2015年08月24日

調光ノイズ

スポットライトに調光器を使用しているのですが、
最近ノイズが気になり波形を観察してみました。

適当な電線が無いので
純度8N(笑)のスピーカーケーブルで配線を引き

DSCF0718[1].jpg

オシロへ...。

DSCF0719[1].jpg

調光器のスケール50%の波形
(位相制御型ですね)

DSCF0721[1].jpg

絞り切ると

DSCF0722[1].jpg

全開100%の波形
100%にしても少しカットされている汚いサイン波形です。

DSCF0720[1].jpg

測定場所を壁コンセントに変えて
調光50%で電源に乗ってくるノイズを見ると...。

DSCF0723[1].jpg

更に2つ調光器を操作して
明るめと、50%、暗め、の3つ動作させると
見事に3本ノイズが乗りました。

DSCF0724[1].jpg

3つの調光器を50%にするとノイズの位置が合います。
壁コンセントへ電源トランス100V:100Vを繋いで通過させても
当たり前ですがノイズは取れません...。

ノイズフィルターとか通すと
こういうノイズも取れるのか?
後日実験します。

DSCF0725[1].jpg

試しにスライダックで調光した場合、
波形の大きさが変わるだけでノイズは乗らないし調光もスムーズで、
調光対応じゃないLEDランプとかでも
点滅などする事無く上手く調光できてしまいました。(笑)

対策的には

・調光回路を外して使用しない。

・ノイズの出ない(存在するのか?)調光器に入れ替える

・ノイズフィルターで改善する場合
 照明回路側に入れてオーディオ回路へ回り込まないようにする

・100V電源トランスの出力電圧タップ切り替えで調光する

・スライダックを使う

落ち
・調光回路の照明を全部消して聴く (笑)


以下お知らせです。

明日、8月25日(火)の営業時間は、16:00までとなります。
8月29日(土)は、12:30までの営業となります。
買取とセッティングへ行ってまいります。


タグ:調光ノイズ
posted by Lansing at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

盆休みのご案内!

お休みはこんな感じです。

11日(火)お休み
12日(水)定休日
13日(木)定休日

14日(金)不定休
15日(土)お休み
16日(日)不定休
17日(月)健康診断の為、14時からの開店となります。


明日の11日は、
お寺&墓参りの為、お休みいたします。

不定休の時ですが、店に居る場合は、
電話に出ますので確認の上ご来店願います。

大人気のFノイズイレーサーですが、
パッケージを作りました。

DSCF0694[1].jpg

ファイネストノイズイレーサー:¥25,000-/1個

話しは変わります。(笑)

店の前の工事ですが、
3日で建屋は無くなり、
4日目は基礎の部分を掘り起し、
5日目で整地して終了、
盆明けから新築工事が始まります...。

店内、三重窓からの写真

DSCF0684[1].jpg

また話は変わり...

アンプメーカー様より、
ふる〜い真(笑)空管試験機を頂いたので
手持ちの球をチェックしてみました。

使用中の球に若干経たりを確認した為、
前に使用していたビンテージ管へ交換すると、
音のバランスが変わり、色々と弄る事になってしまいました...。

天井の反射調整バーの上に吸音材を載せ
DSCF0693[1].jpg

SW-1000Lのセッティングも変えました。

DSCF0691[1].jpg

ベースボード+ドライカーボンインシュレーター

DSCF0689[1].jpg

クロス周波数を上げてレベルもUP

エソテリック P-0の電源

DSCF0686[1].jpg

足回り

DSCF0688[1].jpg


Fノイズイレーサー
ノイズイレーサー大判
ドライカーボンアブソーバー
ドライカーボン天板
電源本体
ドライカーボン底板
ドライカーボンスパイク
ドライカーボンスパイク受け
ドライカーボンベース


入口を良くしませんと出る音もNGと思いますので
出来る限りやっております。
カーボン以外は、
専用電源回路と大地アースでノイズを吸引しています。

オーディオの電線病ではなく
カーボン病になるとこんなものです。(大笑)

更に上を行くお客様もいらっしゃいますので
私のやっている事など普通(大笑)です。


posted by Lansing at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

クリーニング

へばるといけませんので
今日の昼飯は 「うなぎ」!

image1[1].jpg

「まいう〜」でした。(笑)

昨日の続きで
買取した機器をクリーニングしています。

中古機器ですから
改造があるかもしれませんし、
前のレビンソンの様に何らかの手直しをした方が良い場合も有りますし、
自分が使用する場合、気分良く使えると思う状態まで持って行きます。

X-30
DSCF0643[1].jpg

基本的に綺麗な個体ですが、
クロックが変わっていたりする場合も有りますし
ピックアップレンズは汚れていると思われますのでバラします。

DSCF0644[1].jpg

豪華なCDプレーヤーです。

極厚のブリッジに凄みとやる気を感じます。
圧倒的に素晴らしいドライブメカ!

DSCF0648[1].jpg

レンズをクリーニングしました。
DSCF0647[1].jpg

CPM-3300
DSCF0640[1].jpg

外観は傷も無く綺麗ですが、
天板を外します。

DSCF0657[1].jpg

何と!天板に青く光るLEDが沢山付いていました。

外からの見た目は綺麗ですが、天板を外すと....。

DSCF0651[1].jpg

電源周り

DSCF0652[1].jpg

入力周り

DSCF0653[1].jpg

薄らとホコリが積もっています。

絵が汚らしいので何時も載せませんが
このアンプの場合、ラックに入っていてこの状態ですから
10年近く使用されているアンプの場合
ほぼこれに近いか、もっと酷い場合が殆どです。

床に置いてある大型パワーアンプなどは
通常もっとすごい事になっています。(笑)

外見は綺麗でも中は...
ある程度使用している機器は
時間があるときにクリーニングしたいですね!

外に机とイスを用意し、アンプを載せて
柔らかい刷毛とブロア(人間ポンプ)とカメラ用のブロアで
チマチマと壊さない様にクリーニングします。

綺麗になりました。
DSCF0654[1].jpg

電源周り

DSCF0655[1].jpg

入力周り

DSCF0656[1].jpg

ピックアップをクリーニングしたX-30の方は
より音が細やかで緻密になり、
しなやかさも感じる音の変化をしました。

このX-30、電源はIECプラグで入力しますが
アースピンと本体は繋がっていませんので
大地アースの落ちている3Pコンセントへ3P電源ケーブルで繋いでも
機器本体へはアースは落ちません。

CDP+アンプ+SPで構成する場合
大地アースを落とす場所はCDPの一ヶ所だけ
ラインケーブルのグランドで全て繋がりますので
アンプなどへアースを落とすとループができて音が濁ります。

組み上げて音出しテストの時、
本体へ大地アースを落とし試聴すると
アースの落ちない純正ケーブルや3Pケーブルで繋いだ時とは別物...
低域の骨格や太さが激変、抜け、切れ、透明感向上で、音は大化けしました。(大笑)
高音質録音モノは素晴しく良いです!!

CPM-3300の方は
音が綺麗なのはそのままで、
音色というか中音域の濃さみたいな要素がプラスになり
音がしっかりした感じに聞えます。
嫌みの無いナチュラルでHi-Fiという感じの音です...。

良い感じに商品化できましたので
これからB&WのN805を弄ります。(笑)




posted by Lansing at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

CPM-3300 X-30 N805

バタバタと色々やっていますので話しがコロコロ変わります...。

finalのプリ(フォノイコライザーアンプ)

DSCF0635[1].jpg

DSCF0636[1].jpg

古臭い感じや現代最新型の味気無さとも違う
にごりが無く、清々しく、力強く、抜けが良くワイドレンジな音!
ダイナミックな感じが有って聴きこんでしまいます...。(笑)

コンセントプラグ/IECプラグが届きました。
DSCF0637[1].jpg

心置きなく製作できます。(笑)


買取した商品を紹介します。

Esoteric X-30
DSCF0643[1].jpg

今や重厚なメカのCD専用機も少ないので貴重な存在になりつつありますね!


CHORD CPM-3300

DSCF0640[1].jpg

CHORDの機器は、小型のDACとか良く売れていますが、
このプリメインもそれらの様にカッコイイです!

DSCF0641[1].jpg

天板はDACの様なデザインでブルーに怪しく光ります。

高額なので当たり前と言えばそれで終わりますが、
リモコンも含めて贅沢な作りです。
こういうのが置いてあると、所有している満足感もありますね!

音は清らかで美しく濁りが無い!
細身で頼りないという感じは無く
ドライブ力もあり綺麗で力強い音!

入力にCRORDの機器(DAC類)とか繋いで鳴らした場合、
ワイドレンジで美しく力強い感じの音になるのではないかと思います。

B&W N805を弄っています。
DSCF0639[1].jpg

フェーズプラグと留めネジが変わっています。
DSCF0642[1].jpg

ちょっぴり現代機器が増えましたので
50年前の音から現代の音まで行ったり来たりできてます。(大笑)
posted by Lansing at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

イージーチェア

先日から弄っているハーツフィールドですが、
ツイーター無しで、かなり楽しみましたが、
ソースによっては高域端の無さと
解像度の低下要素が気になるので
結局、弄る前の定石の接続に戻したのではなく
10年前のセッティングに戻しました、(笑)

ネットワークの接続を375高域解放としています...。

下記図面、
左の結線がノーマル、右が375高域解放

2個ネットワークを通すと、
結線や回路の通過、接点の増加などにより
高能率の375の場合、かなり音質劣化を感じます。

ノーマルのN500/N500H/N400のネットワークを
ツーウエイでそのまま使い
追加する075はN7000でアンプ直で供給する事により
劣化を最小限にできるという考えです。

気を付ける部分は
375の高域端と075のクロスがかぶる事と
N7000からの出力は、N500を通っていない為、
出力レベルが高くなりますので絞り気味にしないとバランスがとれません。

調整は、耳と、先日からやっている
目で見る(オシロなど)で調整し、
塩梅の良いところを探します。

N500のネットワークで375は-3dB絞ります。
075もそれに合わせ絞ります。
結果、低域が持ち上がり、
バランスがとれますが、更にSW-1000L追加で下を伸ばします。

(ラフなメモ書きで申し訳ないです。)
Image[1].jpg
聴き易くて低域が伸び良い塩梅です。

今回、色々試した結果、
ネットワークの調整、ユニットを置く位置で調整する事には限界があると感じました。
更に上を目指す事を考えますと、
ネットワークでは無く、チャンデバで分けて各ユニットをマルチアンプ駆動し
更にそのチャンデバが、タイムアライメント機能付きの高性能な物であれば
周波数が変わると変化する位相までキッチリ調整できますので
恐るべき結果になるのではないかと思います。

小遣いで買える値段でそんなチャンデバがあるのか?ですが
探してみますか...。


カワイイ形のイージーチェアが仲間入りしました。
北欧ビンテージって感じです。(笑)

DSCF0566[1].jpg

DSCF0569[1].jpg


posted by Lansing at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

色々な出来事

大須までパーツの買い出しに出かけた時
地下鉄の大須観音駅の構内が工事中だったのですが、
音が出ている天井スピーカを何気に見てみると
何と、げんこつ でした。(笑)

image1[1].jpg

大須で買ったものは、
ハンダ鏝先と電子パーツです。

鏝先
DSCF0001[1].jpg

話は全く変わり、
店内の漆喰工事をしていただいた福田さんのHPを久しぶりに何気に見てみると
生粋の漆喰職人

音響漆喰がオーダーメイド漆喰として(小さく)載っています。(笑)
(カーボン繊維、ケブラー繊維、おが粉等が入った漆喰です。)

ジュリアが係わったリフォーム+オーディオルーム新設のお客様宅も載っていました。

完全防音+音響漆喰のルームアコースティックで
音場は壁が無いと錯覚するほど広く深いです。(笑)


また話が変わり、
家ついでの話ですが、
今日の午前中、
昨年まで私が在職していた(株)ジュリアの社長が家の相談で来店、
(社長は、昔からのお友達です。)

オーディオを売ったり買ったりする以外にも
本当に色々な事が起こり面白いです。(笑)
posted by Lansing at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

スターアイズ

image1[1].jpg

いい顔して弾いています。(笑)

i phoneに写真が有ったのでUPします。

6月の9日(火)
名古屋は千種区にあるスターアイズで行われた
小沼ちゃんのライブへ行ってきました。

マスターはお客様でもあるのですが、
色々な病気から生還され、
当日は店に居られましたが、
私に会って開口一番、
「もう死にそう」と言いながらタバコをプカプカ吸っていました。
音楽関係の方って、どうしてこうなんだと...。

ライブでは生音が聴きたかったので
もちろん最前のかぶりつきです。(笑)

小沼ちゃんまで1m
ウッドベースまで2,5m
ドラムまで3m

小沼ちゃん
サーファーでイケメンでギターのプロ...。
どう転んでもモテますね!(笑)

そこに居るだけで、
怪しくエロい雰囲気と
スピリチュアルな感じが漂うアーチストです。

独特の感性で
地球の自然や、文化、日常色々と感じ取ったものを
自分を通して感情移入した音楽表現で聴かせます。

ピックを使わないフィンガーピッカーで実に上手いイカした演奏です。


posted by Lansing at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

榊に花が咲きました!

2012年7月、
神棚の榊に根が生えた物を鉢植えしたのですが、
ついに花が咲きました!

IMG_0392 (450x600).jpg

IMG_0394 (600x529).jpg

話を戻すと、
神棚の榊に根が生えまして...
DSCF32702028400x30029.jpg

DSCF32692028400x30029.jpg

鉢に植えました。

DSCF32632028400x30029.jpg

その後、少し経った感じがこれ

DSCF33672028400x30029.jpg

ドンドン育ち、この状態になって

DSCF8127 (600x450).jpg

DSCF8126 (600x450).jpg

現在、ここまで育ちました。

IMG_0393 (450x600).jpg

直ぐに経たる榊と長持ちする榊がありますが、
家では概ね2〜3か月は持ちます。

長持ちする榊の場合、
根が生えてくるものがありますので植えたのですが、
これ以外にも数本植えて育てています。

花屋さんで榊を買わなくても自宅で採取できるようになると嬉しいです。(笑)

posted by Lansing at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

山崎川の桜

近所の王将で、
本ラーメン+炒飯を食し、
山崎川までお散歩しました。

image2[1].jpg

もう満開です。!

image1[1].jpg

毎年見事ですね!

ラブラブ?なアベック(古)もいらっしゃったり
中学生も花見?しています。
何だか、ゆる〜い時間が流れる様な光景です。(笑)

image4[1].jpg

週末に向かい天気が悪くなるそうですから、
毎年楽しみにしていらっしゃる方は、お早目に見物してください。(笑)

image3[1].jpg

これで景気がバブルの時の様になれば最高なんですが...。

バカになりそうなので
現実に戻りしっかり仕事します。(笑)

タグ:山崎川の桜
posted by Lansing at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

臨時休業いたします。m(__)m

誠に勝手ですが、
3月18日から26日までお休みをいただきます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいします。

以下、最近の出来事です。

先日メンテナンスしたL40から
4312MKUGYへ入れ替わりました。(笑)

DSCF0847[1].jpg

またこれが綺麗で!(笑)

DSCF0848[1].jpg

アッテネーターにお決まりのガリが若干確認できますので、後日メンテナンスします。

色々聴きましたが、
JBLの43系は、ウオールナットの突板タイプより
グレータイプの方が音が締まって抜けが良いです。
(もちろん4312も!)

4312は、MKUの次のモデルから低域がメタボに太り、
音抜けが悪くなりますので、
カラッとしたJBLの音はこのモデルが最終となってしまう感じです...。

MKUは、初期型から2dBも能率が上がり(93dBあります。!)
現代のスピーカーとしては、
非常に能率も高く鳴りの良いスピーカーとなります。

長年に渡り改良され続けていますので
低、中、高のバランスも良く音も飛んできますし
真空管アンプでの鳴りも抜群に良く
ジャズ、フュージョン、ボーカル物は特に良い感じで鳴ります。

写真の4312MKUGYは、元箱付きの美品!
随時試聴可能です。


話しは変わり、匠に特注したレコードラックが完成しました。

DSCF0796[1].jpg  

DSCF0803[1].jpg

DSCF0802[1].jpg

素晴らしい工作精度!

伝統的な継ぎ方で作られていますので
ボルトやネジなどの使用はありません。

最高の材料で作られていますし強度も抜群です。

木象嵌!

DSCF0801[1].jpg

DSCF0799[1].jpg

DSCF0800[1].jpg

天板が凸になっているのは
上に積み重ねた時、滑り落ちない様にする為で、
上に載せるラックの底板は凹になっていて上手く嵌合します。

積み重ねない時も見た目が良くなるよう考案されています。

職人が丹精込めて手作りした物ですから
凄み、極上の質感、存在感がありますので
既製品のラックや安物の家具などの近くに置くと
見た目にかなりの差が出ます。(笑)

オーディオラックへ変更可能な構造で
その場合、底板に10mmのドライカーボンボードを敷けるように作ってあります。(笑)


また話しが変わります...。

現在、同年代のお客様から新築の相談を受けていまして...。

・地下室全部がオーディオルームの新築物件

・オーディオルームに仕事場を作る?
 いや、全部オーディオルームとして
 パーフェクトに音響対策された部屋で仕事ができる様にする(笑)物件

以上、オーディオ好きとしては夢の様な2件の相談がありワクワク感満点!
今後どの様な展開になるのか楽しみです。!


posted by Lansing at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

明日、明後日のご案内

明日7日は出張の為、午後2時ごろからの営業になる予定です。


以上よろしくお願いします。


今日の昼は近くの王将にてB級グルメ!

日替わりランチ
ニラ玉+揚げ焼売(3つ)レタスのサラダ少々+ご飯+ラーメン
これで¥700(税込) 「安い」!

安いのは良いのですが食べ過ぎですね...
働く男の昼飯!凄いです(笑)
デラ腹いっぱいなので、ぐるっと散歩して帰社...。(笑)

お客様より頼まれた
新型バレットプラグ(バナナプラグ)で
バイワイヤー対応のスピーカーケーブルを作りました。

DSCF0785[1].jpg

面白い話題としまして、
レアなスピーカーAUTHENTEC 3001が入ってきます。
あのNECのA-10をA-10XXにしてしまったオーセンティックです。(笑)

ご想像通り いっちゃっていますので
花崗岩のバッフルにアピトン合板のエンクロージュア採用のスピーカー
当時価格:¥1,200,000-!

初めて聴きますから
どんな音がるのか楽しみです。

メチャ良かったりして!!(笑)

またご報告します。
posted by Lansing at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

最近の買取

DSCF0729[1].jpg

金曜に行ったオーディオフェスタの翌日より
買取で忙しくしています。

店から歩いてお邪魔できる(笑)ご近所様よりお譲りいただいた機器です。
店内は土禁なので直置きで並べてテスト中です...。
DSCF0730[1].jpg
AU-α907NRA
X-50W
DCD-S10V

別のお客様の買取品
当店で新品販売した4428ですが、買い替えの為、お譲りいただきました...。
DSCF0732[1].jpg
今、店で聴いていますが
程度も良くエージングも程よく完了して良い感じです。

今日の午前中は
また違うご近所様宅へ出張査定...。

SANSUIのECボックスを更に改造して
・DLH175
・075
・D130
以上をフロントバッフルへ取り付け
JBLネットワークをリアバッフルへ2個付けて
075とDLH175を切り替えて聴けるようにしてある自作スピーカーBOXや
アキュのP-350
LHH-900Rなど...。

X-50Wは当時、自分も購入したので懐かしい機器です。

エソテリックの方では、
すでにメンテナンス期間が終了している機器になってしまいましたが、
今聞いても、Wadiaの野太い中低域と押し出し+エソの解像度がプラスされたサウンドは
まだまだ良い時代のサウンドそのもので嬉しくなります。

サンスイの907は接点に多少ガリがありますが、
プリメインのくせにパワーアンプ並みの駆動力でスピーカーを鳴らしますので
X-50W+AU-α907NRA+4428
これでフュージョンなどを聞きますと
迫力があっていい感じです。

機器を運ぶのは重くて大変ですが、
店でテストと言って聴いている時は
楽しく試聴していますので
何時もこんな感じでお譲りいただけて機器を動作テストして
中古機器でHPへ載せる前に売れて行くと
とても楽しいお仕事なんですが、
そういう感じばかりではないので
こういう時は楽しませていただいております。




続きを読む
タグ:最近の買取
posted by Lansing at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

オーディオフェスタ2015


雪がちらついて寒い事と、平日の初日ですから
空いていて見やすかったです。


IMG_0251 (600x450).jpg



ジュノンブランドで、もっと大きなアンプを作るとか!
持てない程に大きくて重たいアンプを誰がセッティングするんだ?と心配(笑)

KT-88を使用したTRV-88SEで十分では?

IMG_0255 (600x450).jpg

いつも生け花が綺麗なアキュフェーズ!

和を感じます!

デモのクラッシックレコードの再生は
レコードも針先も汚れている感じで、しかも針圧かけすぎな音?
音が汚く歪んで割れ気味なのが気になった
SACD/CDを聞かせた方が音が澄んで良いのでは?

IMG_0252 (600x450).jpg

デジタルプレーヤーのメカベースは、
今やエソも越えんばかりの超ド級構造!
IMG_0253 (600x450).jpg


制振命のTAOCは
背面の衝立も吸音効果のある素材で、できていました。

IMG_0259 (450x600).jpg

ディナは部屋が本当に残念で、響き過ぎ....。
IMG_0260 (600x450).jpg

リファレンスやプレステージを作っていた頃の面影は全くない...。

IMG_0257 (600x450).jpg

美音のYAMAHA
何ともならない部屋の音響を整える為、
自社の音響パネルを鬼のように立てて整えていた。

IMG_0258 (600x450).jpg


もう一つ抑揚感やエネルギーが欲しい...。
IMG_0240 (600x450).jpg


部屋が広すぎで...。

隣のスピーカーに音が反射して飛んでくるのが気になった...。

IMG_0241 (600x450).jpg

ローサーみたいなユニット?
音の出方はシャープだけど、コーンが鳴いている音が気になる...。
センターはピンポイントで決まり、
指向性が上下も狭いのでユニットの正面に座って聴く必要がある。

IMG_0250 (600x450).jpg


関取が、しこを踏んでいるかと思う様なだぶだぶでメタボな低域がバフバフと部屋中に充満して...。

IMG_0249 (600x450).jpg

LUXMAN
薄くてさらっとした音ではなく
中低域に厚みを感じ、全体的に密度感のある音を聞かせていた。

IMG_0246 (600x450).jpg

昔の様にインテグラ アンプで
ドンシャリ鳴らすONKYOイメージは無い...。

行方洋一録音の強烈なデモ用音源で
「ドズバス、ドンカン、チンチン、」...
更にウーファーが壊れるよな低域でデモをしていた頃のサウンドに戻って欲しい(泣)

IMG_0245 (600x450).jpg

ここの焼き物のスピーカーの中では
群を抜いて抜けの良い音を出していました。

IMG_0247 (600x450).jpg

何もかも異様にデカイTAD

IMG_0243 (600x450).jpg

IMG_0244 (600x450).jpg

Marantzは何時もの木製音響パネル使用!

IMG_0242 (600x450).jpg

ELACを鳴らしていたYAMAHAの美音が良かったです。
パネルのお蔭で部屋の音響も他のブーストは大違い!
ハイレゾ音源で高域の質感が変な感じに聞こえないのもなかなかで、
80年代にYAMAHAの試聴室へ聴きに行った時の
あの美音と同類のサウンドで懐かしい感じすらしました。

2年前は、アナログプレーヤーとか1000モニとかの再発予定は無いと言っていましたが、
今回同じ質問をしたところ、
アナログに関しては努力しているとか!
GT-2000Uとか出るかもです!!

製品に購買欲の出る魅力的な色気があると売れると思うのですが
何だか真面目にまとめすぎでオシイ感じです。
やっぱスピーカーとアナログプレーヤー出すべきでしょう!


映像は、SONYの4Kプロジェクターが圧巻!!
3Dに見える様な奥行、透明感を感じる映像に驚きました!

SONYの4Kビデオカメラで撮った映像も、
その世界へ入り込んで行けるかと勘違いするほどのリアリティーでビックリ!
東京の夜景をヘリで撮った映像は
高精細という言葉ピッタリで、
これほど綺麗なプロジェクターの映像をみたのは初めてでした!

個人的な希望としては
ハーマンや
テクニクスも来てほしかった。




posted by Lansing at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

お知らせ

ブログを見ていただいているお客様が多いので
ここで連絡させていただきます。

金曜〜日曜まで下記の予定で落ち着きなくバタバタしています。
ご来店の際は、無駄足にならない様にお願いいたします。m(__)m

・13日は、15:00〜開催されるオーディオフェスタへ出かけますので14:00閉店となります。

・14日は、午後買取へ出かけますので、戻りは夕方16:00頃になります。

・15日は、午前中買取に出かけますので午後からの営業となります。

以上よろしくお願いします。
タグ:お知らせ
posted by Lansing at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

営業しています。

DSCF0339 (600x278).jpg

久しぶりのブログです。

買取に納品、バタバタしながら営業していて店内が片付きませんが
元気に仕事しています!

CF(コンサートフィデリティー)のプリとパワーのメンテナンスも終わり
現在エージングしていますが、すでに良い鳴りを聞かせています。

色々と新品なので
専用電源回路のエージングが概ね良くなって来たり
部屋の漆喰も少しずつ落ち着いてきている事を感じます。

しかし、
本当に漆喰が良い感じになるのは来年の梅雨明けぐらいでしょうか?

最初、漆喰が乾いていないので
部屋が響きすぎて音がボケていましたが
今は良い感じに締まってフォーカスが合っています。

予測を元に実験的に施工した低周波吸収装置が
予想以上の効果を発揮していて実に快適です。

この腰壁です。
DSC013[1].jpg
スピーカーを鳴らした時には
「バフバフ」「ドムドム」とした最悪の低域を吸収し
小さな音で聴いている時や
音の無い無音時なども
部屋のS/Nが良く居心地の良い空間になっています。

防音室で低域を吸音させることは
なかなか難しいのですが、
この低域吸収装置は使える事が十分解りましたから
音響対策やオーディオルームの依頼があった場合
これからは音響対策の一つのアイテムとして提案させていただく事とします。

音が緩そうに見える硬くない木の床ですが、
床下にも必殺の対策が施してありますから
何も対策の無い部屋で普通に鳴らすと
バフバフの低域、ツンツンした高域で鳴ってしまう
写真のJBL製トールボーイスピーカーで
マーカスミラーを爆音再生しても
低域吸収装置の腰壁効果と相まって
低音にボケた感じは無く
圧倒的と言えるほど
ブリリブリして力強いベースが炸裂します。
(ご来店いただければお聞かせします。)

今日は、28日の試聴希望のお客様の為に
スペンドールの最高峰!
SP100R2をお借りしてセッティングしました。
DSCF0365 (600x381).jpg

音質は、しなやかで高解像度
耳当たりが良く
きつくない高域なんですが、音が澄んで綺麗!
この手のスピーカーは低域の反応が遅いのですが、
想像以上に反応も良く
空間も良く出て、若干能率が悪いのに(89dB)
迫力もあり、交響曲も難なくこなします。

ベストオ ボイセスのXRCDは
豊かに鳴って、空間広く残響も綺麗
ボーカルに色気もあり弦楽器も綺麗に響いています。

悪乗りしてマーカスミラーを爆音で鳴らしてみましたが
破綻する事は無くビックリ!

こんな感じで毎日営業しています。



posted by Lansing at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

フリッツハンセン イージーチェア

先に、昨日のラックの件です。

DSCF0185[1].jpg
直ぐに問い合わせがあり、明日のお昼にお見合いする事となりました。
お気に入り頂ければ売約となってしまいます。

また、買ってくださいの第2段で、
アナログプレーヤー
テクニクスのフルオートDDプレーヤー
SL-MA1要りませんか?

image3[1].jpg

シュアのカートリッジを付けて試聴しましたが、
完全動作する上に、驚くほど音が良いです!

現行で買える、
安価なヨーロッパ系ベルトドライブのプレーヤーよりも、
確実に回転精度は高く
音はハイスピードでレンジが広く躍動感があります。

T4P型のカートリッジですから、
オーバーハングや高さ調整など
面倒な調整は不要、針圧だけ合わせて
アンチスケーティングのダイヤルをセットすれば
調整は終わりです。

フルオートですから、
レコード盤に針が降りてから
ミューティングが解除されますので
針、着地時の「バチン」とイヤな音が出ません。

各動作も滑らかで、快適に使用できます。

格安で、完全動作のプレーヤーをお探しの方には最適!

高級プレーヤーをお持ちの方の場合、
メインじゃなくても
酒に酔った後で聴くには最適です。

聴いている途中でうかつに寝てしまっても、
最内周まで進むと自動でアームがリターンして
アームリフトへ戻り停止します。

手元が狂って針を折る事も無く
レコードの上を引きずる事も無いと思います。

程度など...

ダストカバー無し、
年式による薄汚れなどは多少ありますが、
傷等も無く綺麗です。

カートリッジは、シュアM92E新品を付けました。

M92Eは、安く買っても¥5,000-ほどします。

カートリッジとプレーヤーのセットで、
合計:¥18,000-

店頭手渡しのお取引限定です。
(発送は致しません。)

店で、適当使っていますので、
気になる方は、
電話、お問い合わせフォームなどからご連絡いただくか
ご来店して試聴してみてください。

お問い合わせは下記をクリック!

image3[1].jpg
image2[1].jpg
image1[1].jpg

それではイージーチェア!

image1[1].jpg

昨日の夜、イスが届きました。

自己評価ですが、
座り心地も見た目も最高です!!
背もたれの角度は可変できます。
image3[1].jpg

image2[1].jpg

背もたれの形状
木製フレームのデザインと巧みな作り
肘掛のウエーブ...。
見てて惚れ惚れします!!


試聴用ですが、
まずい事が一つ...

座ると寝気持ち良くて寝てしまいそうになります...。

昼食後は、
確実に寝椅子になるかな?(笑)



posted by Lansing at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

引越し...。

取りあえず必要な物からいろいろ運んで
広くなったところへゴミに近い物を並べていると...。

あっという間にてんこ盛りになってしまいます。

image12 (600x450).jpg

これの お片付けをしていると萎えるんです...。
気を取り直すために
引き返す時に行きつけのトンカツ屋でランチを食す!

image1 (600x357).jpg

みぞれかつランチ:¥980-

萎えた感じは無くなり
腹も満腹で
何だか満足して眠くなった(笑)

オーディオ機器の必要な物は、概ね新店舗へ移動済み
今日は、レコードやら雑誌の移動
レコードのカートリッジなどは明日ですね...。

そんなこんなで
連休中もお片付けです...。
タグ:引越し...。
posted by Lansing at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

つづき

P-0を出したついでにピックアップのクリーニングを実施!

DSCF0287 (600x450).jpg

DSCF0288 (600x450).jpg

汚くはない...。
DSCF0290 (600x450) (600x450).jpg

クリーニングしてみると、
さらに透明感が増した感じになりました。

世界最高峰のメカ
DSCF0291 (600x450).jpg

小型精密旋盤のようですね!

それから、
オーディオルーム&リノベーションを手掛けているお客様宅が
完成の引渡しに近づきました!

ちょっぴりお見せします。

このリビングが ⇓
DSCF0344[1].jpg

こんな感じ ⇓

DSCF0267 (600x450).jpg

オーディオルームの天井は、傾斜天井
梁が効果的なデザインとなり美術館の様な雰囲気になっています。
部屋はベース形で、3重壁の防音構造
室内の音響コントロールは、音響漆喰
(天然素材を利用し吸音と反射する素材としたものです。)
DSCF0266 (600x450).jpg

また次回へ...。

タグ:つづき
posted by Lansing at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

寒いですね...。

なんだか寒いですね...。今日は、雪が舞っていました!

ブログをサボっていましたが、
買い取りに出かけたり、
アキュのDP-900+DC-901を納品したり、
お客様から頼まれ物のケーブル取付やら
お買い上げいただいた機器の梱包、
遅れに遅れているカーボンの交渉やら
色々しております...。

ドライカーボンの方ですが、
確定ではありませんが、
カーボンの納品予定は3月15日になる予定です。

以前から色々とご注文いただいているお客様には
遅れに遅れて大変申し訳ございませんが、
カーボンが届きましたらご連絡差し上げます。

その他、
オーディオとは関係の無い時計の修理?をしたり・・・

店の事務所のパソコンの横で正確に時を刻むクロノメーターの
内蔵電池が不良になったので
SEIKOから取り寄せて交換しました。

裏蓋を外し、基盤を取り出し
電池を交換しました。
(上にあるのが劣化して噴いた二次電池)
DSCF0253 (600x450).jpg

戻して完成です。
DSCF0254 (600x450).jpg

適度な大きさ、
どっしりと重たく、質感の高い感じがお気に入りで、
秒針は2振で動き、文字盤の刻みにピタッとくるので気持ち良いです。

源振周波数:4.194304MHz
普通のクオーツ時計は 32.768KHz 

こういう技術で狂いを少なくしたのも好きですし
適当に進んだり遅れたりする
振り子のついているボンボン時計も味があって好きです。
置時計はパタパタ時計や電光のルミタイム
腕時計は60年代のデザインが好きです。


話は変わり、
CD-34が欲しいと頼まれるのですが
オーバーホールする元になる機器がなく困っています。
CD-34を処分したい方お譲りください。m(__)m


posted by Lansing at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

週末

皆さま、雪の被害は大丈夫でしたでしょうか?
店がある名古屋も、この様に雪が降りました。

DSCF0113[1].jpg


DSCF0112[1].jpg

車のタイヤは、去年の12月
スタットレスに(ブリジストン、ブリザック)付け替えていますので
この程度の雪道を走る事は大丈夫なのですが、
空積みのFR車(ハイエースバン)で
ラフなアクセル操作をしますと簡単にホイルスピンしました...。

この日は、雪の吸音効果で、
外から入る車の音が少し小さく聞こえ
店内のS/Nが良かったです!

すでに中古商品で出しましたが、
テクニカの電源ケーブルと
オヤイデのコンセントタップなど査定して過ごし
平日と勘違いする様な土日でした....。

今日は、もう雪は無くなりましたが、
電話からの問い合わせが多く、
殆ど雪が降らない地域で雪が降ると
いつもと違うパターンになる事を痛感しました。

お昼前、近くのお客様が遊びに来られたので
バンチャガルで昼食をご一緒し、
休日ながらも時間の流れがゆっくりに感じる一日となりました...。


タグ:週末
posted by Lansing at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする