2019年11月27日

松平東照宮

今日は定休日を利用して私用で徳川家康のルーツ、松平東照宮と高月院へ行ってまいりました。
という事で写真が多くオーディオネタは一切ありません。
帰りに松平まんじゅうを買って帰りマイウーでございました。

雨がパラつきましたが紅葉は綺麗でした...。
DSC00396[1].jpg

DSC00400[1].jpg

DSC00401[1].jpg

DSC00393[1].jpg

DSC00395[1].jpg

DSC00387[1].jpg

DSC00390[1].jpg

DSC00391[1].jpg

高月院
DSC00385[1].jpg

DSC00383[1].jpg

DSC00386[1].jpg

本日のお昼(連れと二人分です。)
DSC00381[1].jpg

DSC00380[1].jpg

DSC00379[1].jpg

私の分
DSC00376[1].jpg

DSC00378[1].jpg
posted by Lansing at 18:08 | Comment(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

DIATONE DS-4NB70

今日はDS-4NB70とMUSASHIの組み合わせでベースのフュージョンを鳴らしてみます。

DSC00369[1].jpg

入口はカクテルオーディオX50D I2S接続でDiDiT DAC212SEへ入力してD/A
DSC00370[1].jpg

MUSASHIへライン入力してプリメイン動作でDS-4NB70をドライブします。
DSC00371[1].jpg

ソフトはベースのバカテク3人で組んだS.M.V.
DSC00374[1].jpg

7曲目
DSC00375[1].jpg

YouTubeで試聴ください。
設定⚙HD画質 ヘッドフォン使用でお願いします。

低音で部屋の空気がうねる様な音まで聴こえます(笑)

(神奈川)〜(京都)間のオーディオ店でDIATONE DS-4NB70取扱店は当店だけとなります。
MUSASHI、DS-4NB70共に随時試聴可能です。
興味がございましたらご来店ください。

以下最近恒例の外食(^-^;

本日の昼食 きしめん定食
DSC00367[1].jpg

名古屋ですなぁ〜(笑)
DSC00368[1].jpg
posted by Lansing at 16:38 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

KT-150 MUSASHIでDIATONE DS-4NB70を鳴らす。

MUSASHI
musashi_product01 (2)[1].jpg




出力管にKT-150を使用したMUSASHIでDIATONE DS-4NB70を鳴らします。
KT-150を使用したアンプは軽く¥100万越えが一般的ですが、
製造メーカーから直販となり輸入代理店などを通っていませんので
定価:¥58万という驚きの低価格で販売しています。
今までのトライオード製品とは一線を画す作り込みとサウンドですので
一般的な¥10万〜¥20万のTri製品とは別物のサウンドクオリティーです。
販売契約をしたショップしか取り扱いができませんので
一般的なTri取扱店でもプレミアムショップでしか購入する事ができません。
当店はプレミアムショップとなりますので機器の展示もあり試聴や販売が可能です。

YouTubeでご覧ください。
HDR-MV1で録画していますので録音レベルはリニア
ビデオやカメラで録るときみたいな自動調整が入りませんので
視聴は再生ボリュームを上げませんと音が小さく聞こえると思います。


鳴らしたソフトはこちら
DSC00362[1].jpg

6曲目です。
DSC00363[1].jpg

KT-〇〇と言えばKT-88が名球という感じですが、
KT-150は厚くて太い音のKT-88と違って高性能な高出力管ですから
ワイドレンジかつ高分解能で力強く瞬発力があり切れの良い音質で駆動力も十分な音になります。
MUSASHIの価格は定価¥58万ですが、¥100万円級の他社アンプと比べてほしい感じの出音と思います。

音のイメージとしては時代が昭和のLUXMANの真空管アンプやウエスギのアンプに感じる
トロンとして滑らかで優しくトゲの無い柔らかい音とは別物ですから
「真空管アンプは温かくて柔らかいサウンド」というイメージで聴くと外れます。

高性能トランジスタアンプにタメを張って勝負できる真空管アンプだと感じます。
興味がございましたらご試聴ください。





posted by Lansing at 19:16 | Comment(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

バースピーカー VS AIRPULSE A100

Panasonic一世代前の有機EL最高峰テレビTH-55FZ1000のバースピーカーと
AIRPULSE A100を比較してみました。

TH-55FZ1000のバースピーカーは
3万前後で販売されている色々なバースピーカーと比べると比較にならない程優秀な音質と感じますが
A100には完敗、音場というか臨場感やレンジ感がまるで別物です。

バースピーカーの最大出力は80WのでA100は50Wですが、
音質的にも聴感上の最大音量もスペックとは逆でA100が優秀に聞こえます。

マルチチャンネルやドルビーなんちゃら再生はできませんが
20万〜30万程度の安物AVシステムを組むのならA100の方がシンプルで高音質と思います。

こんな感じに置いてもバースピーカーより
A100の方がセンターがキッチリ出ますのでセンタースピーカーとか必要ないです。
DSC00356[1].jpg

TH-55FZ1000から光ケーブルでA100へ繋いで音出ししています。
TVとA100と交互に音出しして比較しています。
下のYoutubeで試聴ください。
HD画質にしてヘッドフォンで聴いてください。
A100は当店の実売価格:¥80,850-(消費税+送料込み)


如何でしょうか
A100で試聴しますと、YouTubeもTV番組も映画も楽しいです。
TVのバースピーカーは10個付いていて80Wの出力
かなり大きな音量も出ますが比べると音質的に差がついてしまいます...。

店の方で体験可能です。
興味を持たれましたらご来店ください。

話は変わります。
SJ-6L6に使用するメタル管を選別しました。
DSC00350[1].jpg

お客様からのご注文 1940年代RCA製 メタル管クワッド
DSC00351[1].jpg

ケンラッド製
DSC00352[1].jpg

S/Nが良く深く濃い音、1950年代以降はメタル管でも別物の音質になります。

また話が変わります。
RCAケーブルのプロトタイプができました。
S/Nが良く高分解能、歪が少ないので出音にしなやかさを感じます。
チョロンと出ているリードを機器のボディーアースへ繋げる必要があります。
オーディオ機器のアース処理がちゃんとされていないと上手く機能しません。
3Pコンセントへ3P電源ケーブルを挿し込んで機器間でアースループができている
2Pのンセントで非接地等の場合はケーブルの構造的にご利益効果が薄いです。
DSC00355[1].jpg

バランスケーブル、RCAケーブルは納得できましたのでスピーカーケーブルを色々と試しています。

最近の外食
鍋焼きうどん
DSC00348[1].jpg

DSC00349[1].jpg

本日のお昼 ざるそば定食
DSC00353[1].jpg

DSC00354[1].jpg
posted by Lansing at 16:05 | Comment(0) | TV+ピュアオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

ケーブル作りに勤しんでおります。

男の隠れ家オーディオルームで使用するオーディオ専用電源のケーブルが入荷しました。
このケーブルで機器用の電源ケーブルを作って試聴してもスピーカーケーブルとして試聴しても
高額で販売されているブランド品のケーブルを購入するのがバカらしくなるほど高音質です。

DSC00345[1].jpg

現在、試作中のパワーケーブルを改良しました。
プロトタイプで見た目が悪いのですが効果は十分で
ワイドレンジ高分解能でナチュラルなサウンドになっています。

DSC00347[1].jpg

エアパルス A100も売れております。
DSC00346[1].jpg


最近の昼食 
まこと屋 植田店 親子煮込み
DSC00328[1].jpg

個人的評価ですが、まこと屋さんは本店は麺も味もユルイです。
入店するとお年寄り客が多いのでこの様にしているのかもしれません...。
天白店は一本筋が通っているかのように麺は弾力があり腰が強く
味は出汁が効いて、ちょい辛めで濃いのですがスッキリして抜けが良い味です。
植田店は天白店寄りですがビシッとした感じが無いです。

味噌煮込みの場合、卵は直ぐにかき混ぜてしまって、
万珍軒の卵とじラーメンのようにして食べるのが好きです。(笑)
DSC00327[1].jpg

牛カツの看板につられて入店し食しました。店名は忘れました...。
DSC00343[1].jpg

DSC00344[1].jpg

うるぎ カツカレーうどん
見た目以上にアツアツなので、カツも麺もバクっと食べると火傷します。(笑)
DSC00332[1].jpg
posted by Lansing at 17:18 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする