2018年05月29日

XHP-7

コンサートフィデリティーより
海外のオーディオショーで発表する
XHP-7の最新型ヘッドフォンアンプが届きました。
IMG_0029[1].jpg

最新型プロトタイプです。
側面パネルは、やり直しているという事で付いていません。
(二重シャーシ構造ですのでインナーシャーシが有りますから側面に大きな穴は開いていません。)

IMG_0033[1].jpg

背面

IMG_0036[1].jpg

早速動作させてみます。

IMG_0037[1].jpg

初期モデルとの変更点は、ミューティング回路の除去と
更なる高音質化だそうです...。

電源ONで直ぐに感じた事は
鮮度感とグリップ力が向上している感じでしょうか!

ヘッドフォンが鳴りきる気持ち良さを初めて体験できるアンプと言って間違いないと思います。

早速、試聴希望のお客様がいらっしゃいますので
エージングを兼ねて楽しみます。


posted by Lansing at 20:38 | Comment(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

ゴールドムンドRCAケーブル

「ケーブルを繋いでも音が出なくなった。」と
お客様がゴールドムンドのケーブルを持ち込まれた...。

テスターで導通確認すると、導通が無い?

現在の輸入代理店で修理可能かどうかの確認をすると、
「修理不能、どうしてもという場合は、本国のサービスへ送りますが金額的に高額になります...。」
という回答...。

お客様の希望で、
プラグを分解して確かめようと努力したのですが分解不可?
「どうせダメなんだから壊しても良い」と言われましたので
工具で挟んで分解を試みるとプラグが変形...。

こりゃダメという事でプラグの根元から切断(笑)

DSCF0046[1].jpg

ケーブル側の導通は良いのでプラグ内に問題があると判断
プラグを付け替えて修理する事に...。

使用されているケーブルはシールドケーブルが使われていたのですが、
被覆に印字されている文字を見てみると
何とスーナーケーブルが使われていました!

DSCF0048[1].jpg

ネットから仕様書を確認すると、75Ωのローノイズケーブル

DSCF0049[1].jpg

純正プラグは取り寄せ不可
スイッチクラフトの小型プラグを取り寄せて修理しました。

DSCF0050[1].jpg

修理してすぐ試聴してみると、
透明感がありサクサクと小気味良い高域
中音域は、くどさや濃さは無くフラット
低域は、中音域から続いているフラット感で
厚みや太さ等の特徴はないバランス...。

スイッチクラフトのRCAプラグは、
多くのケーブルで使用してみた感じで
音に粘り感がある印象を受けているのですが、
スーナーの高域に特徴があるケーブルと相まってか
スッキリした音のケーブルとなりました。
研ぎ澄まされ感を減らす為、スイッチクラフトを選んだのですが、
出音にスイッチクラフトっぽい感じを受けないのが不思議です?

SONYの赤白RCAケーブルと比較試聴してみると
エネルギー感と低域は、SONYの方が良く出て音の厚みもあります。
スーナーの方は、フラットバランスで音が整いクリーン
精密感の有る出音で、サクサクした高域の歯切れが良い感じです。

初期マークレヴィンソンに使用されていた細いスーナーケーブルとは
また違う出音で面白い感じです。

プラグとハンダのエージングが進めばさらに良くなると考えられます。

ちょっと前から色々検討していた
SoundJuliaオリジナルRCAケーブルも決まりましたので後日発表します!


posted by Lansing at 14:41 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

電源は音の源

久しぶりのブログです。(^^ゞ
ブログを書く代わりに電源周りの検証を行っておりました...。

ブログを毎日の読み物にされているお客様から
「滞っているけど大丈夫?」と言われましたので
今日は書いております。(笑)

先週は、メーカさんよりお借りしたKOJO DA-6と
店で購入したDA-6の2台が有りましたし、
DAC212SEを購入いただいたお客様より
引き取りまでの間、使っていても良い(エージングして)という事でしたので
コンタクトオイルを塗布し、色々と試しておりました。

DIDIT DAC212SE 新品
DSCF0043[1].jpg

またダブルDACになりました。(笑)
INする機器はカクテルオーディオX50DとI2S接続!!

余談ですが、X50D,X45,X35はリッピングした曲を選んで
CD-Rに焼くことが出来ますのでなかなか便利です。(笑)

DIATONE DS-4NB70の試聴で聴いていただいた曲を
CD-Rに焼いてお渡ししようかと考えています。
DSCF0045[1].jpg

DAC212SE 2台使用になると、
音場とレンジ感、エネルギー感等が大きく変わります...。

下記の図実線部分で、
DA-6の前後にアイソレーショントランスが入っていますが、
これがあると無いとで大きく違いが出ます。

で、付けたり外したりして試聴、
上の入力側の点線部分のDAC212SEはお客様のですが、
現在、上の写真の様にダブルで使用しております。

IMG[1].jpg

アホみたいな電源環境ですが、
論より証拠、効くんですよ〜!

トランスの有無の検証と、
DA-6 2台使用で楽しんでいたのですが、
DA-6の借用期間満了日にお返ししましたので
現在、図の下、パワーアンプ側のDA-6は在りません。

やはり2台無いと寂しい...。

レンジ感や空間等が狭くなるんです。
パワーアンプ側の電源入口へトランスを付けたりしてみましたが
こちらも大きく変わりますので、
大容量トランスの打ち合わせをして見積もりをお願いしました。(笑)

最終的には
点線部分も全て揃えると凄い事が起こると思います。

KOJO DA-6は
音色が淡泊でクールになる事も無く、
高域キレッキレの低域タイトバランスになる事も無いです。
空間やレンジ感の改善、S/Nの向上、雑味というか歪感が減ります。
躍動感、エネルギー感、抑揚、音楽表現などが悪くなる事がありません。
DA-6を外してコンセントへ挿しこむと
レンジが狭くこじんまりと丸く収まる様な表現になってしまいます。

個人的には電源装置、フィルター類を使用すると
音楽の表現が死ぬので嫌いなのですが
DA-6はそうならないので導入
結果的には借りて良かったです。

トランスはトランス屋さんと企画して製造していますので
小容量の物でも
痩せる、エネルギー感が弱くなる等は有りません。

個人的に良く理解できましたので、図面の様にボチボチと揃えます。

話は変わります。

気温が上がるという事でしたので
定休日に屋外機の掃除などをいたしました。

熱交換器部分の汚れを取り全体的に洗いました。

店で使用しているパナのエアコンは、
設定温度になるとファンが止まりますし基本的に動作音は非常に静かです。
お掃除機能付きでフィルターは一度も掃除した事がありませんが確認しても綺麗
掃除したホコリは屋外へ強制的に放出されます。
高級エアコンはお利口さんですわ(笑)
DSCF0039[1].jpg

ついでにシャッターも洗いました。
DSCF0041[1].jpg

可動部のホコリが取れた為か、シャッターの開閉がスムーズになり
新品時の様に軽い力で上げ下げできる様になりました。(^^♪

玄関も水で掃除...。
DSCF0040[1].jpg



posted by Lansing at 17:44 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

KOJO DA-6 導入

DA-6が届きました。

DSCF0010[1].jpg

開梱
DSCF0012[1].jpg

購入した機器ですので
早速コンタクトオイルで処理します。

機器内部全景

DSCF0013[1].jpg

でかい出力フィルタ

DSCF0015[1].jpg

SIT素子

DSCF0014[1].jpg

電源入力部分のフィルタ

DSCF0016[1].jpg

接点部分へスーパーコンタクトオイルを塗布する為、少しケースをバラします。

DSCF0019[1].jpg

フィルタや整流器スイッチ周りなどの接点を外して塗布します。

DSCF0020[1].jpg

出力フィルタへ入る部分なども...。
DSCF0018[1].jpg

フューズも忘れずに!
DSCF0021[1].jpg

黒いブレーカーが店のオーディオ用電源
メインブレーカーより個別に出力し
シールドされたキャブタイヤケーブルで引いています。

DSCF0026[1].jpg

屋内配線へ使用するケーブルの音質を確かめる場合、
オーディオ機器の電源ケーブルを作り聴いてみるか
スピーカーケーブルとして試聴するとよく解ります。

スピーカーケーブルとして聴いた場合
音が悪いケーブルで配線しない方が無難です。

下の写真の様にスピーカーケーブルを作り試聴します。
IN/OUT方向を入れ替えて聴けば方向性も解りますので
音の良い方向で全て配線します。

SoundJuliaが電源を工事する場合に使用する
オーディオ用電源ケーブル(屋内配線用)
DSCF0027[1].jpg

なんか話がそれましたが、
お借りしているDA-6と購入したDA-6
こんな感じで2台収まっています。

DSCF0025[1].jpg

ラックの下段はP-0が鎮座していたところです。

引っ張り出しましたので
掃除して写真を撮りました。

ドライカーボンで武装したP-0

DSCF0023[1].jpg

DSCF0022[1].jpg

DSCF0024[1].jpg

X50Dを入れてから、出番が殆ど無いP-0
手放そうかどうか悩みどころです...。(^-^;

2台のDA-6
音の入り口と増幅するアンプを分けて繋ぎ聴いてみました。

直ぐに出音の余裕感の違いが理解できましたが、
パワーアンプ側のDA-6が新品なので
音が少し硬く躍動していません...。

1時間ほどで良くなってきて
今、3時間ほど経っていますが、
時間が経つほど良くなってきます。

数日2台使用で聴いた後
1台へ戻すと、どれほど寂しくなるのか?

スゲー寂しい音に感じたらもう1台導入? ( ;∀;)

電源は魔物(笑)

マンションなど集合住宅へお住まいとか、
戸建てでも近隣の電源ノイズ拾うとかで電源環境がイマイチの場合、
こういう物は役立つと思います。
店の電源環境は良い方ですが、音質は向上しますので導入しました。

DA-6の容量は600VAもありますし
波形は綺麗なサイン波で電圧も安定しています。

クールで高域寄りのサウンドにはなりませんし、
音楽がつまらなく聞こえる方向へも行きません。

ラックスマンの営業さんが言っていたのですが、
「アキュフェーズの電源装置を使用すると、
使う機器がアキュフェーズ製品でなくても
出音はアキュフェーズの様な音質傾向になり
ラックスマンが電源装置を作ると
ラックスマンのアンプに似た音の傾向になる...」(笑)

PS等も含め、それらのブランドの音質が好みの場合
そのメーカー製を買うとハマる感じが無いと思います。

KOJOは医療用の電源を作っているメーカーですので
上記の様なブランドトーンを感じませんし
フィルタが多用されていますが、
フィルタ独特の嫌な感じを感じないので
電源装置はDA-6でOKという判断をしました。

余談、
印鑑証明とか住民票って
役所へ行かなくても地下鉄の駅(駅長室)で取れるのですね!
店から地下鉄の駅まで1分掛かりませんので
今日、初めて利用しましたが便利です。(^^♪





posted by Lansing at 17:35 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

I2Sケーブル

ねじ留め式のプラグで試作したI2S用のケーブルが調子良いので
ハンダ付のプラグへ変更してケーブルを試作してみました。

DSCF0009[1].jpg

TMDSのデータチャンネル0、1、2とクロックを繋げば完成です。

文字で書くと簡単ですが、
片側12箇所、INとOUTでは24箇所
間違いのない様に繋ぐのは面倒です。

出力は、ソース側からシンク側へ一方通行の伝送となりますので
全てのケーブルの長さと方向性を合わせて組みました。

結果的にはネジ留め式よりハンダ付け式の方が完全に音質が良いです。

ネジ留め式から繋ぎ変えてパット聞いただけでも
空間やレンジ感に差が出て残響も綺麗です。
高域方向はS/N感や分解能が上がりますが
うるさくなる要素はありません。
低域のレンジが広くなるので
30Hz~40Hzの超低域が入っているソースを再生すると
空気が揺れる感じを体感できますし
エアコンの樹脂カバーが「ビリビリ」と共鳴します。

今まで使用していたケーブルへ
(聴き比べて選び抜いたHDMIケーブル)
繋ぎ変えてみると、
出音としては悪くは無いのですが、
音場がこじんまりして
全ての要素が全体的に縮こまって聞こえるので
もう面白くないです...。

ネジ留め式の場合、接点と信号の流れる部分が複雑で多くなる為
ハンダ付け式より悪くなると考えられますが、
作りやすさはネジで止める方が楽です...。

これでツインDAC、モノアンプで音出ししたら良いんだろうな〜(^^♪



posted by Lansing at 18:15 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする