方式
IMG_2924[1].jpg


さがみ 
IMG_2925[1].jpg

IMG_2926[1].jpg
posted by SoundJulia at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月09日

TASCAM Portacapture X8 を使用したレコード再生空気録音!

先回までの空気録音動画はSONY HDR-MV1使用の空気録音と
コンデンサマイクをスピーカーの前1mへ2本立てて空気録音しておりましたが
今回は、X8を使用して空気録音してみました。

使用して感じた事は、SONY HDR-MV1の場合
当時のカセットデッキ TC-K〇〇 でメタルテープ録音したような音に似ていて
X8の場合、TEACのC-1やC-2でノーマルテープ(TDK OD)を使用した録音の音に似ています。
高性能なデジタル録音機なのにアナログチックです。
今の時代になっても、メーカートーンを感じる事に感動しました。

今日は、ステーリーダン ガウチョ A-2をかけて空気録音
PCMリニア録音 48Khz

使用機材は
DENON DP-3000改(フルカスタム品)
カートリッジ オーディオテクニカ AT-33ML
アンプ 山水 AU−D707
スピーカー TANNOY SuperRedMonitor

ご視聴は、下記写真をクリック願います。
Youtubeの画質は4K 
ヘッドフォン使用で音は大きめでお願いします。
DSC032501.jpg



posted by SoundJulia at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月03日

BLOW UP tbm-15 アナログレコードを空気録音しました。

今回はtbm-15(1973年)のレコードです。
カッティングレベル(クオリティー)と楕円針のマッチングが良い感じです。

レコード、アンプ、スピーカーの年式、テクニカOEMのVM型(MM)で
音出し現場(店)の出音感は、当時(高校生の頃)聴いた感じより良い(笑)です。

今回は、
MIRACRD90のカーボンアームへ
当店のカーボン繊維でパイプの鳴き止めを施しました。

空気録音マイクの位置を微調整

電源装置に KOJO DA-6 安定化クリーン電源200V駆動 出力100V60Hz
ケーブルは全て当店オリジナルです。

ご視聴(試聴)は、下記写真をクリック願います。
Youtubeの画質は4K ヘッドフォン使用 音は大きめで!

DSC03245.JPG

現在プレスされて新たに売られるレコードは、デジタル音源をアナログにしてレコード化するという
デジタルソフトののCDもしくはSACDで出せば良いじゃんみたいな物ですが、
マスターテープから完全にアナログ録音で、
当時最高峰の技術がl駆使されたカッティング〜プレスのレコードは
現在販売されているレコードの高音質盤より高音質に感じてしまいます...。



posted by SoundJulia at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月02日

SPYRO GYRA アナログレコードを聴く!

レコード再生音をスピーカーの前にマイクを立てて空気録音しました。

使用機器
安定化クリーン電源 KOJO DA-6を200V駆動 出力100V/60Hz
レコードプレーヤー ELAC MIRACRD90
アンプ AU-D707
スピーカー TANNOY SuperRedMonitor
ケーブル類、サウンドジュリア オリジナルケーブル使用

今日、朝起きると、
クマゼミが鳴いていて、
日差しが強くもう夏!!
みたいな感じでしたので
このレコードを選びました。

昼下がりに聴くには合っていると思います。

綺麗な電源で機器を駆動、スタジオモニター用スピーカー出音は録音スタジオって感じ(笑)

ご視聴(試聴)は、下記写真をクリック願います。
Youtubeの画質は4K ヘッドフォン使用 音は大きめで!

DSC03243.JPG
posted by SoundJulia at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月27日

故 菅野沖彦 録音レコードをのアナログレコードを聴く

ヤマハのレコードSESSION(1972年製と聞いております)
オーディオ評論家で有名だった故 菅野沖彦さんをエンニアとしてジニアとして採用し製作したレコード
YAMAHA「ナチュラルサウンド」を目指し菅野流のテクで仕上げられた音となっています。

オーディオ馬鹿の心を知り尽くしている音作りで
鮮度が高くベースに支えられた低域と
オンマイクで録られているハイハットやシンバルの強烈な音が印象的です。

DSC03240.JPG

音出し機器
・レコードプレーヤー ELAC  ミラコード90
・プリメインアンプ  山水 AU-D707
・スピーカー     TANNOY SuperRedMoniter

ご視聴は下記の写真をクリック願います。
Youtubeの画質は4K ヘッドフォン使用 音は大きめで!

DSC03239001.jpg

posted by SoundJulia at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月25日

クインシー・ジョーンズ 愛のコリーダ アナログレコードを聴く

1981年のレコードを再生して空気録音!
当時のオーディオ店で試聴した場合、
ダイナミックな音の再生ができるスピーカー以外で音出しすると
ボケた低音か音自体が破綻して、まともな音での試聴が難しい音源でした。

TVを視聴する程度の小音量なら問題ないのですが、(ショボいですよね)
ボリュームを上げると再生が難しい音源だと思います。

視聴は下記写真をクリック願います。

DSC032271.jpg

posted by SoundJulia at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月30日

半導体ディスクリュート回路プリアンプ(フォノイコライザー付き)完成!

数年かかり漸く形になりました。
これはプロトタイプ3号機で最終プロトタイプになりますのでこの後、製品化の検討に入ります。

フォノ1系統 ライン2系統 入力可能な仕様で、ゲイン調整ができます。
DSC02473.JPG

金属ケースで見た目よりずっしり重いです。
DSC02478.JPG

真鍮削り出しのツマミ芯へ万年筆で使用されるエボナイトを被せています。
DSC02475.JPG

ジャックはセンターピンの接触不良が起こりにくいタイプを採用しています。
100V電源で消費電力3Wの省エネ仕様です。

DSC02474.JPG

大きさも小型にまとめましたので、
邪魔にならないサイズ感で、ギュッと締まった精密感あるデザインとなっています。
DSC02479.JPG

使用半導体は昭和のキャンタイプトランジスタでディスクリュートのアナログ回路で構成しております。
音質傾向としては、オープンデッキの出力のような鮮度と躍動感ある感じでS/N感も良いです。
フォノは、驚くほどのハイスピードサウンドと分解能で迫りますので
抜け、切れ、立ち上がりは抜群に良く、えぐる程の音数でレコードを再生します。
やかましく耳が痛い音ということではなく、シンプルイズベストを実現しておりますので
高級フォノイコによくある重厚な回路による音遣れ感がなく抜群の鮮度を感じる出音という意味です。
現代の反応が遅いスピーカーでは付いていけないかもです。

アナログ時代最後の頃のソフト
ダイレクトカットディスクや76cmマスター使用の高音質盤、テストレコード等は
デジタル音源のソフトでは聞くことができないほどのサウンドになりますので
現代のなめらかで穏やかで柔らかい腑抜けたフォノイコで聞くレコードの音ではなく
1980年代最後の最高音質なレコード再生音を目指している方にはお勧めだと思います。
当時の半導体使用でシンプルな回路構成から再生される音は
レコードはその時代に合った構成の機器で聞くのが一番かと思えてしまいます...。


posted by SoundJulia at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月19日

MICRO BL-91 SAEC WE407/23

店頭のマイクロBL-91を購入したいとのお申し出がありましたので
販売前に色々なカートリッジを聴いてみました...。
私個人の好みが入った言いたい放題のコメントです。

シュアー V15 Type1 
厚く太く濃くエネルギー感ある出音でぶっ飛びます。(笑)
何故か人気のTypeVをこの後聴くと細くてしなやかで女々しい音に聞こえてしまいます...。

DSC02450[1].jpg

少し美音にしてやろうかと
ヤマハのシェルに真鍮ビス、純銀リードでセット 正当な感じではないけどアリの音!(笑)

DSC02445[1][1].jpg

アルミブロックの本体はTypeUまでで、TypeVは樹脂となり音も軽い...。
M44G系だけど出音は別物で、あのチープでガチャガチャしたサウンドではない...。

DSC02449[1].jpg

秘蔵のオールドSPU
DSC02462[1].jpg

何も言う事が無いほどの抜けと切れとエネルギー感ある音で聞かせてきます。
普通のSPUに感じる厚く太く低域デブで分解能が低い感じは微塵もない...

分離が良く力強いゴリっとした低域に支えられ瞬発力あるスピード感!
ピアノのアタックも見事でシンバルの切れはトゥイーターが危ないかと思うほど抜け良く切れます。(笑)
ギターもバイオリンも見えるような感じの表現...
超高音質系のカートリッジもめった切りにされてしまうほどの出音です...。
この1本だけ異常なほど良い音なので手放せない逸品です。
DSC02461[1].jpg

DL-103R
DL-103の改良品という事で入手しましたが、基本はDL-103の音
やや明るい出音となり細かい部分も再現できるが高域分解能は現代カートリッジより低い
DSC02464[1].jpg

DL-103S
針は楕円でコンプライアンスを上げて針圧を軽くしているのでDL-103とは別物の分解能!
低域もDL-103の固まったような感じではなく、しなやかで広い感じに聞こえます。
DL-103で高域がつぶれている感じが嫌いな方には良いかもしれない...。
個人的にDENONのカートリッジはDL-305の美音が好き!
DSC02463[1].jpg

AT-33ML OCC
下手に使うとドンシャリ音とかになり嫌いな方が多いカートリッジだけど(笑)
上手く鳴ると、力強い低域と抜けて切れる高域が爽快なサウンドとなり快音です。
特にフュージョン系には抜群の相性!
普通のアルミシェルやマグネシウム、ダンプの強いシェルだとつまらないかもです。

AT33ANVだとアルミパイプ カンチレバーになるので これより音は明るめに出ます。
DSC02460[1].jpg

AT-37E
DSC02448[1].jpg

ルビーカンチレバーの逝っちゃってるカートリッジ!
私が高校生の頃のカートリッジだけど今でも健在!
ゴリゴリで筋肉質で力強い低域に何処までも綺麗に伸びて抜ける高域は
金属系カンチレバーでは聴けない出音!
ハイハットやシンバルの細かく艶が乗って抜け切る音は快音!
高音質45回転やダイレクトカットのワイドレンジディスクを掛けると驚きのサウンドで仰け反ります。(笑)

調子に乗ってダイナベクターのダイヤモンドカンチレバー17DXへ付け替えてみると
Rchが死亡していた...。
SONYのXL88Dを探すも何処にかくれんぼしているのか分からない...。

12[1].jpg

アナログ最盛期、昭和の組み合わせに感動した。
posted by SoundJulia at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月01日

フォノイコライザー(ワンオフオーダー品)

コロナが猛威を振るっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
当店の場合は、巣ごもりでオーディオを楽しまれていらっしゃるお客様のご要望に応え
色々とやっております...。

今回のフォノイコですが、
現代のフォノイコではアナログ最盛期の音が出ませんので
色々なフォノイコを試して散財し、現代の物ではダメだと気が付かれたお客様のご要望で
あの頃のレコードの音が聴けるフォノイコライザーを作りましたので
記録の為、動画を撮りました。

CDとレコードで差が無い程度までゲインを上げ
カートリッジの交換で出力が変わっても
ゲイン調整で合わせられるよう
-3〜+6dBまでゲイン調整が可能なようにしました。

試聴機材
・レコードプレーヤー:ミラコード90
・フォノイコ:今回のワンオフ製作フォノイコ
・プリメインアンプ:当店オリジナル(10W+10W)
・スピーカー:TANNOY SuperRedMonitor
・ケーブル類:サウンドジュリアオリジナル

録音機材
SONY MDR-MV1 
ワンポイントマイクの空気録音です。
リニア録音ですので、ビデオカメラやカメラで撮る場合のコンプレッサーなどの調整は無いです。
ダイナミックレンジが大きい為、大きな音は大きく、小さな音は小さいですから
試聴時のボリュームは上げて聴いてください。

試聴は下記写真をクリック!

スクリーンショット (29)[1].jpg



posted by SoundJulia at 16:47 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

StereoSoundアナログレコードを試聴!

DSC02089 (800x404).jpg

オリジナルマスターを引っ張り出して新たにプレスしたレコードです。
必要のない音質調整を施していないソフトになりますので
ラウドネススイッチONの様な豊かな感じや現代流行りの圧縮+ブースト処理もしていません。
鮮度感があり抜けの良い音質で
テレサテンはラストコンサートになりますので貴重だと思います。

機材
・ミラコード90
・プロトタイププリアンプ
・Si2バランスパワー
・TANNOY SuperRedMonitor

HDR-MV1で撮って未編集でYoutubeへUPです。

ビデオは下記をクリック願います。





MIRACRD90
DSC01897[1].jpgDSC01898[1].jpg

今日、虹が出ていました。

IMG_3993[1].jpg




posted by SoundJulia at 17:22 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月27日

レコード針の針先を変えて試聴!

テクニカのVM型(MM)カートリッジは
購入時に付いている針からアップグレードとなる針も同等の針もダウングレードとなる針も
本体の取り付けに互換性があるので色々試せるんです!

今回、/丸針/楕円針/マイクロリニア針/ラインコンタクト針/シバタ針/を入手したので色々と試してみました。

DSC02088[1].jpg

針は簡単に取り換える事ができます。
DSC02086[1].jpg

高額な針は針先カバーが違いますが同形状です。
DSC02087[1].jpg

MIRACRD90についているカートリッジはELACの記載がありますが
基本的にテクニカのAT440MLbですから互換性がありますので
本体ボディーを固定して針だけ変えて試聴してみました。

・丸針VMN10CB
 ガツンと来ますね!エネルギー満タンでトルクフル
 弾みまくるブリブリの低域とザクッと切れ込んでくる高域...
 Jazzでいう快音です。
 全ての楽器が前に出たがり引っ込む感じは無いです。
 キックドラムはドスドス来ますしシンバルも下の方から豪快にさく裂します。
 トライアングルも鉄の棒がゴンと当たるあたりからチーンまで元気よくでて輝きのある高域
 躍動感や音色も良くコントラスト強めの強烈なサウンドですから
 しなやかで繊細とは逆の音!(笑)
 ブルーノートやダンスリズム系はバッチリではないでしょうか

・楕円針VMN30EN
 丸針の分解能がグッと上がった感じで音はやや細かくなります。
 丸針の切れ込む感じが斧や鉈だとするとこちらは刀(笑)
 スパッとよく切れる感じが爽快です。
 シンバルのシャリーンも綺麗に輝き
 アコギの弦も立ち上がります。
 低域のトルクは丸針から落ちますが
 エコー等の感じが分かる様になり前後感も出てきます。
 フュージョン系は抜群ですから
 YMOやカシオペア、シャカタク、ボブジェームス等の類はノリノリで聴けます。

・マイクロリニア針VMN40ML
 更に分解能が上がり細かい描写感が出て極端な感じが減りました。
 切れ味はカッターナイフって感じでシュンと切れてしまいます。
 トルクとエネルギー感は減り微細な音も再現されてきますので
 エコーとか空間とか前後感等の再現性が上がり
 切れの良いHiFi系サウンドになってきました。

・ラインコンタクト針VMN60SLC
 微小な音も拾い繊細でワイドレンジでしなやかな感じまで出てきました。
 デジタルでいう所のハイレゾ、SACDみたいな感じです。
 丸針で派手に鳴っていたトライアングルの音は叩く音よりチ〜ンという響きが多めです。
 エネルギー感やトルク感が減り丸針の暴力的な感じは無く
 行儀よく色々な音が聞こえてきます。
 別の物で例えると
 丸針や楕円針が葛飾北斎の荒れ狂う「神奈川沖 浪裏」だとすると
 ラインコンタクト針は波打たない湖面に逆さ富士が映る綺麗な写真の様に穏やか...
 残響や空間の表現も匠ですし細やかな音も拾い奥行き感も出ますので
 クラシックの高音質録音盤などを聴く場合は良いと思われますが
 ブルーノートやダンス系はノリが悪くて面白くないです。

・シバタ針VMN50SH
 上記ラインコンタクト針に艶と輝きが乗り超微細な繊細感がホントに若干落ちた感じの出音

MIRACRD90のカートリッジの針はマイクロリニア針で針圧は1.4g
今回試聴したマイクロリニア針は2.0g
同じ針先でもダンパーが違うのか針圧が違いますので出音も若干違いがあります。
MIRACRD90付属の純正の方がやや美音系で出音がシャキッとしています。

MIRACRD90は基本的にハッキリクッキリでダレ感のない高分解能サウンドですが
今回、色々な針先を試しますと、楕円針に変えて聴いた場合
十数年前の試聴機 MICRO SX-8000+ハイスピードイナーシャを
100Kgはあるベースへセットして
アームはSAEC SW-506/30へテクニカのMC33Eを付けて音出ししていた頃の
逝っちゃってる音に似て楽しい感じです。

私の感覚ですがアナログらしい音を楽しむ場合は
楕円針までが面白い出音で音色も豊かで表現もよく聞こえます。
先が細い針の場合は分解能が上がり細かい部分の再現が出てきますが
躍動感や音色が薄くなり高級なCDPで聴いている様な感じに近い出音に感じます。

針を変えただけで音が激変するのがアナログの面白いところですよね
針先は直ぐにホコリが付きますので片面聴いたら掃除をしています。

レコードプレーヤーは
フォノケーブルやフォノイコ、置き場所、ターンテーブルを回す電源なども弄ると
コロコロと音質が変化しますので
音の入り口となる機器としては一番弄りがいのある機器だと思います。

カクテルオーディオのX35にはフォノイコが付いていて
レコードの再生が可能で聴きながら録音もできてしまいます。
この内臓フォノイコと内臓アンプで聴くと
高S/Nでウルトラハイスピードなサウンドで笑えてきます。
録音も192KHz/24biで録音しますと差が分からない程に上手く録れて
録音した音源をCD-Rへ簡単に焼けますので何だか良い時代だなぁと思えます...。

レベルメーターを見ながら録音していますと
学生時代にレコードをノーマルのカセットテープへ録音して高域落ちした場合
奮発してメタルテープを買って録り直したりしたことを思いまします。
社会人になりナカミチの1000ZXLを手に入れ同じように試すと
ノーマルテープでもシンバルの音がダレない事に驚き
メタルテープではピークメータがガンガン振っていても意外に録れてしまう高性能に驚きましたが
現代のX35の録音能力には敵いません...。

posted by SoundJulia at 17:19 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

ドライカーボン製ターンテーブルシート

当店オリジナルのドライカーボン製ターンテーブルシートです。
最近はアナログ流行りなので改めて動画をUPしました。

ミラコード90へ載せています。
DSC02002[1].jpg

こんな感じでの試聴です。
レコードプレーヤー ELAC ミラコード90(純正カートリッジ)
アンプ トライオードMUSASHI(内臓フォノイコ使用)
スピーカー TANNOY SuperRedMonitor
電源は100VタップへKOJOのフィルターを入れております。
ラックはサウンドマジックのキャスター付き安物です。

ご試聴は下の写真をクリック願います。

DSC02003[1].jpg

いかがでしたでしょうか?
ドライカーボン製ターンテーブルシート4mmへ替えると
現場ではモサモサしない締まった低域へ変化し
全体的な出音も高精細な感じになり
音が出ている時のS/Nも良好に聞こえています。
ご来店いただければいつでも試聴可能です。


話は変わります...。
先日納品した中電カートリッジ
現在ご使用中のナガオカ製品の(右側)オーバーハングへ合わせました。

ナガオカの方が和風でしなやか
中電は弾むような躍動感で聴かせます。

どちらも1万円台で買えるMMカートリッジですが、
高額なMCカートリッジでは聴くことが出来ない楽しい出音です。
DSC01995[1].jpg

ナガオカ
DSC01997[1].jpg

中電
DSC01996[1].jpg

最近の外食
かつ鍋定食 「マイウ〜です。」(笑)
IMG_2423[1].jpg

究極名古屋ダシ味の卵とじ(笑)
IMG_2424[1].jpg

焼き魚ランチ
IMG_2418[1].jpg

卵とじうどん
IMG_2417[1].jpg
posted by SoundJulia at 16:41 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする