2024年06月10日

ケーブル製作に勤しんでおります。

お初のお客様から御社のケーブルを試聴させてほしいと申し込まれまして
現在お使いのケーブルと聞き比べを行い
結果的に製作依頼を受けて作っております!

DSC03869[1].jpg

DSC03872[1].jpg

DSC03870[1].jpg

DSC03871[1].jpg

導体は純銅線に華僑ポリエチレン被服+特殊銅箔シールド、アース線は分離構造で組んだ
3.5sqの導体断面積の大容量ケーブルで40A程度の電流を流しても平気です。
(100Vで使用する場合4000VA)
プラグはメタル+ドライカーボンボディーにブレードは銅に金メッキです。

電源ケーブルの完成品(既製品)を販売する場合PSE取得の壁がありますので、
お客様の使用環境とケーブル構造のグレードを打ち合わせして大容量ケーブルを作り
そのPSE取得が必要ないケーブルを購入していただいた後、
PSEマーク付きのプラグ取り付け作業を受けるという流れで作っております。

ラインでお使いのXLRバランスケーブルも比較試聴いたしましたが
音場空間や分解能、fレンジ感などに大きく差を感じましたので
今回製作したケーブル納品後、今までと比べて大きな変化を感じられた場合
ラインケーブルの方もご注文いただけるのではないかと期待しております。







posted by SoundJulia at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする