2019年05月06日

TANNOY 3LZ Monitor GOLD

入荷しましたので査定時の様子をUPいたします。

IMG_1669[1].jpg

中を確認...。
GOLDが入っています!
IMG_1670[1].jpg

ロータリースイッチもオリジナルです。
接点接触改善の為、スーパーコンタクトオイルを塗布しておきました。
IMG_1673[1].jpg

ユニットの状態は良いです。
IMG_1671[1].jpg

エッジの硬化も無く動きは良好!
IMG_1672[1].jpg

ネットワークです。
中を見る場合、ハトメ部分をこじ開けませんとカバーは外れません。
開けた跡は無いのでオリジナルのネットワークです。
IMG_1674[1].jpg

もう片方も点検します...。
IMG_1682[1].jpg

こちらも良好!
IMG_1680[1].jpg

こちらも硬化は無くしなやかに動きます。
IMG_1681[1].jpg

こちらもスーパーコンタクトオイルで処理しておきました。
IMG_1683[1].jpg

ならべて眺める...。
IMG_1684[1].jpg

斜め上から見てみてみる
IMG_1685[1].jpg

もう片方
IMG_1686[1].jpg

天板
IMG_1687[1].jpg

もう片方の天板
IMG_1688[1].jpg

正面拡大
IMG_1689[1].jpg

もう片方
IMG_1690[1].jpg

正面向かって左サイド
IMG_1691[1].jpg

背面バッフル
IMG_1692[1].jpg

右サイド

IMG_1693[1].jpg

査定の時、お客様の了解を得て
各接点部分へスーパーコンタクトオイルを塗布いたしましたので
接点の接触は大幅に改善されています。

中古品のTANNOYが鳴っているのを耳にすると
中音域から少し下までしか音域の無い
古臭いAMラジオが鳴っている様な出音に出会う事がありますが
基本的にはそういう音ではありません...。

程度ですが、動作は良好で、
外観は、あまり気にならない様な薄汚れと小傷はあります。
トータルで判断した場合、
程度の良いTANNOY 3LZ Monitor GOLDと感じます。
出音も良好ですので、出音確認時のYouTubeをUPします。

アナログレコードで聴くチェロ

CDで聴くJazzボーカル

価格が決まりましたらまたお知らせいたします。

以下お知らせです。
昨年大好評でしたので今年も行います。(^^♪
店内が狭い為、予約制となります。

StereoSound 高音質ディスク試聴会予約受付中!
2019年5月26日(日曜日)
・1回目:13:00〜
・2回目:16:00〜


posted by Lansing at 17:14 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

SJ-6BQ5でDS-4NB70を聴く

管球王国にSJ-6BQ5を紹介いただきましたので
下記の組み合わせで鳴らしてみました。

・入力:X50DPro
・D/Aコンバータ:DAC212SE
・アンプ:SJ-6BQ5
・スピーカー:DS-4NB70
IMG_1655[1].jpg
ビデオは3つで違いは
・SJ-6BQ5納品時に付属のビンテージ球(管球王国92号と同じ仕様)
・オールムラードに交換した音
・バイノーラル録音

最初のX-Yマイクはスタンドの共振まで録音されています。
バイノーラル録音は安物マイクで使用ですが、音場は自然と思います。
YouTubeにUPすると、オリジナルのビデオより
鮮度や分解能はガクッと落ちます...。

ビデオのX-Yマイク(オリジナル球)

ビデオのX-Yマイク(ビンテージムラード)

ムラード球のままバイノーラルマイクによる録音
ヘッドフォンで視聴した場合、
音場は人間の耳と同じ360度で聞こえます。
後半にぐるっと回転しますので
頭の後ろから音が聞こえると思います。
バイノーラル録音ですからヘッドフォンで聞きませんとステレオ感が出ません。


6月29日と30日ですが、当店にて
DIATONE DS-4NB70試聴会を開催いたします。
当日はDIATONEメーカー説明があり
入力装置などの機材も持ち込まれる様です。
そ・し・て・今までのDIATONE試聴会には無い
スピーカー二段重ねのダブルスタックで鳴らします。(^^♪


タグ:SJ-6BQ5 DS-4NB70
posted by Lansing at 16:55 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

SJ-6BQ5

当店の真空管アンプSJ-6BQ5の試聴記事が管球王国92号に載りました。

IMG_1655[1].jpg

IMG_1654[1].jpg

IMG_1656[1].jpg

記事を読んでみると、
こんなに良い事ばかり書いて良いの?
絶賛と言っても良い程の高評価でした!(^^♪
内容は管球王国92でご確認ください。

SJ-6BQ5は、オーディオ的な快楽と音楽を楽しく聴くという要素を融合させ
小型低能率〜大型スピーカーまで良く鳴る様に設計していますので
レンジ感や分解能ドライブ力も感じられ、音楽のノリも良くつかめると思います。
ボリュームを上げても大人しくて迫力感が出ない感じではなく
小型アンプで何でこんなに鳴るの?という出音感だと思います。
試聴機器のスピーカー B&W800D3の低音の出方が
「大型重量級アンプの様にしっかりとしておどろかされた」の記載にはニヤケました。

上級機のSJ-6L6は、
オーディオ的な要素より音楽の内面を奥深く表現する方向性で作り込んでいますので
SJ-6BQ5より深く音楽に入れる出音となります。

ケースもトランスも既製品ではなく手作り
内部も手配線ですので製作には時間と手間が掛かるアンプですが、
価格は限界まで安くしています。
有名メーカー高級ブランド品ではなく
マイナーでコアなガレージメーカー製の手作りアンプでも良い方はお作りいたします。



タグ:SJ-6BQ5 6BQ5 EL84
posted by Lansing at 17:02 | Comment(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

三菱ジェットストリーム レフィル

今日はオーディオの事ではありません。

よく使用する手持ちの物は何かと使用感が気になりますので
ボールペンの替芯を試してみました。

三菱のジェットストリームに
ヨーロッパタイプの替芯があるという事を知り早速入手してみました。
IMG_1647[1].jpg

同じ規格品なので純正の物と比べてみても、見た目はほとんど同じ
IMG_1649[1].jpg

カルティエのペンに入れてみる...。
IMG_1650[1].jpg

先にジェットストリームから書いています。


ジェットストリームは書いている時の音が大きく
用紙とペンの角度は垂直に近い方が書きやすいです。
万年筆の様な感じにペンを寝かせるとイマイチな感じになります。

硬いテーブルに紙1枚だけで書くと抵抗感が少なく
まるでフィギアスケートをしている様なツルッとした書き心地となりますが、
ノートなど紙が何枚も重なっている場合、
(紙質や筆圧などにもよりますが)刺さり感があります。
書いていると少しダマは出ます。

今回、カルティエボールペンの純正Mで比べましたが
私の個人的な感覚での評価では
書いている時に心地よい高級感を感じたのはカルティエでした...。

ジェットストリームはサラサラでスルスル書けます。
カルティエは書き味がヌルッとして音が静かで滑らかです。

左 カルティエ             右 ジェットストリーム
IMG_1651[1].jpg



posted by Lansing at 14:44 | Comment(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

Esoteric X-10WD 修理

以前、当店で販売したEsoteric  X-10WDですが、
トレイの開閉が悪いという事で持ち込まれました...。

動作確認で、何度もトライするとダメな時があります...。
トレイの開閉というよりVRDSメカのクランパーの動作が悪いです。
ベルトが滑り異音が出ました。

車のファンベルトが劣化して緩くなり
キュルキュルと異音が出ている様な状態に似ています。

こうなるとメカをアッシーで外すのですが、解体に近い作業となりとっても面倒です。(T_T)


気を取り直し分解します。

IMG_1621[1].jpg

これはトレイ開閉用のベルト
IMG_1622[1].jpg

トレイを外してベルトを引っ張ってみると「ユルイ」...。
こちも交換ですね
IMG_1623[1].jpg

ベルトを作りました。
IMG_1638[1].jpg

取り替えるとこんな感じ
IMG_1639[1].jpg

CDを取り出す時に指が入る穴からチョロンと見えます。
IMG_1640[1].jpg

VRDSへCDを押し付けるクランパーメカやレンズが載っているシャシーを取り外すには
DCAや制御基盤を取り外したりで、ほぼ解体状態にしないと外れません。
電源の整流平滑部分のみ残りました。(笑)
IMG_1643[1].jpg

さらに分解してモーター部分を取り外します。
IMG_1644[1].jpg

モーターを外し、ギアも外しませんとベルトを取り替えれません。
新規に製作したベルトを付け替えました。
IMG_1642[1].jpg

ピックアップレンズは綺麗ですが、繊維カスや小さなゴミが付いていました。
IMG_1634[1].jpg

ルーペで確認しながらクリーニング...。
IMG_1637[1].jpg

全部戻し動作チェックです。


この後、天板を戻し試聴したところ、
分解修理で各ハーネスの接点接触状態が良好になった事と、
レンズクリーニングなどの恩恵で、
鮮度が高く抜けの良い音質になりました!(^^♪

何時も行う様な作業ではなく間違えると壊してしまうので
作業中ご来店いただいたお客様の接客時間を除くと
結局、4〜5時間の作業となってしまいました...。

posted by Lansing at 19:11 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする