2019年07月08日

Esoteric P-0

店のP-0をメーカーサービスでメンテナンスしていただきました。
ピックアップ交換等で¥10万弱の金額
5月の初めに出して本日の受け取り...。

DSCF0037[1].jpg

こんにちは P-0 (笑)

DSCF0038[1].jpg

取りあえず動作テストしてみると絶好調 (^^♪
出音は堂々として恐るべき高分解能で聞かせてくれます...。

早速ドライカーボンで武装してP-0 Carbon改 へ改良します。

DSCF0039[1].jpg

純正の天板を外しました。

DSCF0041[1].jpg

金属を削り出して作られている 
とんでもない極厚ブリッジ(笑)

DSCF0042[1].jpg

左が純正天板で右がドライカーボン

DSCF0043[1].jpg

左が積層ドライカーボンで右が純正

DSCF0044[1].jpg

底板も替えます。

DSCF0045[1].jpg

アンヨはカーボンと金属ベース

DSCF0046[1].jpg

電源も天板や底板を交換します。

パワーアンプ並みにデカイ電源トランスがこんにちは!(笑)

DSCF0047[1].jpg

天板を替えました。

DSCF0048[1].jpg

底板も替えます。
左が純正の底板で右がドライカーボンの底板...。

DSCF0049[1].jpg

交換しました。
スパイクもドライカーボンで作っています。

DSCF0050[1].jpg

交換完了しましたので動作確認して音の違いを楽しみます。

DSCF0053[1].jpg

DSCF0051[1].jpg

タックアンドレスをミュージックビデオで撮りました。
スピーカーはJBLハーツフィールド
最初と最後にP-0独特のメカ音 ロボコップ音(笑)が入っています。
エレキギターのソロですが、出音にエネルギー感があって
カクテルオーディオのX50Dで聴く場合より波動感が強く
座っている椅子のアームや背もたれが振動して気持ち良いです。


余談ですが、ヤフオクでP-0用のピックアップが出品されていますので
今回サービスへ出向いた時に質問してきました。

この事はサービスの方もご存知でした。
ヤフオクで落札したP-0用ピックアップを持ち込まれた方がいらっしゃったようで
現物を見た事があるといっていました。

パット見た感じエソテリックの純正パーツと見た目は同じに見えるそうですが、
アースが付いていないのが直ぐに分るそうです。
どういう物か精密に確認していないという事ですが
サービスで在庫している純正品と全く同じ物ではないという事でした。

メーカーサービスとしては
その様なパーツの持ち込みによる修理や交換は一切しませんという事ですので
ピックアップを安く購入してもメーカーでの修理は不可
メーカーサービス以外で取り替えてもらう感じになると思います。

メーカーの方にはまだピックアップの在庫があるという事ですから
安心を買うと考える場合、多少ピックアップが高くても
メーカーサービスで確実なピックアップを交換した方が良いと感じました。

タグ:Esoteric P-0
posted by Lansing at 19:24 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

MUSASHI 武蔵 試聴会の予定

試聴会の企画です。

出力管にKT-150を使用した真空管アンプで
8月1日から発売開始となるトライオードのMUSASHI 武蔵ですが、
メーカーさんのお誘いもあり8月の頭に当店で試聴会を開催する予定となりました。
(今のところ予定は3日と4日です。)


発売開始は8月からですが、
商品の納品は10月ごろになるというお話ですから
興味がございましたら試聴ください。

KT-150を使用した有名ブランド製のアンプは軽く¥100万越えの価格ですが
トライオード社が2年をかけてKT-150の為に専用設計されたアンプ
(MUSASHI)は定価:¥58万(税別)
かなりのお買い得製品と思います。

少し前にプロトタイプを試聴させていただいたのですが、
音に厚みもあり力強くドライブ力も優秀で
分解能も高く音場の広がりも良好な出音でしたので
驚くほどコストパフォーマンス抜群のアンプと感じました。

中級セパレートアンプの組み合わせを色々と悩み
¥100万越えの構成になってしまうのなら
このMUSASHIを一度試聴されると投資価格以上のサウンドに出会えるかもしれません。

MUSASHI skew20190515[1].jpg

MUSASHI rear20150515[1].jpg

MUSASHI bonnet20190515[1].jpg

試聴会の使用機器詳細はまだ未定ですが、
当店で行うのですから
カクテルオーディオの入力機器でMUSASHIへIN
スピーカーはDIATONE DS-4NB70と考えています。

MUSASHIは現代の高性能真空管アンプですから
周波数特性は何と! 
8Hz〜70,000Hzの広帯域で出力も100Wあります。

ハイレゾ音源やMQAソフト(CDでハイレゾが可能)等の再生も楽々と思われますので、
メーカーさんへその様な提案もしてみます。

KT-150は現代球でMUSASHIもビンテージ製品の真空管アンプではありませんので 
現代の高性能製品と組み合わせ
増幅素子が真空管の出音で何処まで楽しめるのか楽しみです。

以下余談です。

5日の金曜日は古民家再生でオーディオルーム化する打ち合わせをいたしました。
耐震や夏冬の快適性などを考慮し音響的にも考えてリノベーションする予定です。
お見積もりはOKを頂きましたのでGOとなりましたらレポートいたします。

昨日はご来店がお初のお客様が3組いらっしゃいました。
コスパがウルトラ級のエアパルスA100/A200を聴かれてビックリ!
「ブルーツースも良いしTVに付けしらAVセットは必要ない感じですねと」...

現在建設中の新築オーディオルームのお客様が特注家具をオーダーしている老舗の家具屋さん。
テレビボードの上に置くテレビはSONY KJ-65A9Gですが、
音を出すスピーカーはエアパルスA100という事なので
それは何ですか?と当店で打ち合わせをする事となり
説明と試聴をしていただいたところ、
家具屋さん本人がビックリされご自宅用に一セット購入いただきました。(笑)

タグ:武蔵 MUSASHI
posted by Lansing at 14:16 | Comment(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

新築オーディオルームと終の棲家 11 ノイズレス調光器

現在建築中のオーディオルームですが、
低周波吸音装置と音響漆喰壁を施工する壁板が張られました。

IMG_1919[1].jpg

現在施されている部分は、低周波吸音構造の床と内部ウレタン吹付の壁だけですが、
コンクリートの6面体の時に比べ残響が収まってきてライブ感が減りました。

コンクリート6面の躯体

床と壁板が張られた状態

音響的な造作やチューニングはこれからですが、
この状態でもコンクリート6面体より響きが収まっています。

ノイズレス調光器の実験をいたしました。
DSCF0030[1].jpg


壁に取り付けられている一般的な調光器の場合、
電源側にも照明側にも尖ったパルス波形が乗りますので
電源側の弊害としてはオーディオ装置からジリジリノイズが出る場合があり
機器側の方も照明器具からノイズが発生する場合が多いです。

ノイズレス調光器を通したスポットライト等のノイズを確かめてみました。

ラジオを使用してLED電球から発する電磁波ノイズの雑音を聞いてみます。
フロアスタンド等は壁コンの100V電源から繋いでいる状態です。
天井のスポットライトと、ルイスポールセンのPH5はノイズレス調光器を通しております。
TVも凄いノイズです。裏面の方が激しく出ています。

電磁波をラジオを使用してノイズ音を聞く

明日は上記と別のお宅のオーディオルーム打ち合わせに出かけますので
午前中から夕方まで店は閉まっております。




posted by Lansing at 16:04 | Comment(0) | 新築オーディオルームと終の棲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

DIATONE DS-4NB70 試聴会

6月29日〜30日と DIATONE DS-4NB70の試聴会を行いました。

DIATONE 佐藤氏の進行で
試聴とスピーカーの説明を交互に行い
最初は通常のL/R2本で、後半ダブルスタックした4本で試聴いたしました。

DS-4NB70がお初の方もそうでない方もいらっしゃいましたが、
小型でも見た目以上に鳴りは良いという事を感じられたのではないかと思います。

試聴するソースの選曲は全てDIATONE佐藤氏の選曲
穏やかなクラシック〜小型スピーカー破壊音源の様な超絶なソースまで色々聞かせていただきました。
スピーカー破壊音源はダブルスタックにしてしまうとボイスコイルタッチする事も無く
爆音再生にしなければ無難に聴けてしまう結果となりました。

まぁよくもこんな音源で鳴らすわ...。と思いましたが(笑)
その他の録音の良いソースはビックリしちゃうような音で鳴るんだな!というのが私の感想です。

IMG_1913[1].jpg

入力機器は当店に常設のカクテルオーディオと、佐藤氏が用意したPCオーディオで行いました。
試聴会の前日、佐藤氏が用意した入力機器のセッティングを行い
機器の電源はKOJOのDA-6や
当店のアイソレーショントランスを通して使用いただきましたが、
出音を聴いてどうしても気になった事がありました...。

写真のナスへ見た目がごつくて高そうなハブを通して接続された音は
「あれ?予想したより聴けるじゃん!」という感じの出音だったのですが、
何度か聞いた事がある音源を聴くと、
立ち上がりが悪く分解能も低く音が寝ぼけている感と何とも説明できない混濁感を感じましたので
佐藤氏の了解を得てナスの電源ケーブルと足回りを私の方で弄りました。

足回りは当店のSJ-SIと金属ベース
天板の黒いのはFノイズイレーサー
電源ケーブルはラダーケーブルを使用しました。

試聴会の終わりにナスからSJ-SIと金属ベースを組み合わせたインシュレーターを外し
機器純正の足にするとどうなるのかという出音確認を皆様に聴いていただいたのですが、
ナスのインシュレーターでこんなに音が変わってしまうのか???
という事をほぼすべての方が感じられたのではないかと思います。

一番ビックリされたのはDIATONEの佐藤氏で、現在DS-4NB70の試聴会で使用されている
SJ-SIインシュレーターへ金属ベースをプラスして使用するという考えになられた様です。(^^♪

IMG_1913[2].jpg

L/R2本で鳴らす普通の状態は常時試聴可能です。
中部地域で試聴可能販売店は当店のみとなりますので
DS-4NB70が気になられるお客様がいらっしゃいましたらご来店ください。

セッティング後にビデオを撮りました。
少しいっちゃってる録音で、ドラムがメインのライブ録音のトリオJazzです。
シンバルがキレッキレで太鼓は凄いアタック音ですがピアノやベースはまともです。(笑)
後半、電話が鳴りましたので切りました。

タグ:DS-4NB70
posted by Lansing at 20:28 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

DIATONE DS-4NB70 試聴会準備

定休日ですがDIATONEから試聴会用の機材が到着しましたので
スピーカーのダブルスタックを試しております。

10箱送られてきました...。(^-^;
DSCF0029[1].jpg

通常はこんな感じ
DSCF0022[1].jpg

スピーカーをダブルスタックしました。
DSCF0023[1].jpg

DSCF0024[1].jpg

天板が重なる部分へ黄金比ドライカーボンボードを挟んで重ねました...。
DSCF0025[1].jpg

トゥイーターは天板からアングルで吊り下げてある構造で、
フロントバッフルへ触らない様に固定してあります。
天板同士をドライカーボンを介して合わせると
ドライカーボンは伝達速度が超速ですから天板全体の振動を
上手く繋ぎ合わせることが出来るのではないか?という発想...。

この状態で試聴すると、fレンジが広くなり出音はしなやかに変化
しなやかといって緩く遅くなる感じではなく
音が波動感で伝わってきますので音量をドンドン上げても
ウルサイという感じになるのではなく
椅子や床、体が波動で振動するような感じ...。

派手な音でガンガン聴きたい方より
反応の良い出音で高分解能かつレンジの広い音が好きな方にはウケる感じ
この状態で色々聴いてみると、
普通のスピーカーとかけ離れた出音感なので
従来のスピーカーで耳が慣れている状態でこれを聴くと
異様な感じを受けるかも?と思えてくる...

次に黄金比ドライカーボンボードを外し、
三点支持でスピーカーを重ねてみる...

出音にエンクロージュアの響きがプラスされ
先の状態より色々な性能面の出音感が狭くなった...。
お互いの天板に空間が空いているのがNGなのか?

箱の一体感を高めた方が良いかもと思い
下の様にピッタリ重ねてみた。
DSCF0028[1].jpg

パット聞いた感じ三点支持より凄く良い!(笑)
天板同士の隙間は無い方が良いという事でしょう!
色々聴いてみると
黄金比ドライカーボンボードを使用した時より出音の感じは性能面で落ちますが、
色々な要素が若干狭くなることが良い方向へ向いて一体感と言うか音密度感を感じます。
色々なソースを聴いても違和感はあまり無く試した中ではこの状態が良いと思えるので
DIATONEの佐藤氏が来店されたら聴いていただこうと思います。

DIATONE DS-4NB70 試聴会
---------------------------
---------------------------
6月29日(土)
・1回目:13:30〜
・2回目:16:00〜

6月30日(日)
・1回目:11:00〜
・2回目:14:00〜

----------------------------
----------------------------
タグ:DIATONE DS-4NB70
posted by Lansing at 16:45 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする