2016年11月06日

ゲルマニウムアンプVer.2 モトローラー

ゲルマニウムアンプのモトローラー仕様が完成いたしました。



2型は、1型と違って、音をとらえやすくしています。

見た目は1型と同じです。

DSCF0715[1].jpg

DSCF0713[1].jpg

モトローラーのゲルマニウムトランジスタ
DSCF0714[1].jpg

2型も1型と同じで、
音声回路(フォノもラインも)は、全てゲルマニウムトランジスタで構成されています。

文で表現するのは難しいのですが、
ノリの良いリズム感で腰の入った中低域、
サクサクと流れる様に軽快な中高域、
密度があり産毛が立ったような細やかな質感で明るめの音色
1型の様に、深く深く入り込んで音楽のみ聞くという感じではなく
ながらで楽しめる軽快な感じと、
BGMでも大音量でしっかり聞いても、
リズムがとらえられて気持ちの良いサウンドへ仕上げてあります。

モトローラーのパワートランジスタのサウンドを活かす様に
ドライブ段等も1型と違うゲルマニウムトランジスタを使用しております。

ゲルマは、なかなかマッチングが取れませんので
修理補修用まで半導体を確保すると、
1型より製作台数が少なくなり、数台の製作が目いっぱいの感じです。

価格は¥28万/1台 となります。


以下、余談です。

トランス駆動ヘッドフォンアンプの試作品です。
DSCF0717[1].jpg

パワーアンプか?と見間違えるような現代の高級ヘッドフォンアンプでは考えられない中身ですが、
そういう物量投入型より、ハイスピードな反応と多彩な音色で聞かせます。

DSCF0716[1].jpg

アンプ構成は、方チャンネル2石のゲルマニウムトランジスタを使用しております。
使用しているトランスは全て特注品ですので、指定のインピーダンスで出力させることが可能です。
現在の出力インピーダンスは32Ωで製作していますので、
HDJ-2000等のインピーダンスを持つヘッドフォンは良くドライブします。

弊社で販売中のCZ-1は、インピーダンスが少し外れますが、軽快で爽快感ある音で聴けます。

高額、高級なヘッドフォンやヘッドフォンアンプの場合、
透明感や解像度、ドライバーの駆動力、低域の厚み音楽のエネルギー...etc。
音楽よりも先に音質へ耳が行ってしまって
なかなか音楽に入れない(笑)ことが多々ありますが、
このアンプの場合、音に耳が行く事なく、
すっと音楽へ入れる様に製作しています。

試作ですからケースなどの仕上げが自作候ですが、
使用するヘッドフォンのインピーダンスに合わせたトランスで作り
ケースやつまみ等も変更して製作することが可能です。
販売も価格も未定です。(笑)

超高音質、バランスドライブに特化したCFのヘッドフォンアンプとコンセプトは違いますが、
聴き比べた場合、別土俵ですが、どちらも良い感じです。

posted by Lansing at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JBL4350

修理したネットワークを取り付けてきました。

ばらしたスピーカー
IMG_0110[1].jpg

ネットワークを固定
IMG_0111[1].jpg

音楽ホール?で使用されていた4350でしたので、
移動できるように配線が変更されており
部屋で使用するには全部無駄ですから、すべて排除しました。(笑)

ビフォー
IMG_0113[1].jpg

アフター
IMG_0114[1].jpg

でぇ〜りゃ〜スッキリですわ!(笑)

淡々と戻し完成させます...。

IMG_0119[1].jpg

全景
IMG_0116[1].jpg

早速、チェックしますと...

無駄な配線や接点を除去した効果は絶大で、
音の鮮度と分解能が、言葉を失うほど向上し、
ドンッと鳴って、バシッと音が止まるダンピング感の気持ち良い低域へ変化!
淀んだドロドロ低音や、音のボケがなくなり、
最上級MONITORって感じの音へ変身しました!

中高域は、アキュのパワーアンプをブリッジで使用
低域は、JBLの純正業務用パワーアンプです。

バランスを取り直し小音量から爆音再生まで上手い事聴けるように調整し完了です。

ここは、前の店舗の試聴室なので、懐かしさと
やった感満載の部屋の音が聞けて良かったです。

余談ですが、食欲の秋(笑)という事で、
バクバク食っていたら2Kg太りました...。

反省です(^-^;

近所のとんかつ屋さん

ポークテキ定食
IMG_0108[1].jpg

ラーメン魁力屋

コク旨
IMG_0109[1].jpg



タグ:JBL4350
posted by Lansing at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

JBLネットワーク修理

1973年製造のJBL4350を連日に渡り爆音再生でいじめた結果、
ネットワーク内のコンデンサの絶縁が悪くなりコイル焼損、
パワーアンプの電源も落ちて...。(T_T)

ネットワーク内部はゲキ臭!
コンデンサの抵抗値は0Ω

NGとなったコイルとコンデンサを交換

DSC00002.jpg

左右同じ様にクロスするか周波数をスイープさせて確認

DSC00001.jpg

問題ないので、後日取り付けに行きます。

そういえば近所のオープンしたラーメン魁力屋で味噌ラーメンを食してきました。
これで、しょう油、塩、味噌のスープを食しました。

今のところの個人的評価は、
しょう油が無難で一番、味噌が二番で、塩が三番という感じです。
あとコク旨というのがありましたので、また今度ですね!


続きを読む
posted by Lansing at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

SJ-KT88single その2

試作当初の特殊な2重ループ型NFを、一般的なNFに戻し、澄んだ音へ変更して試聴しております。

DSCF0685[1].jpg

定休日中は、アクセサリー類の製作や雑用などで頭が膿んできましたので(笑)
息抜きにうどん屋で、新そば?を食し (ズワイガニ、海鮮丼ランチ)

image2[1].jpg

リフレッシュの為、彼女と海へ行ってきました。
image1[1].jpg

不倫ではなく(笑) 彼女=妻です。(^-^;

何よりも夫婦不和になる事が一番NGですので...。(笑)


ラズパイオーディオの方ですが、
ラズパイ3bとvolumio2の最新OSで進めていると、
何だか動作不安定でクラッシュ(笑)

microSDへimgファイルを入れ直し再起動させましたが
やはり動作不安定なので、一つ前のOSへ戻しました...。

流石イタリア人!バージョンUPのOSの方が不安定とは笑えます。

電源の方は、アナログ電源で、
安定度を高めたモデルと、安定度が低いモデル3バージョンで試しましたが、
安定度が低い回路の方が、音に開放感や躍動感があり
聴いていて楽しいという結果になっています。
ここは重要なのでもう少しチャレンジしたいと考えています。

現在インダクターは、予備品も売り切れましたので現在、在庫はありません。
予約注文品以外は、1個か2個余剰で作るだけの在庫となります。

ドライカーボン製品の在庫は大丈夫ですが、
マルチコンタクトプラグ(バナナプラグ)の在庫が底をついてきました。

在庫が切れると思い、今月初めにオーダー掛けていますが、
スイスから送って来ることもあり、未だ国内入荷日の返答が来ません...。
売り切れ前に入手したいです。

後日、入荷したJBL4312のアッテネーター修理を手掛けます。

posted by Lansing at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

ヘッドフォン用バランスアンプ

コンサートフィデリティーが、海外で販売しているヘッドフォンアンプを取り寄せて聞いております。

DSCF0674[1].jpg

一番上の小型は持ち歩き用
ウオークマンなどのプレヤ―へ結合して使います。

2段目は据え置き用の中級機

下段のトグルスイッチとつまみが付いている2段で1台となる据え置き最高機の3種類があります。
(こちらはアンバランス3極フォンプラグでも接続可能です。)

どのヘッドフォンアンプも、内臓されているアンプはバランスアンプですので、
一般的な3極プラグ、グランド共通の3線ヘッドフォンへは接続ができません。

式左右独立で配線されているヘッドフォン用となります。
3極フォンプラグのヘッドフォンの場合、
リケーブルしてバランス対応にする必要があります。

DSCF0672[1].jpg

3極式アンバランスの普通のヘッドフォンでも、
左右の配線を独立させて
バランスアンプでドライブいたしますと、
振動盤のドライブ力が格段に向上しますので
大化けして恐るべき高音質となります。

大化けし、高分解能でレンジの広い澄んだ音へ変化しました。(^^♪

最高級期のXHP-5は米ドルで$1840
米国での購入者は、
高級ヘッドフォンAUDEZE LCD-4 LCD-3のユーザーが殆どで
XHP-5は、メーカーとタイアップしてアンプを製作しています。

駆動の難しいヘッドフォンですので、
その他、他社のンヘッドフォンの場合においても
内臓アンプは、広いインピーダンス対応で駆動しますから
鳴りが悪いという事はまず無いと思います。

先日のラーメン屋さん 塩を食してきました。

image1[1].jpg

塩ラーメン 味玉
image1[1].jpg

感想は、
淡泊で少し塩辛い...
塩のうま味が薄いので、 
先回食した しょう油ラーメンの方が、かなり美味い(笑)

味噌ラーメンもありましたので、次回は味噌を食してきます。(^^)







posted by Lansing at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

SJ-KT88single

銘球KT-88を使用したアンプの試作品です。

試作品ですから、印刷やメーターもイマイチで、ロゴも付けいていませんが鳴らしております。

DSCF0665[1].jpg

CD等のライン出力からアンプダイレクト可能で、3系統入力を付けました。
左のつまみがボリューム、右がセレクターです。

SoundJuliaのSJ-preampを繋いだ場合、
音に厚みと力強さ安定感などが増し、レコードを聴く事が可能になります。

アンプ単体で使用するアンプダイレクトの場合、
音がやせるという感じはありませんが、
機器の構成がシンプルになりますから、鮮度感や高域分解能は向上します。

DSCF0668[1].jpg

トランスは、全てこのアンプ専用に巻いています。
スピーカーのインピーダンス(4Ω/8Ω/16Ω)
2chステレオアンプとなります。

DSCF0667[1].jpg

固定バイアスですから、球を交換した場合は、メーターで調整します。
メーター位置が反対ですが、何となくMarantz8に似ているような...。(笑)

厚めの鉄板を曲げてケースを作り、焼き付け塗装で仕上げておりますので
キットや安い球のアンプに見られるトランスの重みでケースが歪んでいる(笑)という事はありません。

DSCF0666[1].jpg

基盤を使わない手配線でくみ上げています。

全てが専用仕様、他にない構成となっていて
特殊なNFの掛け方で上手く動作させていますので
シングルでも、下手なプッシュプル以上の鳴りを聞かせます。

DSCF0669[1].jpg

近年生産されている球のアンプや、中国製の安物に採用される基盤を排除していますので、
部品の組み上げがSF映画の空中都市みたいになっています。(笑)

DSCF0670[1].jpg

今やKT88は高額球になってしまいましたので
球数少なく、最大限にKT88の良さを出すことを考えています。

一般的によくあるKT88プッシュプルアンプの場合、
60Wとかの大出力になりますが、
トランスがデカくなり、アンプは必然的に大型で重くなってしまいKT88も4本必要で価格は高額に...

しかも家庭で使用する際の出力は、
0.1W〜1W程度ですから、物量を投入した多くが無駄...。

そこで極力無駄をなくし、シングルドライブでも
KT88の力強さと抜けの良さを引き出し
方チャンネル6BL8とKT88の5極管2本しか使用していない増幅回路となっています。

出力は15W(MAX)、無歪、連続出力は12Wも出ます。(^^)v

KT88の最高峰 GEC KT88 茶ベースは、
現在ではペア¥5~7万もする高価な球になってしまいましたが、
鮮明で瑞々しい抜けとキレがあり、
上質で美女の様な色っぽさも感じる綺麗な高域が素敵で、
全域に渡りフラットで広々とした混濁感のない音の質感と、
力強さと分解能の良い弾むような低域ドライブ感を有していますので
人気球であることが聴けば一発で理解できます。

この球の持つ至高のサウンドを生かすアンプに仕上げてありますので
余すことなくKT88の良さを聴くことができると思います。

ご希望の方には製作してお売りします。
完全受注生産のアンプとなりまして
価格は¥30万/1台(税別)

上記の価格には、GECのKT88は付いておりませんが、
ゴールデンドラゴン等のKT88を付けてお出しします。

出力管に、GEC KT88希望の場合、
きちんと動作するマッチングの取れた良品の球を選別してお付けすることは可能です。

球のお値段は、アンプの価格にプラスとなりますが、
球を入手する価格によりお値段は変動します。(¥5万から¥7万程度)
お手持ちのKT88を利用することも可能です。

外観等、もう少し詰めて完成させます。
続きを読む
タグ:SJ-KT88single
posted by Lansing at 11:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

新春初神楽

お手紙が届きました。

DSCF0664[1].jpg

熱田さん ←神社ですが、なかなかカッコいいホームページなので、熱田さんをクリックして見てください。

お手紙は、1月1日午前零時に行われる初神楽予約案内

内容は、神楽殿で、フルセットの雅なお神楽とご祈祷を行う予約受付でした。

法人の神楽料金は、¥20,000-以上からの受付
一度申し込めば、毎年案内が届きます。

という事で、来年の申し込みをいたしました。(^^)v

話は変わります。

店の近くにラーメン屋さんがオープンし、
毎日人が並んでいましたので、食してきました。

image1[1].jpg

お味は、くどくなくて、チェーン店としてはマイウーでした。

しょう油 塩 みそ とありましたので
全部食してみたいと(笑)考えています...。

オーディオの方ですが、
GECKT-88を使用したシングルドライブのアンプが完成しましたので次回紹介します。

タグ:新春初神楽
posted by Lansing at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

SJ-6BQ5ベース

匠の家具屋さんも使っているSJ-6BQ5アンプですが、
音と見た目が良くなるベースを作ったという事で試聴!
(匠の家具屋さんは、パラゴンを自作するほどのオーディオ好きです。)

ノーマル状態

DSCF0645[1].jpg

ベースに載せた状態

DSCF0646[1].jpg

DSCF0647[1].jpg

DSCF0648[1].jpg

DSCF0651[1].jpg

ベースの形状はこんな感じ...

DSCF0649[1].jpg

匠の繊細な技が光る加工!

DSCF0650[1].jpg

材料は、最高級ブラックウオールナットと、バーズアイメープルの無垢材です。

音の変化といたしましては、
音密度が上がり、中低域の腰の入り方がしっかりし、
エネルギー感も増し、全体的に力強い感じに変化、
音の端っこが上手くまとまり、残響もきれいに響きます。
木の使用で、立ち上がりが鈍る事は無く、
音密度、艶、安定感の増したサウンドへ昇華しました。

「欲しい方がいらっしゃれば作ります。」という事です。
価格は¥19,800-です。

余談ですが、
色々買取しましたので、動作テストと試聴という事で楽しんでおります。(笑)

AKAIのアナログプレーヤー
DSCF0654[1].jpg

何と!
USBやブルーツース、フォノイコまで付いていて、
デジタル光OUT、ヘッドフォンアンプまで付いています。(^^♪

ソナスの超美品!
DSCF0652[1].jpg

DSCF0653[1].jpg

ウオークマン、HP等
DSCF0655[1].jpg

DSCF0656[1].jpg

私にとってウオークマンと言えは、最初期のカセット時代ですから、
こういうの触ると、「何だかなぁ〜」って感じで、
時代の変化と、年食った(笑)と、つくづく感じます...。

大昔(笑)のウオークマンの様に
カセット入れてPLAYボタン押せば
とりあえず聞けるという様な簡単な操作ではないので、
最初、どの様に使うのか戸惑いますが、
スマホに慣れている方の場合、直ぐに使いこなせます。

聞いてみると、聴き疲れの無い綺麗な音で、芳醇さを感じる高級感があります。
「ブルーツースは音が悪い」と言われますが、
MONITOR的な超Hi-Fiで攻める方以外にはウケるのではないかと思います。
HPにケーブルを繋がなくても良いという事が、いかに楽で気にならないかよく解りました。

でも、同じHPへ、ケーブルで繋いで聞く方が、
より鮮度と分解能の高い音になりましたので
「ブルーツースは、音が悪い」と言われる事も理解できます...。

色々聴いてみると
疲労感が少ない長時間の視聴に耐えれる音質になっています。
内部の音質調整機能を弄ると、面白い様に音や聞こえ方が変わりますが、
私の場合は、何もしないオールOFF状態で聴くのが違和感なく好感が持てました。

レンジも広く、高品位なトーンで繊細
しなやかで濁りのない綺麗な音質で
豊かさを感じる優雅な感じが高級機の位置づけを感じます。

今行っている、バランスアンプでバランスドライブするHPの場合
超高音質、ウルトラハイスピード、振動盤のドライブ力抜群のサウンドとなり、
普通の3極(アンバランス)HPの世界とは次元の違う高音質な再生音になりますが、
SONYのウオークマンNW-ZX2は、そちらの方向ではないけど満足感の高い音が聴けましたので
「なかなかやるじゃん」というのが感想です。

ウオークマンは、PCへMediaGoというソフトをインストールして弄るのですが、
バージョンUPか、新たにMediaGoをインストールした場合
VCOMO140.DLLが無いという表示が出てエラーになります。

その場合、

ブログった後、ソナスを楽しもうと思います。(^^)



posted by Lansing at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

スピーカーケーブル

今日は、午後から納品に行ってまいりました。

ケーブル類の納品とセッティングで、音は激変!(^^)v

次回、壁コンセント変更工事と、オーディオ用電源タップまでのケーブルも変更することになりました。

本日の作業で、音質がグッと向上していますので、
次回は電源の元が変わりますから、さらに大きく激変すると思います。(笑)


それでは、ケーブルの方です。

オレンジ君の「オレンジ色が嫌」(笑)

という意見があり、色々試しておりまして、ついに新型を完成させました。

黒いジャケットの方です。
DSCF0637[1].jpg

ジャケット
DSCF0638[1].jpg

線材の色は、茶と白です。
DSCF0639[1].jpg

巻で取りましたが、長さに限りがありますので、オレンジ君の様に切り売りはしなくて、完成品のみの販売となります。
完成品のスピーカープラグは、音質を重視するため、マルチコンタクトのプラグを付ける仕様のみとなります。
(アンプ/スピーカーの仕様により、プラグ無しもOKですが、オーディオブランドのYラグやバナナプラグの取り付けは致しません。)
DSCF0640[1].jpg

ジャケットを被せると、音が詰まった感じや分解能の低下を感じることが殆どですので
今までジャケットは採用することなく、オレンジ君の場合、軽く撚りをかけただけの仕様にしていたのですが、
今回の線材は、機械撚りですから、撚りが正確でしっかり撚ってある為か、
音が締まり、ジャケットを被せても抜けが悪くならないのです。

少し締め気味ににジャケットを被せることにより、線材の振動対策と、音のこもり感を無くしています。

撚りの具合
DSCF0641[1].jpg

オレンジ君との比較ですが、
立ち上がりと立下りは今回のケーブルが優秀で、音ににじみが無く高分解能です。
オレンジ君の方が、撚りが緩い為か、開放感がありますが、今回の物と比べると野放図な感じにも聞こえます。

まぁ、比べなければどちらでも良い感じですが...。

ちなみに、
オレンジとブラックの撚り線のベルデンケーブルとは、全く違う音です。


それから、
長さ間違えで製作したオレンジ君ケーブルが余っております。

動作テスト、試聴のみでの使用となります。
ほぼプラグのみの金額で放出します。

(すでに売約いたしました。)
・長さ1.5mペア、価格:¥1万、(レターパックライト送料込み!)

IN:シングル-----OUT:バイワイヤ
DSCF0642[1].jpg

ケーブルの方向性を合わせ、
Y字に処理することにより、バイワイヤショートバーやショートケーブルによる繋ぎ位置で音が変化することが無く
フォーカスの合った分解能の高い音質となります。

DSCF0643[1].jpg

スーパーツイーターなどを使用する場合、ジョイントが簡単にできます。
DSCF0644[1].jpg

よろしくお願いします。

続きを読む
posted by Lansing at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

ネットワーク修理の続き


DSCF0626[1].jpg

回路図を探します。

DSCF0630[1].jpg

ネットワークを分解して調べる。

コンデンサの接触不良を発見!
音量を上げた時の振動で、この部分の導通に問題が生じ歪むのではないかと判断。

念のため、コンデンサの容量や絶縁も見てみる...。

容量=1.5μF
DSCF0631[1].jpg

絶縁
DSCF0632[1].jpg

問題ないのでハンダを修正
DSCF0634[1].jpg

全体的にクリーニングして、コンデンサ類が動かない様にホットボンドで固定
DSCF0635[1].jpg

こちらに有るスピーカーへ繋いで試聴OK!

ついでに2450も2個持参されていたので、
こちらの環境で試聴すると、
音圧にばらつきがあり、音が汚くイマイチでしたので
分解清掃して、磁器ギャップ内の鉄粉などを除去
左右の締め付けトルクを合わせ戻すと、
音圧が上がり、爽やかに抜けて切れる音へ変身した!(^^♪

できる事なら、アッテネーターの分解清掃をして、
もう片方のネットワークももメンテすると気分的にはバランスが取れますが、
速く戻したいという事なので、片側だけの整備で返却...。


続きを読む
posted by Lansing at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする