2019年11月19日

新築オーディオルームと終の棲家 28

今日は予定通りスピーカースタンドの納品日となりましたのでJBL4355を4人で持ち上げてセットしました。

部屋が広いのでデカイJBL4355が小さく見えます(笑)
DSC00316[1].jpg

何だか、良い佇まいですね! (^^♪
DSC00315[1].jpg

スタンドはこんな感じ 4355に負けない豪華さと重厚感があります。
DSC00320[1].jpg

スタンドとスピーカーの間には当店のドライカーボンインシュレーターを挟んでいます。
スタンド側にザクリを入れてインシュレーターを嵌め込み数ミリインシュレーターを出す設計としていますので
インシュレーターもずれませんし、スピーカーを載せた時の隙間も気にならない見た目になっています。
スタンドの材質はブラックウォールナットの無垢材を使用し
3本足構造で、センターと背面で足を繋いでスタンド全体を一体化する補強板を入れています。
スタンドの上に載せているだけに見えますが、
スピーカーをずらしてもスタンドからずれ落ちない構造になっています。
剛性もバッチリですのでスタンドへスピーカーを載せて強く揺すってもぐらつきはありません。

スタンドへ載せるまでは音がこもってイマイチ抜けの悪い感じでしたが
スタンドへ載せて音出ししますと「こんなに音が変わるんですか!」と
オーディオに興味の無いお手伝いの方から声が出ました。(笑)

製作した家具屋さん本人も
「別物になったかのように音がクッキリして抜けが良く聞こえます。
予想を超える効果でちょっとブルっちゃう程、凄く感動しました。」と...。

お客様本人は
「あ〜良かった、載せる前までは不安で思ったほど良くならなかったらどうしようかと思っていた...。」
「音がクッキリしたら高域がきつくなってうるさく感じるのかと思っていたけど、ぜんぜん良いじゃん!」
「壁の向こうから音が聞こえてくる奥行き感が出て立体的に広がりのある音って凄くイイねぇ〜!」
「体が振動する程、迫力ある音で聴いているのに、ライブ物はドンドンボリューム上げたくなるよねぇ〜」(笑)

ちなみに試聴中、防音ドアを開けた状態で廊下に出てみると家中に音が広がる音量ですので
オーディオルームは防音構造にして良かったです...。

私的にスタンドは想定内の音質向上なのでその様になって当たり前と思いましたが
向上した音を聴いていると《もうこれで良いじゃん的な》満足感が出てきてしまいます。(笑)
お客様の方は、以前のリビングにセットしてあった時とは別物の出音になっている為
ニヤニヤして色々な音楽をかけ替えて試聴されていますが
機器側の方は、まだ細かなセッティングを施していませんので
後日お邪魔して詰めの作業をする予定です。

私的に43系は自宅でも使用し色々とセッティングを試した経験からですが
今回の4355も更にスピーカーのセッティングを良くする事が出来ます。
それは床とスタンドの間にスタンド用のベースボードを作り
もう一段スピーカーのセッティングを詰める事ができるのですが
お客様が音に慣れてしまってからでも良いかとも思います...。

いよいよ最終段階です(^^♪

オーディオラック側
DSC00321[1].jpg

posted by Lansing at 18:39 | Comment(0) | 新築オーディオルームと終の棲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

バランスケーブル

最近はオーディオルーム造りの為の出張で外出が多かったのですが、
店に居る時の隙間の時間を使いケーブルを作り実験を繰り返しています。

基本的な構造を変えて試作しています。
DSC00288[1].jpg

これを踏み台として色々と作りました。
店で試聴するとこの後のモデルは明らかに良くなっていますので
以前DS構造のラダーケーブルを購入いただいたお客様にご協力いただいて
ご自宅で試聴させていただく事に致しました。

取り扱いをさせていただいているラダーケーブル(ラダークラフトセブン製)も
ケーブル構造としては普通と違い音を聴くまでは理解できないものですが、
今回試作しているケーブルもケーブルを作る時の常識を更に詰めて考えた構造にして
S/Nを向上させ情報量を多く伝送する事を目的としました。
プロトタイプは完成しましたので更に詰めて完成させたいと考えています。

昨日の昼食
お隣の中華料理屋さんで からあげ定食:¥750-
DSC00312[1].jpg

DSC00313[1].jpg

明日はお客様宅(新築オーディオルームと終の棲家)にて
午後からJBL4355をスピーカースタンドへ載せますので店は夕方まで閉まっています。



posted by Lansing at 18:26 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

新築オーディオルームと終の棲家 27

再びスピーカーのセッティングをしております。

オーナー様の希望
「ボーカルのセンター位置がビシッと決まり、口元は小さめ、奥行き感が出る様にして欲しい」

多くの方が希望する要求(^-^;

で、スピーカーを色々動かして概ねビデオの位置になりました。
3日後にスタンドが到着しますので、それまでに決定させます...。

YouTubeは1080PのHD画質、ヘッドフォンでお聴きください。
テストの為、通常聴く音量よりかなり大きめの音量で鳴らしています。
ギターアンプのノイズや私が後ろでゴソゴソしている音なども聞こえてきます。

今回のオーディオルームは、防音構造となっておりますが
防音専門業者様に頼る事無く私と建築設計士で考えて施工しました。
鉄扉2枚を取り付けましたが特注の業務用ドアを取り付けております。
爆音で防音性能のテストをしてみました。

録画後の確認で気が付いたのですが、
ビデオのマイクに風防を付けていなかった為
風切り音のボフボフという感じの低音が入ってしまいました。


スタンドが届いたらセットしまして
SJ-SI+メタルベースインシュレーターを敷いたりと
確認しながら最終の詰めに入ります。

本日の昼食 店の裏の 創作旬彩 崎さんで「エビふりゃ〜定食」¥1,100-
マイウ〜でございました!
IMG_2217[1].jpg
posted by Lansing at 13:06 | Comment(0) | 新築オーディオルームと終の棲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

古民家再生オーディオルーム 4

今日は基礎へ大引きを敷いてオーディオ専用ケーブルを配線します。

DSC00307[1].jpg

明日、床下に敷き詰める砕石
DSC00311[1].jpg

ガラス戸や雨戸はサッシへ変更して使いやすさを向上させて隙間風や断熱などの対策を施します。
古い建物へ最新建材を組み合わせますが見た目が悪くない様に施工します。
DSC00309[1].jpg
使っていなかった古民家を再生して音楽が聴ける癒しの空間へ!
良いじゃないですかぁ〜
庭を見ながらゴロゴロしてても気持ち良いと思います。(^^♪

古民家全景
DSC00310[1].jpg

床ができれば造作スピードが上がりますので作り込みが楽しみです。
オーディオ専用コンセントを取り付けても良い時期になりましたら工事します。

本日のお昼ごはん 店のお隣の中華料理屋さんで 肉野菜炒め定食:¥700-
DSC00305[1].jpg

DSC00306[1].jpg

posted by Lansing at 18:49 | Comment(0) | 古民家再生オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

男の隠れ家オーディオルーム 8

先週は仮の電源+マッキンで音出しテストしましたが、
今回は、オーディオ専用電源のドライカーボン製分電盤が付きましたので
静電シールドのオーディオ電源ケーブルが届く前に
分電盤のブレーカーからタップへ直接電源を取り電源の違いを試してみました。

取りあえず先週と同じマッキンのシステムで電源のみ繋ぎ変えて聴いてみると
エネルギー感と言うか、音の力強さ、腰の入り方が別物で
低域は波動感がマシマシなのに分離が良く
しばし聞き入りお客様も私も予想を超える出音で無言...。
「ハァ〜」のため息の後、「電源って凄いね!」(笑)

で、こうなればという事でパワーアンプをCFの最新作へ入れ替え
更なる電源のクオリティーUPの為、
KOJOのDA-6を入口用と、パワー用2台の3台入れて更に試聴してみました。

取りあえず床にべた置きの適当セッティングですが、
マッキンのドンと来るアメリカンサウンドと違い
超分解能で波動感の出音に変わりDS-4NB70炸裂!!
いや〜このなめた様なセッティングでこの出音だと既に何故か満足感が出てしまいます(;^ω^)
DSC00304[1].jpg

あれこれと数曲聴いてみましたが、
この出音が本格セッティング前の仮音出しと考えると怖い気がしてきました。
機器は全て分電盤からの専用電源で8台のKOJO DA-6を使用し機器を混ぜません。
左右分離ダブルダック、スピーカーはダブルスタックしてモノラルアンプ4台で鳴らしますので、
この後どうなるのか未知の世界です。
DSC00303[1].jpg

Metal+ドライCARBONラックが完成するまでは床置きですが今の状態でも十分楽しめます。
仮のテスト試聴でこの感じですから、行けるところまで行った音を聴いてみたいです!
posted by Lansing at 20:22 | Comment(0) | 男の隠れ家オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする