2022年04月04日

スピーカースタンド用 ベースボード

当店オリジナル ブラックウォールナット製スピーカースタンドをご購入いただいたお客様から
ベースボードの追加注文を受け完成しました。

芯材に米松、外をブラックウォールナットで包んだボードです。
MDFやパーチクルボードの様に音色が薄く安い音にはなりません...。
木の変な響きが乗るという感じではなく
濃いめの音色と、中低域にしっかりした腰が据わり低域は厚く安定します。
DSC02434[1].jpg

スタンドの天板はカリン無垢材
足はブラックウォールナットの無垢材
ベースの芯は米松、外はブラックウォールナットです。

DSC02437[1].jpg

店のデモ用スタンドは経年で色が赤く焼けて良い感じになっています。
DSC02436[1].jpg


posted by Lansing at 19:44 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月25日

トライオード EVOLUTION

デモ機を試聴させていただきました。

DSC02427[1].jpg

回路型式AB級プッシュプル
使用真空管KT88×4本、12AX7×2本、12AU7×2本
バイアス方式固定バイアス
定格出力40W+40W(8Ω)
周波数特性17Hz〜63kHz(-2dB)
SN比93db
入力端子LINE:4系統、MAIN IN:1系統
入力感度/
インピーダンス
LINE:320mV/100kΩ、MAIN IN:670mV/100kΩ
スピーカー出力端子1系統4〜8Ω
消費電力定格310W、無信号時170W
寸法/質量横440×奥行330×高210mm/30.0kg
付属品真空管ボンネット、電源ケーブル(TR-PS2)、リモコン

KT-88プッシュプルの真空管式アンプです。
(入力はラインのみ)
ボリュームが現代的な電子ボリュームいうところが特徴的で
アルミのリモコンで操作が可能、
全面パネルにドットの集合体でディスプレーとなっています。
パワーアンプとして使用できる切り替えSW付きで
何と重量が30Kgとヘビーです。

1時間程度BGMを流し暖気してから本試聴してみました。
中低域に締まった感じがあり
出来の悪いアンプの様なドボドボで厚く締まりのない感じはありませんが
全体的にはKT-88のおおらかでたっぷりとした出音を感じます。
大型トランスと剛性感ある作り込みと重量からくる安定感があるので
下位モデルのKT-88使用アンプと比べると
しっかりした出音とS/N感の良い現代的な感じの音質に聞こえました。
神経質になることなく音楽を聴かれる方にはお勧めです。

当店が展示機として常設のKT-150(MUSASHI)と比べた場合は、
MUSASHIの方がクッキリとして分解能が高い出音に聞こえますので
おおらかな感じがお好きな場合はエボリューションで
クッキリしている音が好きな場合はムサシという感じで選べると思います。

オクターブのアンプと見た目が似ているような感じですが、
重量はかなり違います。(オクターブは18Kg程度、本モデルは30Kg)
本モデルの方が価格は安いのですが、
大型トランスが使用されていたり剛性のある作りで重量が違っているのだと思います。
ブランド志向で高額な買い物をした方が所有した満足感が高いと感じる方はオクターブ、
コスパは高い方が良いと考える方はエボリューションで良いのではとも思えます。


posted by Lansing at 21:59 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月11日

バイオリンスーパートゥイーターをお買い上げいただきました。

バイオリンから発生する倍音を利用したスーパートゥイーターですが、
CDプレーヤー等からのライン入力を専用アンプで増幅して鳴らしますと
バイオリンがスピーカー化して音楽が聴けてしまいます。

生楽器の無指向性と音飛びの良さがありますので
部屋の隅々まで音が行き渡り、能率の悪い小型コーン型スピーカーの様に
離れると音が減衰してしまう様な感じにならないところが凄いです...。

Youtubeでの試聴は写真をクリック!

動画の仕様は、バイオリンを2台使用するStereoバージョンですが
動作チェックの為、駒にサウンドエンジンを2個付けて鳴らしております。
(下記写真の仕様はL/R混合のモノラル仕様でバイオリンを1台使うバージョンです。)
DSC02414.JPG
スーパートゥイーターとしての使用法は
一般的なオーディオ用スピーカーと合わせ、
スピーカーの出音にバイオリンから発生する倍音が合わさり
CDソフトなどでカットされている2万Hz以上の高域をバイオリンの倍音が補うという考えの物です。
「バイオリンを鳴らしたら変な響きが乗るんじゃないか?」っと思ってしまいますが、
実際に試聴すると、生っぽい感じや演奏者の何が伝えたいかという要素が良く解るようになり
音楽を聴く行為が一段と楽しくなります。

オカルト、眉唾みたいな(笑)商品ですが、聴けばビックリ!
(特に生楽器を演奏する方やクラシックコンサートを良く聴かれる方)
試聴は店で可能ですので興味のある方はお問い合わせください。

posted by Lansing at 12:13 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月26日

ご注文いただいたUltimateケーブルが完成!

最近はスタンド等の納品が多いのですが、その他も色々と手掛けております。
エアパルスA100BT5.0の販売
新築オーディオルームの施工提案進行中
特注スピーカーベースボードの製作
JBL4343スピーカースタンドのご相談
バイオリンスーパートゥイーターのデモ&商談
そして今回のケーブル製作など...。

新規で導入したカクテルオーディオX50proも
硬い感じがこなれてきまして高分解能で精緻な感じに変化してきました。
X50Dで使用していたストレージを入れ替えて使用しておりますが、
聴きなれた曲を改めて聴きなおしてしまいます...。

昨年、有名なケーブルを使用いただいているお客様からのご注文で
当店オリジナルのUltimateケーブルを1セットお買い上げいただいたのですが、
「こちらの方が好み」という事でRCA--RCA 1.2mケーブルのご注文をいただき製作しました。

また、有名メーカー製5Pフォノケーブルを使用されていらっしゃるお客様から
当店のフォノケーブルへ試しに交換してみたところ、
出音+音楽の表現が良いという事で、2セット注文いただきました。

DSC02404_s.bmp

以下余談です。

最近、物騒な事件が起こりますよね!
こちらでは、近くの郵便局で、ガソリン撒かれ強盗...等の事件も起こりました。
店には24時間監視カメラの表記が入口扉に掲示してあるります。(実際に撮っています。)
来客かと思い出迎えますと...
駅の広告、証券会社、〇〇買って欲しい、電気の契約、「私留学生でコレ作りました。」??宗教...。
当店には関係のない飛び込みのセールスが多く、もしもの事が起きるのも嫌ですから
扉に鍵をかけて「ピンポン」してくださいと札を掛けまして、セールス等の場合はお断りするようにいたしました。
店の中から外は、3枚ガラスの防音窓から良く見えますので、
何度かご来店いただいているお客様の場合、窓から手を振っていただければ私が直ぐに対応させていただきます。


posted by Lansing at 10:52 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月20日

ALTEC620Monitor用スタンド納品!

先回のブログで紹介したスタンドを納品してまいりました。

IMG_2617_s.bmp

バッチリでございます!!

IMG_2616_s.bmp

スタンドのない時は、ご想像通りのALTECの出音...。
大きくて音の良いラジオの様なビンテージ臭が漂う中音域を基本にした濃いめで固まり感ある感じ...
スタンドへ載せて音出ししますと、臭くてコロコロ鳴っていたピアノの出音が激変!
低域の分離というか歯切れの良さとスパーンと出てくるスピード感も更によくなり驚きました!
ピアノは音色や質感の品位が上がり塊となっていた感じが音場空間の表現も出るようになり(笑)
高級品のピアノに変えて演奏しなおしている様な感覚...。
ホーンの臭い出音も聴感上の音域が広く伸びた恩恵で分解能が向上して音飛びも更に良くなっています。
オーナー様は押し黙ってしばし聴いた後、低域が...(^^♪

オーナー様がリスニングポイントのフィンユールの椅子に座ると、
L88NOVAはウーファーとトゥイーターを結ぶ中心位置が耳の位置となり
ALTECはホーンの輪軸が耳の位置になりますので
指向性が有っても見通しの良い感じで聴くことができます。

出音はスピーカーの個性に作用されますが、トータルで考えた場合
セッティングや部屋の音響、鳴らす装置との相性などがありますから
ボトルネックがある間は、どんなに高性能なスピーカーを使用しても良い音は期待できないと考えます。


コロナ禍ですが、久しぶりご近所の和食屋さんへ行ってまいりました。
IMG_2614[1].jpg

コロナ対策中の唐揚げランチ¥880-(税込み)

IMG_2615_s.bmp
posted by Lansing at 11:13 | Comment(1) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする