2017年07月11日

扇風機

暇を見て、お客様から頂いた扇風機をメンテナンスいたしました。

バラします。
DSCF0698[1].jpg

かなりきてます。(笑)

DSCF0700[1].jpg

軸に給油するタンクと芯も
オイルがグリス化していました。

DSCF0701[1].jpg

ふき取って、芯の中のオイルも絞り出しました。

DSCF0702[1].jpg

もう片方も同じで、グチョグチョ...。
こちらも掃除して、新油を入れて戻します。

DSCF0703[1].jpg


昔の電車(床が木のやつ)、市電みたいな臭いが立ち込めます。

スピードコントロール切り替え

DSCF0704[1].jpg

配線が、かなりきてますので、繋ぎ直しました。

巻紙に、何やら文字が見えます。(笑)
DSCF0705[1].jpg

裸線で締めつけるのはイマイチと思い、圧着端子を使う事にしました。

DSCF0706[1].jpg

電源配線を圧着端子で繋いで、接点も磨き、コンタクトオイル塗布しました。
DSCF0707[1].jpg

カバーを付けます。

DSCF0708[1].jpg

配線の出ている部分や、先ほどやり直した接続部分がダメになるので
簡単に取り換えられるよう、カバーの一部が開くんです。
流石!古くても国産(笑)
DSCF0709[1].jpg

コンセントプラグも、かなり怖い状態です。

DSCF0711[1].jpg

DSCF0710[1].jpg

こちらも繋ぎ直し、刃を磨きました。

昨年直した扇風機と並べてみました。
今回の黒の方が古いので、風格があります。

DSCF0712[1].jpg

扇風機で遊んでいるとお客様が!(笑)

で、仕事的には
SJ-SI用金属ベース、ラダーケーブル、デザインラックのポール等が売れ、
お客様から注文いただいた特注カーボン2種類の加工依頼と
オリジナル製品のカーボン2種類の試作をお願いし、
トランス屋さんと、ヘッドフォンアンプの出力トランスなどについて打ち合わせをいたしました。

定休日明けには、
お客様よりご注文いただいたラダーケーブルが完成しますのでまた報告いたします。

タグ:扇風機
posted by Lansing at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

TANNOY Super Red Monitorに吠えてもらいました。

TANNOY SRM、久しぶりにMonitorスピーカーとして働いてもらいました。(笑)

JBL43XXが上手く鳴らないというお客様にデモする為、
JBLのプロ用アンプを出したのですが、
アンプも久しぶりの労働の為か(笑)若干病み上がりサウンドに感じたので
3日間、エージング、
今日、ようやく目覚めたところで内部の接点をメンテして聞いています。

入力は、CD-34NOS改 匠箱+ドライカーボンインシュレーター
DSCF0257[1].jpg

SJ-preamp

DSCF0256[1].jpg

MPA600改 内部を若干と、ケーブルはWEコンセントプラグも交換です。
DSCF0258[1].jpg

パワーアンプの電源は、先日試作のBOXより供給
DSCF0259[1].jpg

コンセントのエージングも進み良い感じです。

ついでですが、
このコンセントBOX、素晴らしいサウンドですので本気で作ります。(笑)
現在、形状を変更し、色は錆びない様にマッドブラック加工で更に試作を進めています。


鳴らしているSRMは、ネットワークなどオリジナルですが、
内部は、接点を減らしたダイレクト接続、オレンジ君配線となっています。

シェリーマンのぶっ叩き
鮮度感抜群!抜け切れ良し!(笑)

爆音で聴いておりますが、さほどうるさくないです。

ドラムのアタックは、内臓がしびれ、ベースは波動...。
シンバルの高域は、耳の渦巻き管の先端まで入り込んでくるほど切れまくり(笑)です。




KOTOBUKIさんのJBL4350試聴室へも私のJBLアンプが行っております。(笑)

JBLの43モニター系38Cmウーファーは、
下手するとブーミー、音がボケてしまいます。

私の経験では、
コンシュマーのハイエンドパワーで試行錯誤して散財、頑張ってどうにかしようとするより
JBLはJBLで鳴らした方が上手く鳴ると思います。(鳴らしているのTANNOYですが)(笑)

聴きながら、入荷したマッキンを点検します...。
posted by Lansing at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

オーディオクリニック

9日は、家の新築で、オーディオ用の電源工事を施工したお客様宅へ出向き
初期エージング完了の確認と、SoundJulia式アースを完璧にしてきました。

オーディオ機器は、入力側一点アースで電位を吸引させ、
一般的な(3Pコンセント+3P電源ケーブルで)
機器に繋いだ時に起きてしまうアースループは無比、
全ての機器のボディーと大地間で測定できる電位は0Vとなりました。

DSへ使用しているナスのリニア電源装置もアースを取り付け
ハブ等もすべて吸引させています。

LINNのDSは、SoundJuliaのアイソレーション昇圧トランスで240Vで動作させ
トランス本体もアースを落としています。

完璧にするため、電源配線の目隠しアルミプレートにも大地アースを繋いで電位を吸引しました。
IMG_0252[1].jpg

大地アースの恩恵で、高S/N、澄んだ音場、しなやかに解像する高域!
見通しが良く、混濁感の無い感じに音質が向上!
アキシオム80の持つ、高域の微細な超分解能も味わえて良い感じです。

電源のメインブレーカー、幹線、新規の配線などがエージングされれば
更に良い感じになると思われます。

明日の12日は、こちらのお宅のスピーカー下の床対策で
匠とお邪魔して、スピーカー下へ舞台を作る打ち合わせに出向きます。



10日は、JBL4355がイマイチの鳴り...。
という事でご相談いただいたお客様宅へ出張クリニック!
コンセント取り換え、セッティングの変更など4時間格闘し、素晴らしい改善結果となりました!

伺ってみると、
4355と、そうそうたる機器!
壁コンは、日本で有名なアクセサリーメーカーのロジウムメッキ3Pコンセント
ケーブル類は、米国製で超有名な、太いオーディオブランドケーブル
チャンデバは、dbxのデジタル式...etc。

何も触らない状態で試聴...
全体的にオブラートに包まれたような感じで抜けが悪い。
低域は、厚くぼってりして弾まないのでメインで聴かれるというジャズが楽しくない...。

最初に、とりあえずチャンデバの設定を確認すると
クロス周波数が違い、18dBカットが24dBとなっているので
正規の値へ変更すると、ぐっと良くなるが、何か変...。

位相を確認すると、
逆相で鳴っていたので位相反転させてみると、低域の締りと押し出し感が良くなった!

でも、音がJBLっぽくない...。

dbxのチャンデバが気に入らないので、
JBL/UREI5235へ変更...
直ぐにJBLらしい音へ大変身(笑)して楽しくなってきた!

で、壁に付いているオーディオ用のコンセントが気に入らないので
壁を補強するプレートを取り付け、剛性を上げた上で
レヴィトンのホスピタルグレードのコンセントへ交換...。

4355の内部を確認、ユニットの取り付けトルク合わせ...
オーディオ機器のラインへ使用されている高級オーディオブランドの太いケーブルを撤去(笑)
今は製造中止となったSONYの赤白ピンケーブルへ全て交換
4点でぐらついていた機器を3点支持にして揺れを無くす等施し、
機器電源のホットとコールドの極性を全て合わせアースを確認...
電源タップへの刺し順を考えて繋ぎ、電源ON!

チャンデバの設定を行いバランスをとってから試聴...。

変更前に聞いた音源で試すと、
ブラシのこする音、バスドラ、スネアのアタック音など、まるで別物!

音にまとわりついていたオブラートの包みが取れ(笑)
エッジの効いた低域が、ブリブリとダブルウーファーらしく鳴りだした!
2441、2405の解像度は格段に上がり、
しなやかに分解して、ピアノやシンバルが気持ち良い!

ここでようやく、JBL4355 男のJBLサウンドこんにちは!って感じです。(笑)

お客様が、最近聴いたレコードやCDを引っ張り出して色々と聞き始め、
ニヤニヤしながらマイワールドへ突入していかれる事を感じたので、ここで失礼しました。

あと簡単にできる事は、
棚板、インシュレーター、電源、ラインケーブル、スピーカーケーブルの変更、
壁コンからオーディオ装置までのケーブルとタップの変更、
最終的には、4355というエネルギーの塊のようなスピーカーが発する音でも
耐えられる事が出来る部屋の対策をすれば、圧倒的に良くなると思いますが、
何処まで良くされるのかの欲望はお客様次第なので、
この状態でしばらくお楽しみいただきます。

2件とも、気持ち良い程、音が改善しましたので、
自己満足で良い仕事した!と思えました。(笑)

posted by Lansing at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

二度あることは三度ある

定休日、オーバーハングが合うようLINN LP12のアームベースを加工
DSC00001[1].jpg

アームがSAECの為、
トランポリンベースを付けると...。

DSC00006[1].jpg

DSC00005[1].jpg

プレーヤーの上下を元に戻しフローティングのバネが下がると、
ベースと干渉してしまいました...。

干渉を無くすためには、
トランポリンベースを使わないか、
1cmほど袴を増して付けるかしかありません。

確認しなかった私がバカなのですが、
躓いてしまいました。(1回目)

その夜、お客様宅まで出向いてオーディオ専用電源工事の確認をすると
IMG_0233[1].jpg

希望場所へシールド三線の引き出し線が出ているのはOKなのですが、
分電盤での接続が、何故か単相ブレーカーに
黒/白の二本接続されているだけで、赤線は丸めてフリー状態?

つまり、三線ケーブルを引いたのに
単相三線式でなく、単相100Vで送っているだけ、
しかもシールドケーブルなのにシールドへアースも落ちていない...。

この引き込み工事は、私が請けていないので
設計説明だけしたのですが、
施主様、設計士、工務店、電気工事と伝わると
こんな風になるのかと...。

電気工事屋さんも、変だなぁ?と思わなかったのか...。

3Pブレーカーへ変更、単相三線式で送っていただく事と、
シールドへアースを落としていただく様お願いした。
ここで躓いて帰宅...。(二回目)

この日の足は、車検上がり当日のPOLO

あと家まで500mの所でエンジンが一発死んだような感じになり
直ぐに警告灯が点灯!

IMG_0246[1].jpg

タイヤ空気圧の警告まで点くのが?ですが、
エンジンが「ベウベウ」して振動するので、
一発死んでいるのは確実

EPCランプの場合、制御コンピューターNGなので不安...。

整備士の携帯へ直接TEL!

「一発死んでいる感じで、警告灯多数(笑)」と説明すると、
なんで?って感じでしたが、帰宅時に回り道して、
(サービスチェック用ノートPC持参で)駆けつけてくれたので繋いでみると...。

3番シリンダー死亡( ;∀;)
そのまま代車と入れ替え...。

これで三回目の躓き...。

本日、先ほど連絡が入り、
三番プラグケーブルの不良で三番死亡という結果。

三番ケーブルだけを変えても、
その他もそのうちNGとなりますから
ケーブルをフルセットで交換...
¥22,680-の整備料金追加(T_T)

車検取ってから、
ゆっくり考えて車を買い替えようかと考えていましたが
バッテリー、エアコンフィルターなども交換し
もうしばらく乗る事にしました。

posted by Lansing at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

バイオリンを買いました。

オーディオとバイオリンを趣味とされていらっしゃるお客様よりTELが入り、
バイオリンの出物があるという事で現場へ出向き、早速購入いたしました。
DSCF0068[1].jpg

私はバイオリンは弾きませんから
もちろんツイーター用のバイオリンです。

以前購入した物は、上のワインレッドの方で、
右下のは、TELをいただいたお客様の(高額な物)をお借りしたままになっています...。

DSCF0069[1].jpg

ワインレッドも今回と同じところで購入しました。

ワインレッドは、購入時よりエージングが進み、鳴りっぷりが良くなっていますから
伺うときに持って見てもらうと、
販売時の時に比べ、俄然、鳴りが良くなっているので、驚かれていました。(笑)

で、購入したバイオリンの使い方を説明すると、
装置に興味を持たれ...。

バイオリンを購入したところは、楽器屋さんではなく
メンテナンス工房ですから、
良い感じで変化しているのでビックリして、興味を持たれたのだと思います。(笑)

バイオリンはスーパーツイーターとして使っているのですが、
バイオリンを入れ替えると音色が変わり実に面白いです。

実際に演奏できる生楽器だけに
ツイーターとして追加すると、オーディオ装置の再生音が生っぽい感じになりますから
使いだすと外すことが出来なくなります。

(ツイーターとして使用中バイオリンが鳴る感じはないです。)

今日購入したバイオリンは、メンテナンス上がりでまだ音が固い感じがしますが、
3日間程度で解れてきて、1か月も鳴らすと化けますから、
今後、どのように変化するのか楽しみです。

話はそれます...。

昼飯に悩むと、近所のラーメン屋へ、うっかり行ってしまいます。(笑)
IMG_0188[1].jpg

カウンターは、一人ずつこのようなフルセットで揃えてあります。
IMG_0189[1].jpg

冷静に考えると、お昼のランチサービスもなく通常価格と同じ...(笑)

この地域の場合、¥800-も出せば、(メニューの価格は税別表示)
店の界隈にある色々な飯屋で、十分ランチが食せる価格ですから、ラーメンにしては高い...
いつも混んでいますから、何か気が付かない様なマジックでもあるのでしょう(笑)

ちょっと高級なランチになると、(イタ飯、フレンチ、ドイツ等の店)¥1,500〜2,000-程度はしますが...。

posted by Lansing at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

新春初神楽

お手紙が届きました。

DSCF0664[1].jpg

熱田さん ←神社ですが、なかなかカッコいいホームページなので、熱田さんをクリックして見てください。

お手紙は、1月1日午前零時に行われる初神楽予約案内

内容は、神楽殿で、フルセットの雅なお神楽とご祈祷を行う予約受付でした。

法人の神楽料金は、¥20,000-以上からの受付
一度申し込めば、毎年案内が届きます。

という事で、来年の申し込みをいたしました。(^^)v

話は変わります。

店の近くにラーメン屋さんがオープンし、
毎日人が並んでいましたので、食してきました。

image1[1].jpg

お味は、くどくなくて、チェーン店としてはマイウーでした。

しょう油 塩 みそ とありましたので
全部食してみたいと(笑)考えています...。

オーディオの方ですが、
GECKT-88を使用したシングルドライブのアンプが完成しましたので次回紹介します。

タグ:新春初神楽
posted by Lansing at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

お盆休みのお知らせなど...。

店内は快適ですが、今日の名古屋は凄く暑い...。
夏〜って感じです(^-^;


SoundJuliaの実店舗ですが、
8月10日〜8月18日までお盆休みをいただきます。


試聴可能です。
DSCF0382[1].jpg
posted by Lansing at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

カップオブエクセレンス

コーヒー好きのお客様の提案で、
世界最高峰のコーヒーを買いました。

DSCF0388[1].jpg

上品で雑味がなく、各要素のバランスの取れた澄んだお味です。(^^♪

私には分不相応...。(笑)

Qグレードの豆で淹れる場合でも、
豆を挽いているときから、店内に香りが広がり
とても香り高く、高級喫茶店で飲むコーヒーより美味いので
ここまでの豆は、私に必要ない感じです。(笑)

ソナスの動作チェック、査定が終わり
買い取りが完了いたしましたので、商品化を進めます。

個人的興味は、
ゲルマニウムのアンプで鳴らしたら、どんな表現になるんだろう?
と思いますので、あとで試してみます。(^^♪

DSCF0389[1].jpg


posted by Lansing at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

フリーダイヤル

店の電話ですが、
今月末で、フリーダイヤルを廃止いたしますのでよろしくお願いします。

0120からお電話いただくアクセス解析の結果、
一般回線からいただいているお電話は、すでに一桁パーセント
その他はスマホなどからいただくお電話となっています。

スマホから電話をかける場合、
今や、かけ放題プラン等で電話代は一律...。

こうなると、0120の電話代無料通話も意味がありませんし、
かけ放題プランじゃない場合でも、
携帯電話も一般回線も、今や10年前の様な料金でもないですから
通話料金が気になる時代でもなくなりましたので、
0120から始まるフリーダイヤルを廃止いたしました。

8月から0120-147-347におかけいただいた場合、
案内がアナウンスされます。

ホームページの工事がまだですが、よろしくお願いいたします。



posted by Lansing at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

レトロ扇風機

10年ほど前、
マッキンの買取でお邪魔させていただいたお客様の部屋に
レトロな物がたくさん飾ってあり、
「私に売っていただける物は無いですか?」と尋ねると、
「真空管ラジオと扇風機はどう」という事で
譲っていただいた扇風機です。

DSCF0373[1].jpg

で、今日動かしたら、
動きが渋く焼き付きを起こしそうな感じでしたので分解清掃いたしました。

一気にバラします。
DSCF0370[1].jpg

モーター
通電したら火が出そうな...。(笑)

DSCF0369[1].jpg

首ふりのギア部分
DSCF0371[1].jpg

モーターの軸も
こんな感じで、グリスやオイルがネタクソになっていて汚い...。

更に分解してクリーニングして組み上げました。

DSCF0372[1].jpg

本体の回転速度切り替えスイッチの代わりに
100V電源側で、
スライダックにより電圧調整すると、無段階調整が可能になり
なかなか良いです。(笑)

グリスUPと注油で、スムーズに回転する様になり良い感じです。(*^^)v
DSCF0373[1].jpg

posted by Lansing at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

聞いてはいけない物

昨日の夕方の出来事です...。

バイオリンを趣味とされていらっしゃる方が持ち込んできたバイオリンです。

DSCF0168[1].jpg

まぁ
パット見は、入門用のピカピカした新品の安物ではない事は分かりますが、
どれほどの価値が有る物なのか?

適当に触らせていただき、弦を弾いたりして音色等を確認すると
右の薄い色
DSCF0170[1].jpg

こちらの方が、音のはなたれ方がぶわっと来て
高域の複雑で多彩な音色が綺麗に聞こえ
軽く鳴って音が明るい感じ

濃い方
DSCF0169[1].jpg

こちらも同じ様に触って確かめると
大人しいというか
しなやかで穏やか、
低音に厚みとエネルギーあり
弁えのある音に聞こえます。

「高いのはどっちだ?」と言われたので

「色の薄い方」と答えると

楽器の性能が高い方は、色が薄い方で
価値が高い方は色が濃い方という回答...。

では、早速バイオリンツイーターとして鳴らしてみます。

ボディー色の薄い方から聴いてみると
明らかに今まで使用していたバイオリンに比べ
音色が増えて音が明るくなり
全体的に明瞭な音質へ変化、
ビブラートをかけている時など、
演奏者が揺れている感じが良く分かり
生楽器は、光る様な音色で聞こえてきます。

今までお世話になっていたバイオリンとは別格のサウンドに驚き
続いて色の濃い方を試すと、
演奏中のS/Nが一気に向上したかのような静寂で落ち着いた音場へ
濃く、深く、怪しい色気ある表現で音楽が迫ってきます。

バイオリンから音は殆ど聞こえませんが、
低域の厚みなどが違って聞こえるのは不思議で
ピアノのタッチの微妙な感じ、ペダル操作の絶妙な強弱感等
掴めるように分かります。(笑)
感情移入も伝わってくるし、
上質なサウンドで演奏が一段と上手く成った様に聞こえてきます。(笑)
聞けば聞く程、引き込まれていく感じがして
声は生っぽいし、弦楽器は弓で弾いた時のグッと来る感じ等も素晴らしい...。

自分が押し黙って聴いてしまっているので、一旦中断して我に返り、
「ところで、これらのバイオリンはお幾らなのですか?」の質問...

まぁビックリ!(@_@)
現行のルーメンホワイトが楽に買えます。(笑)

気軽に触るのも怖くなってきたのでケースへ戻し
元のバイオリンをセット、
改めて聴き直すと、
高級三ツ星レストランから下町の美味い大衆食堂のメシへ変わったかのような変化...。

ちなみに現在使用しているバイオリンは、
店頭売価¥30万程度の借り物です(笑)

う〜ん、ちょっとショックです。

1万円のバイオリンをツイーターとして使用しても
無いより有った方が聞いた感じは良くなるのですが、
凄く良い物と比べるとイカンですね...。

今度、バイオリンのプロの方が、
オーディオの相談で来店されるのですが、
バイオリンも持ってきてほしいとお願いしてあります。

生で演奏していただきたいですし、
バイオリンツイーターの感想も伺いたいし
その方のお高いバイオリンもツイーターで試しても良いのなら(笑)
ためさせていただきたいと考えています。


posted by Lansing at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

リコールのご案内

この度の「平成28年熊本地震」により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に
心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます。

今回のブログは、ご案内となります。

ツイーターを駆動するアンプKV-3Sですが、
製造元のフォーエバーミュージック研究所より
リーコールとして機器の入れ替えを依頼されました。

変更内容は、
・ライン入力ジャックが、ミニプラグからRCAへ変更
・内部基板シールド構造へ変更
・配線の引き回しの簡略化
・PSE対策、100V駆動から電源アダプター式へ変更

前モデルと聴き比べますと
今回の変更で、S/Nが向上し、
音の雑味が減って澄んだ感じに聞こえます。

ステレオミニジャックからRCAジャックへ変更したのも嬉しいです。

電源の変更で、更に音質UPが見込めますので、
アナログ式のリニア電源や二次電池駆動なども面白いと思います。


DSCF0100[1].jpg

DSCF0101[1].jpg

KV-3Sシステムを購入いただきましたお客様にかれましては
誠にご面倒ですが、SoundJuliaにて本体の交換をお願いいたします。

交換品は、本体と、電源、入力ケーブルになります。

よろしくお願いいたします。


posted by Lansing at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

オーディオフェスタ2016

DSCF0016[1].jpg

今回、フェスタの写真はありません。(笑)

感覚的に感じたことですが、
昨年は、各ブースの音源にPCがセットされ
それを再生して聴かせるデモが多かったのですが、
今年は、PCがヘッドフォンの音源となっている所が多く、
メインで聴かせる機器の音源は、
CDP等のプレーヤーとアナログターンテーブルからソースを再生して
聴かせるセットになっている所が多かったです。

中にはオープンテープでの再生も行っていました。

オーディオの遡り現象が起きている様です...。

JBLやマッキン、国産ではテクニクス等は来ていませんでしたので残念です。

YAMAHAのスピーカー担当者が
開発の事を熱く方ってくれたことが印象に残っています...。


話は変わります。

世界展開している
メードインジャパンのコンサートフィデリティーですが、
(製造している本国の日本ではSoundJuliaだけが取り扱っています。)

この度、エストニア大使館でデモする事になり
凄いゲストを前に音出ししたという事なので紹介します。

明治記念館での歓迎レセプション

エストニア大統領主催の晩餐会

エストニア政府・日本政府関係者や両国の産業経済界の方々

IMG_0678[1].jpg

右から
エストニア大統領
ESTELLONの社長
コンサートフィデリティーの社長
IMG_0706[1].jpg

鳴らしたスピーカー
IMG_0720[1].jpg

IMG_0725[1].jpg

価格は$260,000/pair US price)

見た目、デザインが好きか嫌いかは分かれますが、
世界的に評価の高いスピーカーです。


価格もスケールも、世界レベルは違い過ぎて
オーディオフェスタとは比べるも無い感じです...。(笑)

日本の場合、
輸入代理店、オーディオ協会、オーディオ雑誌
この三つに係わりを持たないブランドは
全く紹介される事も無く
世界的に評価が高い機器でも
取り上げる事は無いので、知らない物が多く存在すると思います。

この閉鎖的な構造を、
オーディオ業界では鎖国と言っています。(笑)

エステロンはエストニアのスピーカーで、
今やっている、マイナンバーは、
どうやらエストニアのシステムを参考に作られている様です...。

エステロンですが、
海外のオーディオショーで
コンサートフィデリティーが鳴らすスピーカーとして採用し
ショーでは高評価を得ていますので
今回、日本にあるエストニア大使館でのデモには
コンサートフィデリティーが招かれたという経緯になります。

先回のオーディオショーでは、
元三菱の技術者 寺本氏のブランド
DIASOULの¥1,000万スピーカーでデモして賞をもらっています。


サウンドジュリアでは
製造本国では無名(笑)
世界的に有名なコンサートフィデリティーがメイン装置となっております。
続きを読む
posted by Lansing at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

AUDIO FESTA 2016

今年は開催時期が遅くなり
真冬から春へ変更しています。
DSCF0016[1].jpg

オーディオフェスタ行かれますか?(笑)

私は、空いている初日の15:00〜覗いてみようと考えております。

今年はどんな感じになるのでしょう?

話は変わります。

ホームページの方へ

クレモナ
IMG_0009[1].jpg

L-D1
IMG_0010[1].jpg

ドライカーボンシート付
IMG_0011[1].jpg

A-9
IMG_0013[1].jpg

また話が変わります...。

先日のヘッドフォン弄りですが、
WEの線材を使いケーブルを作る事にしました。

導体がスパイラル状の構造で、柔軟性を持たせたケーブルです。
DSCF0018[1].jpg

太くないし4芯なので、
ヘッドフォン用のバランスケーブルにピッタリ!

色々やりながら

ノートPCでYouTubeを再生
明日引き渡しのDS-1000ZXで聴いています。


USBをHiFaceを介してS/PDIF変換、
むかし頂いたカナレの楽器用ケーブルGS-6を
デジタルケーブルとして(笑)繋ぎ、
DACは(CF-040DB)へ入力
SJ-6L6パワーを通してWE16GAの単線を
SPケーブルとして使用し、
DS-1000ZXを鳴らしています。

デジケーがいい加減ですが、聞けてしまいます。(笑)

録画した物を聴いてみると、
PCやテーブルの反射音、iPone6のマイクの音、
YouTubeの自動編集などが作用して
元の音より、真ん中寄りになって
高域端と低域端がカットされて
分解能が低下して聞こえます。

YouTubeってソフトとして売っていない物が
無限大(笑)に出てきますので
見ていると止まらなくなり面白いです。

PCへミニスピーカー付けたディスクトップではイマイチ楽しくないのですが、
普通のオーディオ装置へ繋いで良い音出ちゃうと
飽きることなく楽しめます。(笑)

今日、この後来客が無ければ
バイオリン屋さんへ出かけ
ツイーターとなるバイオリンを見てきます。

posted by Lansing at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

名古屋ウィメンズマラソン

main01 (600x257).jpg

明日の名古屋は、
マラソンで交通規制がございますので、
お出かけの際は、
下記交通規制を確認頂いた方が無難です。


Sound Juliaの脇にある環状線がコースですので、
マラソン時間帯のご来店いただく事は厳しいかもしれません。


posted by Lansing at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

色々...。

ジャジャ〜ン!

DSCF0420[1].jpg

現代最先端、超高級DACです。
¥いっぴやくごじゅうまんえん(笑)

小型ですが力強さもあり音数も多い...。
DSDでの再生において、ミラクルな音場になります。(笑)

日本国内においての小売り販売1号機を聴かせていただいております...。

CHORDのサウンドポリシ、しっかり受け継いでいますが、
下位モデル、前期モデルより
レンジ感や音数、音場の広さなど色々な面で差を付けます。

ヘッドフォンOUTが付いていますので
現在最高音質と思われるLCD-4 ¥ごじゅうまん
で聴いてみましたが、頭外定位するほどの広い音場で聞かせ
解像度、透明感、レンジの広さ等、素晴しい高音質でした。

音楽のリズムや駆け引き、内面を耳と心で聴く方より
オーディオ用語で表現できる音を聴く事が好きな
音好きな方には絶対受けます。(笑)

話は変わります..。

元ONKYOの方が、改造品を持ち込まれたので試聴しました。

DSCF0416[1].jpg

DSCF0414[1].jpg

DSCF0415[1].jpg

量産品の悪いところを改良して、高音質化されています。

別注のアルミフェースを付け、天板を元通りに戻した仕様で
同じ様に改造した物を販売しているという事です。

一体型で手軽な高音質CDレシーバーアンプをお探しの方にはお勧めと思います。

安物臭さの無い音で、奥行や残響などが綺麗に出ます。
音が澄んだ感じ、しなやかさがあり、
オリジナルの乾いたガチャガチャ感は何処かへ行った?っという感じです。(笑)

¥6万台でノーマルのオリジナル新品が買えますが、
この改造品は¥20万台となる様です。

もう話は変わります。

CF-080(プリアンプ)を購入された方のバッファ球選びをしました。

超高音質プリアンプCF-080
DSCF0417[1].jpg

超高音質CF-040(DAC)
DSCF0418[1].jpg

CF-080+CF-040+Si2(パワー) 入力はPC
DSCF0419[1].jpg

もう驚くほどの高音質!

PC〜USB・DAC〜アンプとかで聞くと
腐った様な音質で鳴っているYouTubeが
泣ける程良い音で聴けます。

また話が変わります。(笑)

スーパーコンタクトオイルが在庫切れしましたので
今日1日、科学者となって(笑)作りました。

DSCF0421[1].jpg

あと、
ケーブルを作ったり、買取の相談とか
色々バタバタとこなしております。

お知らせ
第三回目の製作となりますインダクターですが、
残数が1個となりました...。

2回目の納品をさせていただいたお客様より
効果のコメントを頂いておりますが、
Rノイズイレーサーの効きが好評で、
デジタル出力や映像様に追加購入されたり
S/Nが上がった事にお礼をいただいたりと嬉しいです。(*^^)v

インダクターのみお買い上げいただいているお客様で
CDトランスポート+DACで聴かれていらっしゃる場合
デジタルケーブルへRノイズイレーサーを使用される事をお勧めいたします。
もちろんインダクター+Rノイズイレーサーでも良いのですが、
ケーブル直接は凄く効くんです!



タグ:色々...。
posted by Lansing at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

光栄な出来事!

誰でも一度ぐらいは利用された事があると思われる
エンターテイメント事業を行っている大手業者様よりオーダーが入りました。

あの、
ダイヤソウルのスピーカーなどを含めた
高級オーディオ機器¥2,600万のシステム!

部屋の音響改装費用が¥1,600万...。

全部SoundJuliaが受注したら踊っていますが、(笑)
その中の、一滴程の予算でSoundJuliaのケーブルが入りました。(笑)

なんでも機器選びの編成チームを組んで、
色々と試聴して選び抜かれた機器をそろえ
オーディオルームは、オーディオ専用電源10回線の素晴らしい部屋になるそうです。

システム完成時には、
音楽業界や芸能界などの著名人が多数聴きに見えるという事ですので何とも嬉しい事です。

また、
インシュレーターの方も、
SoundJuliaのドライカーボンインシュレーター 
SJ-SIにて機器のセッティングをしていただける事となり...
私が採用している入口一点アース吸引まで応用いただいく配線接続となる様です。(*^^)v

お休み返上でケーブルを作っています。

途中、バイオリン駆動システムKV-3Sを
ご購入頂いたお客様が遊びにいらっしゃいました。(笑)

開梱
DSCF0385[1].jpg

DSCF0387[1].jpg

分解
DSCF0388[1].jpg

DSCF0389[1].jpg

分解するのは
接点やネジの部分へ
スーパーコンタクトオイルを塗布し、
接点の接触改善処理を行う為です。

DSCF0390[1].jpg

超高性能MILスペックケーブルを使用
音の方向性を確認して組み上げます。

DSCF0391[1].jpg

SJ-SIインシュレーター+ケーブル
今日はここまでしか作れませんでした...。

DSCF0393[1].jpg

話は脱線します。(笑)

水曜日は、美味い物をという事で
知多半島で魚でもと思っていましたが
行動が昼過ぎになってしまったので
中央卸売市場まで出向きお昼を食しました。

本マグロ定食:¥1,400-
IMG_0572[1].jpg

「マイウ〜」でございました。

メニューにはありませんので
「本マグロ有る?」って訊かないと出てきません。

IMG_0573[1].jpg

何だか幸せを感じるお昼でした。(^^)

USBケーブルのオーダーも受けましたので
後日、音魂USBを作ります。


posted by Lansing at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

AQUOS ヘッドフォンジャック修理

母が使用しているTV、
イヤフォンが聞こえなくなったというので診てみると、
イヤフォンやヘッドフォンを差し込んでもスピーカーから音が出てしまう...。

TVを店に持ち込み、暇を見て分解修理した...。

DSCF0148[1].jpg

壊す勢いで、ガンガンばらします。(笑)

DSCF0149[1].jpg

ジャック部分

DSCF0150[1].jpg

基盤を外します。

DSCF0151[1].jpg

残っている基板は電源部分です。

DSCF0154[1].jpg

ジャック本体

DSCF0152[1].jpg

パターン面のハンダ付け

DSCF0153[1].jpg

がたつきも無く
見た感じ、問題はなさそうに見える...。

取りあえず接点部分をスーパーコンタクトオイルでメンテし
バネ式の接点部分を曲げて
強く圧力がかかる様にしておいて
基板パターン面のハンダ付けをやり直した...。

これで上手く直れば良いのですが(笑)

組み上げます。

DSCF0155[1].jpg

スピーカー部分

DSCF0156[1].jpg

うりゃ〜っと組み上げてテスト!

直りました。(笑)

DSCF0157[1].jpg

ハンダ付け部分が小さくて肉眼では分かりませんでしたが、
ハンダにクラックが入っていたかもしれませんし
ジャック部分の接触が悪くなっていて
差し込んでも反応しなかったのかもしれません...。

確実な原因を追究しませんでしたが
上記のメンテナンスで問題はなくなりました。(笑)

TVの裏蓋を開けて感じたことですが、
随時、空気清浄機が回っており
喫煙しない環境の部屋で使用されていましたので、
中を見ても基板などがとても綺麗で掃除の必要が無かったです。

以下、
お節介な余談です。(笑)

オーディオ機器をクリーニングする時、
床置きされていたパワーアンプの場合等は、
内部はホコリがたくさん入っていますし、
キッチンと仕切りの無い部屋で
(リビングダイニング)
長年使用されている機器の場合、
基板やパーツが油っこい場合があります。

ヨーロッパ系スピーカーによく使用されている
ゴム系のエッジユニットの場合、
タバコの煙やキッチンから漂ってくる油の粒子は
静電気でエッジが吸引し付着しますので、
数年でエッジ表面が何となく変色してきて
触るとネッチョリしてきますので劣化は早いです。

窓際の紫外線が入る環境も
エンクロージュアの色あせや
エッジの劣化を早めます。

高級オーディオ機器をお持ちの場合
専用の部屋で禁煙環境で使用された方が
装置に対して優しい環境となり
良い状態で長く使用できると思います。






posted by Lansing at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

ウェグナー

最近のメシ(笑)

井筒
ポークテキ定食:¥1,100-

「マイウー」でございました。(笑)

IMG_0508[1].jpg

うるぎ
しらすランチ:¥700-

しそ風味の和風なしらすごはんと
うどん(小)+ヒレカツ+えびふりゃ〜+小鉢+漬物 のセット

「でぇ〜りゃ〜腹いっぱい」(笑)
IMG_0509[1].jpg

先日出品したPIONEERのSPですが、
BGMで音楽を流していると、
ウッドベースの低域部分で
ボイスコイルタッチの様なゴソゴソノイズが出るのでバラシテみました。

IMG_0039[1].jpg

ネットワークがこんにちは!
DSCF0116[1].jpg

コンデンサが電解なので
バラシテ容量を計測した場合、
年式的に経年劣化で容量抜けしているかもしれませんね....。?
(聴感上は何ともない)

ユニット
DSCF0118[1].jpg

色々と見てみましたが、
やはりボイスコイルのある磁気回路内に
錆びの粉がボイスコイルと接触している様な感じ?

コーン紙を取り外してみないと分からないので
これ以上分解するのは危険なので止めました。

普通の音量(TVを見る程度まで)では問題ないので
このままにしておこうと思います...。


少し前のブログで紹介させていただいた
北欧ビンテージ家具屋さんのフェーバーさんより

GE-240のクッションが帰ってきました。

DSCF0119[1].jpg

葉巻型アームがカッコイイ!!

DSCF0120[1].jpg

DSCF0122[1].jpg

コイルスプリングとウレタンで構成された置き型クッションです。

メンテナンス前は、ウレタンが経年で劣化しかけていて
反発力がやや弱く、
フニャフニャ(笑)になる前の状態でしたので
ウレタンを新品に入れ替えメンテナンスをしていただきました。

パーンと反発して素晴らしい状態へ戻りご機嫌です。(笑)

自宅のTV観賞用に
北欧のイスをどれか一脚持って帰ろうと考えています...。

土、日は、
ノイズイレーサーの実験
バイオリンツイーターの試聴
ラダーケーブルの注文等
バタバタと対応しておりました...。(笑)
タグ:ウェグナー
posted by Lansing at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

ビンテージ北欧家具

お世話になっている家具屋さんを紹介します。

家具と言っても北欧の古い家具です。

どれも普通に50年とか経っていますが、(笑)
手入れして販売されていますので
使用するには問題なし、
ニトリやIKEAの家具と比べると
べらぼうに高いのですが、
一流デザイナーによるデザインの良さ、
木のクオリティーや作りの良さなどが素晴しくて魅了されます。

店もクソかっこいい(笑) ので
こういう感じがお好きなら
インテリアの参考にもなります。

スナップを撮りましたのでご覧ください。

DSCF1200[1].jpg

DSCF1201[1].jpg

DSCF1197[1].jpg

DSCF1198[1].jpg

DSCF1196[1].jpg

ブルーのGE-375は
座り心地抜群で座っていると寝てしまいます。(笑)
肘掛の先は珈琲カップなどが置けるように平らで大きくなっています。

DSCF1199[1].jpg

小物コーナー

見てたら珈琲の豆入れを買ってしまいそうでした。(笑)

DSCF1202[1].jpg

DSCF1205[1].jpg

DSCF1204[1].jpg

DSCF1203[1].jpg

DSCF1213[1].jpg

店の外観

DSCF1207[1].jpg

玄関横

DSCF1211[1].jpg

DSCF1209[1].jpg

この外観ですから
喫茶店と間違って入ってくる人がたまにいるそうです。(笑)

全てが統一されてくると
なぜか廃材利用の玄関ドアまで何だかカッコイイんですわ!

DSCF1212[1].jpg

案内プレート

DSCF1210[1].jpg

レジ後ろの書類入れ

DSCF1214[1].jpg

今回、
ウェグナーのクッションをメンテナンスしていただく為に伺ったのですが、
何度伺ってもオシャレで楽しい店だと感じます。(笑)

好きな方には買い物トラップが仕掛けてあるよなものですから
何かしら購入してしまうかもしれません。

店頭にはそんなにたくさんの展示はありませんが
2階の倉庫一杯に在庫がありますから
質問すれば色々出てきます。(笑)

店頭に伺えば商品化前の(メンテナンス前)物は、
お店のPCに保存してある写真で確認できます。

倉庫の奥の方にしまい込んでいない場合
お願いすれば現物も見せていただけますが、
メンテ前なのでイスなどはファブリックがボロイ事が殆どです。(笑)

ちなみに
店主は柔和な方ですので全く怖くありません。(笑)

今回伺った時、
店内をキョロつくと
かわいい子供用のイスを発見!

私が使っている店の作業用ちょい掛け椅子には、
丸いパイプ椅子の足を切って低くしたものを使っているのですが、
この子供用は丁度良いので買ってきました。

クアドラとキッズチェア
DSCF1215[1].jpg

めちゃチッコイけど
強度も有って、大人でもちゃんと座れます。(笑)

イージーチェアと比較
DSCF1216[1].jpg

こちらのお店を利用させていただくうちに店主と仲良くなりました。

行かれる方は私へ(SoundJulia)一声かけていただければと思います。
私からの紹介という事で、
何かしらの得をするかもしれません...。?

この家具屋さんは、
名古屋市名東区にある フェイバー さんです。


posted by Lansing at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする