2018年12月20日

21日、22日の営業について等...。

12月21日ですが、14時頃からの営業となります。
12月22日は、出張作業の為お休みとなります。

年末の予定ですが、
12月23日、24日、25日、(水、木定休日)28日営業となります。


Sound Juliaでは、随時店内にて当店お勧め機器の試聴が可能です。

DIATONE DS-4NB70
広帯域、高分解能! 圧倒的な反応の良さで歴代DIATONE最高峰のクオリティー
入力するレベルが高ければ高い程、真価を発揮するスピーカーです。
本気で作られた国産スピーカーの凄さを体験できます。
IMG_1160[1].jpg

低価格で高性能なX50D HDDまたはSSDへリッピングして格納するサーバートランスポート
最先端なI2S、一般的なS/PDIFやUSB、光などのデジタルアウト装備です。
高額なメカ式トランスポートやCDPを使用しなくなるほどの音質!

DSC00019[1].jpg

小型超高性能DAC
銘機フィリップスHLLシリーズを開発したエンジニア軍が手掛けたヨーロッパ製D/Aコンバーター
I2SはもちろんハイレゾDSD、ブルートゥースまでも応します。
ライン出力のアナログOUTは、
バランス/アンバランス切り替え式
ヘッドフォンアンプとして使用してもハイエンド!
¥100万円以上級のサウンドレベルです。
DSC00012[1].jpg

AE1をプロヂュースした
あのフィルジョーンズが開発した最新スピーカー!

世界レベルで販売されているアクティブスピーカーとなります。
大きい方がA200
小さい方はA100

アナログはもちろん、USB、光、ブルートゥース4.1対応
192Khz/24Bitまでのハイレゾ対応
USBはXMOSで高音質 ノートPCのYouTubeが驚きのサウンドで視聴できます!
(店頭デモ中!)

販売チャンネルがホームオーディオではなく楽器やプロ用機器となりますので
オーディオ関係の雑誌に載る事はまずありません。
ペアで¥10万もしないスピーカーが驚きのサウンドを聴かせます。

IMG_1157[1].jpg

A100は、仕上げが素晴らしいピアノブラックで手ごろな大きさ:160wx283Hx255D
音場空間の再現は驚きの空間表現!
見た目のサイズを疑うレンジの広さ、必要ない爆音まで音は破綻しません。

IMG_1159[1].jpg


posted by Lansing at 15:12 | Comment(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

ウェスタン エレクトリック 

X50Dをお買い上げいただいたお客様の要望で
WesternElectricの線材でケーブルを製作しました。

X50Dは、サーバートランスポートですからDACは内蔵していません。

デジタルアウトしてDAする必要がありますが、
接続する方法や(USB、光、S/PDIF、etc...。)
デジタルケーブルの変更で音質が著しく変化する為、
ラダーケーブル等も購入して楽しんでいただいているのですが、
「味わいや深み、高い音楽性、低域の腰の据わり等の要素が有るものは無いですか?」
という質問を頂きましたので、
お蔵になっていたWEの線材を引っ張り出しケーブルを作りました...。

10年以上前に買いあさり、音質が良好な物だけ選んでおいたものです。
(60歳過ぎたら引っ張り出して楽しもうと...。)

シールド線や、ブラックエナメルの線材など...。
IMG_1211[1].jpg

この箱の中に有った1.5mのシールド線16AWGへプラグを付けました。

ペーパー等の介在物がギュンギュン詰められケーブルが構成されており
編み組のシールドも解きにくいので加工は面倒です...。

でも、その構造のおかげで中の導体は恐ろしく綺麗な銅色をしていました!

IMG_1212[1].jpg

で、当時電源ケーブル等もWEで作ったものがありますので
それも出してきました。

お客様から依頼されたエージング中の KOJO DA-6へ繋いでみます。

IMG_1214[1].jpg

IN/OUT共にウエスタンの線材で作った電源ケーブルを使用。

IMG_1213[1].jpg

スピーカーはA200を利用
デジタルケーブルと電源ケーブルを接続
電源プラグとIECプラグには、ドライカーボンのパイプを被せています。

IMG_1216[1].jpg

「うわぁ〜っ、ウエスタンサウンド!!」(笑)

WesternElectricの線材がお好きな方や
ビンテージケーブル愛好家様には理解していただける音!
生っぽくて濃く厚く太い...。

しばらく聴いて機器に付属されている純正ケーブルへ戻して聴いてみる...

WEへ変える前まで悪いと感じなかった出音が、
瞬殺で「ショボい...。」(笑)
こじんまりとしてスケール感を感じない表現力の乏しい出音に聞こえてしまいます...。

※「もう〜まいっちんぐ!」(^-^;  ※(まいっちんぐマチコ先生)
posted by Lansing at 12:32 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

KOJO DA-6

エージングしております。(^^ゞ
(前の2台)

IMG_1209[1].jpg

KOJO DA-6ですが、
電源電圧は特注仕様で製作可能です。

高性能なキャンタイプの大容量SIT素子を使用した
リジェネレーション方式の電源装置ですから
アイソレーショントランスと違い、
出力される電源波形は歪の無い綺麗なサイン波形となります。

入力電圧100Vまたは200V
出力は100V〜120Vまで任意に選べます。

電圧を変更する場合、仕様変更に伴う手数料が発生します。

KOJO DA-6 定価¥39万(税別)
お値引きもありますのでお問い合わせください。

200V電源が引き込んである部屋の場合
入力電圧を200Vにした方が良いです。

音の大元、入力機器はもちろんですが、
一般的なパワーアンプの場合、
交流電源を整流平滑して使用していますので、
電源波形は歪んでいない方が
レンジ感、分解能、空間表現等が改善され出音が良くなります。

殆どのパワーアンプは大容量の電解コンデンサで平滑しているだけで安定化電源ではない為
リジェネレーション方式の電源は音質向上に役立つと思います。

次はアイソレーショントランスへ
ラダーDSaシールドケーブルを結線します。
IMG_1210[1].jpg

お客様宅の音質が、何処まで向上するのか楽しみです(^^♪


以下、輸入代理店の方から在庫のお知らせです。

カクテルオーディオ
X50pro 12月末の入荷予定(未定)
X45pro 2019年1月中旬 入荷予定
X45   在庫少々
X35   在庫少々
X50D  在庫少々

カクテルオーディオお買い上げの方全てに
現在1TBのハードディスクプレゼント期間中
proモデルはハードディスク+アルミ製のリモコンプレゼントとなります。
(アルミ製リモコンは別売りで購入可能 ¥3万(税別))


DiDit 
DAC212SE 在庫切れ 2019年2月ごろ入荷(未定)

何だか何時もすぐ在庫が無くなりますね...


posted by Lansing at 12:35 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

オーディオ用 電源向上part2

更に電源環境を向上させたいという事になり、
オーディオ用電源環境向上part2を施す事となりました!

オーディオルームに設置されているオーディオ専用分電盤は
某業者さんが工事されたもので、以前の工事で確認すると
ケーブルはホームセンターで売っている様な
普通のビニールケーブルへ編み組ジャケットを被せ
端末に高周波カット用のコンデンサが付けてあるという工事でしたので
先回は、入力機器側だけケーブルも含め交換いたしました。

結果は良好でしたので、
今回は、ケーブルもブレーカーも、
その業者さんのシールが貼られている物を外し
ケーブルはシールドケーブルへ交換
ブレーカーは、信頼性の高い国産2P30Aへ交換します。

先回は、入力機器の電源環境を向上させましたので
今回は、主にパワーアンプの増幅側を向上させます。

入力機器側は、DA-6が使用された電源ですが、
今回、更にDA-6のIN側へアイソレーショントランスを入れます。

工事用ケーブルやKOJO DA-6等がそろってきました。
写真には写っていませんがトランスもあります。

KOJO DA-6
分電盤のブレーカー
オーディオ専用電源配線
入力機器用アイソレーショントランス
トランス用ラダーDSa大容量シールドケーブル等...。

IMG_1197[1].jpg

黒いケーブルはオーディオ電源用のシールドケーブルです。
これを分電盤から直接引いてDA-6へダイレクトに電源を入れます。
壁コンやタップ、機器用の電源ケーブル等が必要なくなりますので
接点やタップ、ケーブルによる音質変化がパスされ
更にケーブルはシールドされていますので
伝送中の環境も良く純度の高い電源供給になります。

お客様宅で手間取らないように下仕事をして工事時間を短縮します。
分電盤取り付け側は、被覆を剥がし施工しやすい様に加工しておきます。
IMG_1199[1].jpg

ケーブルの構造はこんな感じです。
一般的なVVFケーブルよりS/Nも良く、レンジ感も広く、音にエネルギー感があります。

余談ですが、今までの経験で、
電源ケーブルをスピーカーケーブルとして聴いてみた時、音が良くない場合
本来の電源ケーブルとして使用しても音質的に好感が持てない場合が多いです。

VVFケーブルをスピーカーケーブルとして使用してみた場合、
メーカーや導体の太さにより音質はかなり違います。

VVFケーブルを機器用の電源ケーブルとして
コンセントプラグとIECプラグを付けて試聴すると
ほぼスピーカーケーブルとして聴いてみた感じの出音に近い感じとなります。
逆に、良い音と感じるスピーカーケーブルを電源ケーブルへ加工して聴いてみると
スピーカーケーブルで聴いた出音と同じ傾向を確認できると思います。(笑)

IMG_1201[1].jpg

こちらは、機器に直接つなぐことが出来るようにIECプラグを付けます。

IMG_1202[1].jpg

シールドへ、アース線をハンダ付けします。

IMG_1204[1].jpg

熱収縮チューブを被せます。

IMG_1205[1].jpg

プラグへ取り付けやすい様に配線の形を整えます。

IMG_1206[1].jpg

IECプラグをバラシ接点やネジ部分へスーパーコンタクトオイルを塗布します。

IMG_1198[1].jpg

取り付けました。

IMG_1207[1].jpg

完成です。

IMG_1208[1].jpg

お客様からの要望
「納品までDA-6やトランスを通電してエージングしてください。」

という事ですので、できる限り通電しておきます。

工事は今度の連休の予定

DA-6の新品は、特に初日はご利益を感じないほど目覚めません...。(笑)
3日程度使用しますと別物になってきて
使用1週間程度になると、電源ON後、20分程度でご機嫌な感じになります。

配線類やブレーカー等も新品ですので、
DA-6のエージング効果が何処まで期待できるのか?ですが
全くの新品より最初から良い感じになると思います。

予想では、年末年始のお休み中に毎日聴かれていると
音が変化するのが分かるのではないかと思います。

電源環境の改善は、
3Pコンセント青使用している場合、
機器のアースループを無くす事や
大地アースを取り付けるだけでも
素晴らしい効果を体験できると思います。

posted by Lansing at 17:45 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

新築工事地鎮祭

12月13日 大安
六面体コンクリート造りのオーディオルーム+新築家屋を建てる前の地鎮祭に参加してまいりました。

あのTV番組、劇的ビフォーアフターで
2回頑張られた設計士さんとSoundJuliaコラボの建物となります。

本屋の方は、設計士さんと施主様が打ち合わせた住み心地の良い間取りとなっており
オーディオ専用ルームは、振動防音対策の為、
住まいとなる本屋と切り離され(繋がって見えるように建てます。)
当店のオーディオルーム構造を更に高めた作り込みにいたします。
オーディオ専用電源 200V 100V電源
ノイズレス調光装置
床下、腰壁低域吸収
音響漆喰&デフューザー壁...etc。

来年から工事開始となりますのでご期待ください!

地鎮祭の準備中...。
image4.jpg

在庫切れとなっていたドライカーボンターンテーブルシートが完成いたしました。

全くお付き合いのない某オーディオショップ様より電話が...。

当店のターンテーブルシートが気になっているという事を
そのショップ様のお客様が話をされた様で、
先日お電話をいただきました。

当店のターンテーブルシート+スタビライザーをお送りしたのですが、
お客様もショップ様も欲しいという好結果になりました。(^^)v
もちろんスタビライザーのセットで購入いただきました。

image3.jpg

それから欠品となっておりますSJ-CSスタビライザー用金属ベースですが、
4回の試作を行い、今までの物より完成度が高くなりましたが
更なる高音質化に向け、
最終的にあと1回試作し(直径を1mm大きくします)
試聴後、製品化する予定です。


以下余談です。

先日、加湿空気清浄機を頂いたブログをUPいたしましたが
お次はマツコが絶賛して購入したKADO(カド―)を頂きました。(^^♪

もちろんお客様の所有品です。

乾燥が酷くなってきたので先月動作させると「不動」?
メーカーへ修理依頼すると「2週間かかる...」"(-""-)"

そのお客様は「2週間も待てない...」という事で
その足でPanasonic最高峰の加湿器を購入

メーカーの点検結果は
「故障個所無し」そのまま返却の場合は点検料は無料
メンテナンスで内部をクリーニングする場合は1万以上かかるという説明を受けたのでそのまま返却
昨日、別件でお邪魔した時、上記のお話をうかがいまして、
「使われるのなら差し上げます。」という事でしたので頂きました。(笑)

最近はCDプレーヤーのピックアップレンズではなく
加湿器のクリーニングです。(笑)

専用フィルターで除去しているはずなのですが、
超音波発生器周りにカルシウムが付いていました。
image2.jpg

フィルターは新品交換
メーカーが分解したバラバラ状態で受け取りましたので
確認しながら組み上げて完成!

動作させると難なく動きました!(^^♪
見た目、おしゃれでカッコイイです。
image1.jpg

ちなみに、先日の加湿器ですが、
ダイキンは、Panasonicよりセンサーの感度は悪いのですが、
大容量(31畳)モデルなので加湿能力は高く臭いの除去能力も悪くないです。
空気清浄後の空気を吹き出し口で臭いをかぐと
イオン化された空気独特の臭いがします。(1mも離れれば臭いません)
高機能モデルのメンテナンスは面倒ですが、部屋の環境は良くなります。

今まで使用していたPanasonicの加湿空気清浄機は母の部屋へ持ち込み
Panasonicのエアコン24時間動作中で試したのですが、
加湿空気清浄で連続動作させていても
やはり加湿能力は低く湿度が30%を下回ってしまいます...。

先日、ヨドバシで購入した三菱の加湿器を更に母の部屋へ入れて動作させると
60%まで直ぐに湿度が上がりました。

気化式や超音波式も電気代がかからなくてエコですが、
¥1万以下の安物は、カルシウムやミネラル、塩素の粉で周りが白く汚れ
1週間も使用すると雑菌で機器の内部がヌルヌルになります。

加熱式はヤカンでお湯を沸かしているのと同じ加湿方法ですから
電気代は掛かるかもしれませんが、
加湿スピードが早く肌で湿度を感じる事ができます。

三菱のはイオンフィルターとか付いていますので
その性能はまだ詳しく分かりませんが、
周りが白くなるとか湯気が臭うとかはありません。
湿度が上がると過熱は止まり気化式の様なエコ動作になります。
マイナス面は動作音がウルサイ事と電気代が掛かる事...。

個人的に気に入っている加湿方法として
暖房器具動作中の部屋へ
大きめのバスタオルを濡らして広げ部屋に掛けておくと
なかなか優れた加湿機能を発揮します。
無音、エコ、優れた加湿性能ですが、
温度高めの暖房しますと乾きが早く
朝濡らしても昼にはもう一度濡らす必要があります。

加湿性能が高くエコ動作
機器のメンテナンスは超簡単
フィルター類などの消耗品も安い...。
こんな製品を作ったらバカ売れするかもです。


posted by Lansing at 17:11 | Comment(0) | オーディオルーム、リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする