2020年11月15日

メタルベース完成!

売り切れとなっておりましたメタルベースが完成しました。

チェック中...。
DSC01832[1].jpg

それから上記SJ-SI用のメタルベースは順調に売れるのですが、
SJ-FB用のメタルベースは殆ど売れませんので
残り20個ほどをSJ-FBとセットで半額でお売りします。

通常、SJ-FB+メタルベース1セット:¥13,200-
こちらを50%OFF:¥6,600-(税込み)
SJ-FB用メタルベースのみの場合は、1個:¥5,500-(税込み)

SJ-FB用は下記です。

左がSJ-FB+メタルベース 右がSJ-SI+メタルベース
DSC01846[1].jpg

要はメタルベースへ嵌めるドライカーボンの厚みが違います。
SJ-FBは5mm SJ-SIは10mmです。
メタルベースは、直径58mm 高さ25mm
DSC01847[1].jpg

話は変わります...。

以前、お客様からのオーダーで、
電源ケーブル先のIECプラグをメガネプラグへ変更するアダプターを作ったのですが、
使用する機器を変更したのでこのアダプターをメガネプラグ側でも
機器側へ3Pコンセントからのアースを落とせるように加工して欲しいとお願いされました。

以前のアダプター インレット⇒メガネプラグ
DSC01828[1].jpg

今回はインレットからの配線を電源2本とアース線1本の3本線にして
静電シールド加工を施し、アース線からリード線を出し、
先にミノムシクリップを付けてアースを落とせるようにしました。

メガネプラグの場合、差し込む向きの指定が無いので電源の極性が判らなくなります。
音を聴いて判断しても良いのですが、面倒なので
テスターを用意してアースを繋ぐ前にメガネプラグを挿し込んで電源ON
機器の対地間電圧が低い方を正しい方向として印をつけてアース線を繋ぎました。
対地間電圧は30V程出ていましたがアースを落としますと、もちろん0Vになりました。

当然ですが、アースループができないように他の機器のアース処理はしてあります。
対策後は、音が澄んで分解能が向上、音場も広くなりました。(^^♪
DSC01829[1].jpg

また話が変わります...

バイオリンを使用したハーモニクス生成装置バイオリントィーターを
センター1本の(L/R混合のモノラル)方式から
L,Rを独立させたステレオ方式の実験をしてみました。

眉唾と思われるかもしれませんが
高性能といわれるスーパートゥイーターを使用するより
リアリティー抜群で生っぽい出音に変化します。

バイオリンの音が響いて邪魔をする様なイメージを持ってしまいますが
そんなことは全く無いです。
後日もう少し詳しく説明します。

DSC01830[1].jpg
posted by Lansing at 15:46 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

CFRP ドライカーボンインシュレーター SJ-SI完成

完売となっていましたSJ-SIインシュレーターが完成いたしました。
既に10年以上販売させていただいている定番のインシュレーターです。
最近完成したメタルベースとの合体で素晴らしい効果を発揮します。

メタルベースは完売の為、
現在製作中となっておりますので完成しましたらお知らせいたします。

完成したSJ−SIインシュレーター
DSC01734[1].jpg

SJ-SIインシュレーターは音のバランスが良い定番商品ですからこれからも作り続けますが、
これを超える物にならないかと色々と試作して実験試聴しております。
カーボンの質が変われば音質も変わりますが、これという物がなかなかありません。
今までのSJ-SIと比べて大きくクオリティーを超えないと意味が無いので難しいです...。

カーボンの何をどうしたら更に良くなるのか模索しながら結果の統計を取っています。
表面を研磨してクロス柄の上の極薄な樹脂膜を除去してみました。
クッキリ感は減りますがS/N感が上がります。
DSC01731[1].jpg

表面のクロス柄を無くし樹脂膜も除去したCFRP
細部が高分解能となりS/N感も良くなりました。
DSC01730[1].jpg

カーボン繊維の方向を単一化、上下のみの繊維方向とした試作品
DSC01732[1].jpg

これに合わせたメタルベースも4個試作して嵌めてみました。
(右の1個は従来のSJ-SI+メタルベース)
S/N感が良く低域の分解能が上がり、やや穏やかな表現となりました。
DSC01733[1].jpg

クロスカーボンも取り去ったCFRPをメタルベースへ嵌めた感じです。
現在販売しているSJ-SIインシュレーターの上下面を
紙やすりで上手く削ると同じような感じになります。(簡単に削れませんが...)
S/Nが良くなり細部の分解能が上がりやや穏やかな表現となりますので
興味があればお手持ちのSJ-SIで試してみてください。
DSC01735[1].jpg

色々試していますが、
現在のSJ-SIインシュレーターを大きく凌駕して「スゲー!」みたいになりません。

自分で言うのもおかしなことですが、SJ-SI+メタルベースの完成度が高すぎて
結局、「これで良いじゃん」となってしまいます。(笑)
何個か購入いただいたお客様には理解していただけると思っています。(^^♪

まだまだ時間とお金が掛かる感じです...。

posted by Lansing at 19:31 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

クリーニングクロス、バイワイヤー、ロゴマーク

機器へ付けるマークが無くなったので新型を考案中です。

下の1枚が今までのオリジナル
上の4枚が本物のドライカーボン製で試作した物です。
ぱっと見、オリジナルの右上が良さそうかな
DSC01412[1].jpg

やはり右下のがハッキリ見えます。
今まではアルミ製でしたがドライカーボンで作ると高額になるのが...。
悩み中です。
こういうプレートを作っている又は作れる方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
DSC01413[1].jpg

バイワイヤー入力のスピーカーってショートバーやワイヤーを利用し
スピーカーケーブルは+-の2本で接続する場合が多いと思いますが、
本来なら高域用と低域用のケーブル2セットでアンプまで繋ぐ方が良いですし
もっと言うとステレオ再生の場合、
アンプは高域用と低域用で同じモノラルアンプ4台を用意し
マルチドライブするのがベストな使い方となりますが、
置き場所や予算的な問題などでそうされている方は10%も無いと思います。
そうなるとターミナルの繋ぐ場所で音が変わりますので悩みますよね...。
このY型アタッチメントで繋いだ場合、繋ぐ場所で音が変わるという事が無くなり
単線仕様なので音の芯が出て滲みの無い再生音になります。

DSC01409[1].jpg

接続は当店で販売している
マルチコンタクトプラグLS4(バナナプラグタイプ)を使用していますので
ねじで締め付ける方式と違い緩む事がありません。
また、バネの反発性能が違いますのでオーディオ用のバナナプラグの様に
数回抜き差ししたらグダグダになってユルユルという感じになる事は無いです。
DSC01410[1].jpg

KHC-77 ミラクルなクリーニングクロスです。
下の写真をクリック!

DSC01414[1].jpg
posted by Lansing at 11:31 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

Esoteric P-0カーボン化 DS-4NB70

直ぐに売約となりましたので新たにDS-4NB70を注文しました。

届いたスピーカーも商談中ですので店頭で試聴機になる前に売約となるかもしれません。
DSC01279[1].jpg

開梱すると、新品ではなくなるので商談終了まで開梱しません。
売れた場合の再入荷はメーカーの都合で8月末頃になると思われます。
DSC01280[1].jpg

DIATONE DS-4NB70が欠席中に(笑)
AIRPULSE A80をイケるところまで追い込みましたので
現在、驚きの出音で鳴っております。

それから上位モデルのAIRPULSE A200ですが、
輸入代理店変更時に販売停止となりましたが(A100も)
代理店変更後の国内在庫を現代理店が譲り受けて販売することになりましたので
A200のみ若干数の販売が可能となっております。
興味のあるお客様はお問い合わせください。
A200、A100、A80全て現物は店頭にありますので試聴可能です。

話は変わります...。
P-0カーボン化の天板や底板等が完成しましたのでチェックしています。
黒いのがドライカーボン 茶色は現物合わせのチェック用ベーク板

P-0本体天板 のぞき窓は塞いでいます。
DSC01282[1].jpg

P-0本体底板 
純正の足は音的にNGなのでSJ-SI+メタルベースを足とする為穴を塞いでいます。
DSC01281[1].jpg

電源の天板と底板
DSC01283[1].jpg

本体の足を外した後のキャップと電源のスパイク
DSC01284[1].jpg

本体足のキャップ
DSC01286[1].jpg

電源のスパイク
DSC01285[1].jpg

P-0と電源装置の天板や薄い鉄板の底板などをドライカーボンへ変更します。
足はSJ-SI+メタルベースへ変更します。

広いfレンジ、澄んだ音場空間、圧倒的な分解能とスピード、抜群の定位...etc。
オリジナルの厚くエネルギー感あるP-0の音を損なう事なくクオリティーUPすると思います。

P-0カーボンを購入されたお客様へ先にSJ-SI+メタルベースを8個お送りしてあり
違う機器へインシュレーターとして試していただいておりますが
お気に入りになられまして追加で注文を頂けるようです。

しかし現在メタルベースは既に完売...。
6月に製作依頼してあるのですがメタルを加工する工場の動きが悪く
オーダーした物が未だに完成しません...。

直ぐにお盆休みがやってきますので8月の下旬に完成すれば良い方かもしれません...。
お待ちいただいているお客様にはご迷惑をおかけいたしますが
今しばらくお待ち願います。



posted by Lansing at 19:55 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

KOJO DA-6 テスト

昨日の続きです...。

AIRPULSE A80のセッティングを更につめまして
KOJOの電源装置DA-6でクリーン電源化して音出しをします。

使用機器は下記(機器の詳細は青い文字をクリックしてください。)

昨日との変更点は、
X50Dの天板へインシュレーター(SJ-SI+メタルベース)を載せました。
A80のスピーカー天板へ上記のインシュレーターを追加しました。
X50DとA80のUSBケーブルのプラグ部分へResoiution noise eraserを付けました。
この状態でDA-6から電源供給しA80を鳴らします。

Youtubeの動画は下記の写真の様な感じで録画しています。
カメラやビデオで撮りますと、録音レベルを調整しても
小さな音は大きく、大きな音は小さく調整されますので
PCMリニア録音ができるSONY HDR-MV1で撮っています。
録音レベルはリニアとなりますのでボリュームを上げませんと音は小さく聞こえます。
ピークメーターはMAXまで振っていますのでダイナミックレンジは大きいです。

先にDA-6使用の出音、途中で一般的な壁コン電源へ繋ぎ変えます。
DSC01227[1].jpg

X50DとA80の2台という少ない機器構成でも電源で音質が変わります。
トランスポート、クロック、DAC,プリアンプ、パワーアンプなどの流れで使用している場合、
上流機器だけでもクリーンな電源で駆動すると機器買い替え以上の効果が有るかもしれません。

タグ:KOJO DA-6
posted by Lansing at 12:37 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

Noise eraser テスト

AIRPULSE A80を良い状態でセットして
カクテルオーディオ X50DとUSBケーブルで接続して鳴らします。

音出し機器としては下記の2台です。
・カクテルオーディオ X50D
・AIRPULSE A80

当店のFinest noise eraserをX50Dの天板へ載せた状態と
載せない状態での音の聴き比べをいたします。

先にFinest noise eraserをX50Dへ載せた状態を聴いていただき
途中で外して同じ曲を聴いていただきます。

DSC01195[1].jpg


Finest noise eraserは、機器の天板に置いて使用します。
こちらは載せるだけで1クラス上の上質な出音になります。
価格:1個¥25,000-(税別)

USBケーブル等のデジタル系、電源周りには
Resoiution noise eraserが有効です。
価格:¥1個¥10,000-(税別)

実際に効果を確かめたい方は店の方へご来店ください。
posted by Lansing at 16:26 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

Noise eraser

今月中旬に完売となってしまったノイズイレーサーが完成いたしました。

DSC01195[1].jpg

Resoiution noise eraserは、電源やデジタル系のケーブルに合います。
文字通りノイズ(不要な情報、雑味)を消して解像度が上がるという感じです。
価格:1個¥1万(税別)

Finest noise eraserは、機器の天板に置いて使用します。
こちらは載せるだけで1クラス上の上質な出音になります。
価格:1個¥25,000-(税別)

現在、仮想アースが流行りですが、
試してみると大地アースを落としてある機器に仮想アースを取りつけても音質は変化します。
仮想アースを構成している構造体をケーブルで機器と繋げる事で
機器本体へ何らかのエネルギーが作用して音質変化をもたらすのではないかと考えられます。

仮想アースにアース線を複数繋げることが出来る製品がありますが
各機器のグランドやケースを複数繋げますと
アースループができて改悪となりますので注意してください。

当店のノイズイレーサーは内部に特殊な鉱石を充填して金属で増幅しています。
機器とケーブルで接続しなくても置くだけでエネルギーが伝わりますので
アースループもできませんしセットも簡単です。
仮想アースと一部の考え方は似ていますので(ケーブルで繋ぎませんが)
仮想アースといえなくもないです。
オカルトアクセサリーといっていただいても結構です。

先日の事です...。
見た目は円筒形のカーボンに3本撚りの電源ケーブルと3Pコンセントプラグが付いた
仮想アースで、価格が¥60,000-程度の製品を試して欲しいと持ち込まれましたので
オーディオ機器が繋いである電源タップへ挿し込んで試聴すると
音が締まりキリッと立った感じへ変化して出音の切れ感は良くなったのですが
音楽表現が一辺通りで音色は寒色系になり硬めで楽しくない出音へ変化しました。

「これなら当店のResoiutionノイズイレーサーの方が効果的ですが...」といって
それを外し、Resoiution noise eraserを電源タップへ載せて聴いてもらいますと
音出し10秒程経ったところで
身を乗り出して「何ですかこれ?」と持ち込まれた方から声が出るほどの差が出ました...。
(アコギやボーカルが有機的で広く澄んだ音に変化...)

「別の所にあるエアパルスA80でも同じ結果ですよ!」っと言って
エアパルス用電源タップへ先に円筒カーボンを挿し込んだ出音と
Resoiution noise eraserを置いた音と聞いてもらうと
当店で売っている¥1万(税別)の
Resoiution noise eraserの方が優秀だと理解していただけました。

その他も色々とありましたが...
その中では革とセラミックで出来ている
TR-Pad-EXという¥18,000-(税別)制振アイテムを試すと
しなやかで滑らかS/N感の良い出音に変化して良かったのですが、
ハッキリ言って「何でこれが?」という感じのオカルト的な見た目...。
効果は判りますが、何故そうなるのかの理屈が解りません...。
弦楽器を聴かれる方なんかは好まれる出音ではないかと感じます。

まだまだ色々な物が作られているんだなぁ〜と感じた1日でした。


posted by Lansing at 16:16 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

SJ-SI+メタルベース

昨日行ったStereoSoundのソフト試聴のままの状態へ
SONYのXA5400ESへメタルベースインシュレーターを敷いて試聴しました。
最初はセットした状態で途中で外して同じ曲を聴きます。

メタルベース
DSC00905[1].jpg

CFRPのSJ-SIインシュレーター+メタルベース
DSC00903[1].jpg

SJ-SIをお持ちの方はメタルベースと組み合わせていただくと面白いのではないかと思います。



SJ−SIインシュレーター ¥5,000/1個(税別)
直径40mm 厚さ10mm 片面スパイク受け円錐凹加工あり

メタルベース ¥1万/1個(税別)
直径58mm 厚さ25mm 重さ420g

posted by Lansing at 14:37 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

定休日の出来事

Ultimateラインケーブルのプロトタイプ完成から
ケーブルをもっと上手に綺麗に作れないかと根を詰めて作っておりましたので
ブログも書いておりませんでした。
4セット8本製作する間に慣れてきましたので販売できる感じになってきました。

水曜の定休日は息抜きの為、
店から歩いて行けるお散歩程度の距離のところにドンキができたので拝んできました。
IMG_2298[1].jpg
1Fは食料品 ユニー
2Fはダイソーとドンキ

昔のドンキのイメージは商品がグチャグチャに積み上げて迷路の様な感じで売られていましたので
好きではなく行く気になりませんでした。
現代の新店舗はどうかと思いながら入店しましたが
ヨドバシカメラに似た凝縮感ある展示でグチャグチャ感は無く安売りのお宝さがし感がありました。
見てたらついつい買い物してしまいました。(笑)
昼食のついでに見に行きましたので次回はゆっくり見て回りたいと思います。

今日の定休日は名駅のJRゲートタワーにある美登利寿司へ行ってきました。
名駅前の道路も百貨店も空いていましたが、美登利寿司は11組待ち(約30分)でした。
写真の他にカニ味噌サラダと茶わん蒸しが付いています。
みそ汁を無料サービスで頂きました。¥2,200-(税込み)
IMG_2299[1].jpg

電源ケーブルをReferenceグレードからUltimateグレードへバージョンアップ依頼を受けましたので
明日はその改良とUltimateラインケーブルを完成させる予定です。

また、ステレオサウンドの高音質ソフト「ピンクレディー」等が近日届きますので
届いたら試聴の様子をYouTubeへUPする予定です。
posted by Lansing at 17:54 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

Ultimateラインケーブル

緊急事態宣言中は研究する時間がありましたので
Ultimateパワーケーブに続きラインケーブルを完成させました。

製作途中 加工内容は秘密
1DSC01116[1].jpg

シールドを加工する時に出る編み組のカス
これで1本を加工する時の半分ほどです。
DSC01115[1].jpg

基本構造となるReferenceケーブルを基にした究極構造を形にする為、試作3セット目で完成しました。
先行販売しているReferenceケーブルでも高S/Nで分解能も高く満足できる出音と感じておりますが
Ultimate構造にした場合、Referenceケーブルを遥かに超えた出音になりました。
DSC01117[1].jpg

手間が掛かるので1日1ペア製作が限界...。
Ultimateパワーケーブル等も試された事がある方ならわかりやすいのですが、
超高分解能で速さを感じない程のハイスピード
完璧な音像定位、ド安定で揺るぎのない出音
明確で波動を伴う低域のトルク感
硬くも緩くも無く鮮度感は抜群
ワイドレンジで多彩な音色と音楽性を有するケーブルです。
ラダーケーブルとも違いますし
有名ケーブルメーカーの音とも違います。
何だかよく解らない事と思いますが作った本人が聴いてビックリ!
完成して直ぐにこの感じですから
明日まで連続でエージングして再び試聴してみたいと考えております。

この方式で内部の芯線をWesternElectricの線材で作ったら
ワイドレンジで高分解能なWesternElectricのケーブルができると思います...。

posted by Lansing at 17:27 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

Western Electric 22AWG 錫メッキ 絹巻 銅単線 スピーカーケーブル

お客様手持ちのWE線材に
当店で販売しているマルチコンタクトプラグをハンダ付けして欲しいという依頼があり
送られてきたWesternElectricの線材の状態が良好でしたので早速取り付けました。

マルチコンタクトプラグへハンダ付けしています。
DSC01111[1].jpg

マルチコンタクトプラグ16個取り付け完了!
白い印は方向性を合わせる為に付けています。
DSC01113[1].jpg

オーディオ用スピーカーケーブルの構造で
太い方の導体は低域用で細い方が高域という構造の物が多々ありますが
可聴範囲の周波数程度なら、どちらでも良く通ると思います...。

色々なケーブルを聴き比べてみると
相対的な聴感上の感じとして太い方が音が厚く細いと痩せている感じは受けますので
太い方を低域側へ繋ぐと音が厚く出るでるとか
迫力が増します等の表現にした方が良いのではないかと思います。

今回のWE線材
AWG 22=0.6438mm
=0.3256 SQ
極細で長さは5mですが、出音はどうなんでしょう?

直径0.64mmの極細ケーブルですが完成後に試聴してみるとfレンジに狭さを感じませんでした。
細い線だと低域が通らないという事は無いと思います...。

記録に残す為YouTubeへUPしました。


数日前のゴールデンウイーク中の事です。
当店も含め周りのお店は休業しているお店が殆どでしたが
長蛇の列ができているお店もありました。
あまりの格差になんだかなぁ〜と....。

IMG_2294[1].jpg





posted by Lansing at 15:15 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

ドライカーボン分電盤 山崎川の桜

ケーブルやドライカーボン分電盤を製作しております。
ブレーカー取り付けのネジをキャップボルトへ変更して取り付けしました。

DSC01017[1].jpg

こんな感じ...。
DSC01015[1].jpg

次は配線ですが、
100V回路も200V回路も幹線からの分岐ではなく
パラで配線する事を考えております。
DSC01016[1].jpg

昨日の昼食後ですが、店から歩いて行ける名古屋の名所「山崎川の桜」を観てきました。

DSC00982[1].jpg

DSC00984[1].jpg

DSC00980[1].jpg

見どころが近くなると人が増えます。
DSC00992[1].jpg

DSC00985[1].jpg

DSC00986[1].jpg

DSC00987[1].jpg

DSC00991[1].jpg

DSC00995[1].jpg

DSC00989[1].jpg

DSC01000[1].jpg

DSC00996[1].jpg

公園は子供や母親でにぎわっていました。
DSC00997[1].jpg

DSC00999[1].jpg

DSC01003[1].jpg

DSC01001[1].jpg

8〜9分咲きという感じです。
日曜日頃が満開と思います。
DSC01004[1].jpg

DSC01002[1].jpg

DSC01006[1].jpg

DSC01005[1].jpg

DSC01012[1].jpg

DSC01007[1].jpg

DSC01011[1].jpg

DSC01010[1].jpg

一番賑わっているところへ行ってみると(写真は金曜の平日です)毎年と変わらない光景...
コロナウイルスの影響で人が少ないとは感じませんでした。
平日でこの感じなら満開となる土日で晴れたら人も満開(笑)になるかもです...。

DSC01008[1].jpg

余談ですが、
今、docomoでギガホ・ギガライトを契約しているとAmazonプライムが1年無料となりますよね
プライム会員となり無料でAmazonMusicを楽しむ場合
カクテルオーディオをお持ちでしたらiサービスから楽しむことが出来ます。
利用しているお客様の感想は、
コントロールアプリのMusicX NEOで操作すると素晴らしい使い心地という事ですので
店のX50Dで試してまた報告いたします。

posted by Lansing at 12:17 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

WesternElectricケーブルサウンド記録ビデオ

WesternElectricの線材で作ったケーブルを使用して音出ししたビデオを撮りました。
記録としてブログへ残します。

DCP:トライオード:TRV-CD6SE
アンプ:ジェフロウランド・コンセントラ
スピーカー:TANNOY・SuperRedMonitor

使用したCD
DSC00928[1].jpg

こんな感じのところで音出し
DSC00929[1].jpg

ビデオで録画してYouTubeへUPしていますので
現場で聴くのとは違いが生じますが雰囲気だけでも伝わると思います。

WesternElectricのケーブルを使用すると
音質を聞きに行かなくなり音楽のみを聴く感じになってしまいます。

音が濃くて音楽の表現が豊かで、厚く太く安定した中低域が音楽を支えます。
聴き心地が良く、聴いていると耳と脳が洗脳され(笑)
レンジ感や分解能等が生に近いと錯覚してしまいます。(^^ゞ

今回、全くオリジナルの状態ではなく多少改良しましたが、
TANNOY・ジェフロウランドの持つ特徴をWesternElectricの線材が、かなり消しています。(笑)
恐ろしい程の支配力!(@_@)

このブログ内のビデオ枠で観るのと、
ここからYouTubeへ飛んで観るのとでは音質が異なりますので試してみてください。
是非ヘッドフォン使用、⚙マークで1080Pの高画質で視聴願います。
録音レベルはリニアでALCは効かせていません。
録音時にダイナミックレンジの圧縮が全くなく無編集でUPしておりますので
ボリュームは大きめで聴かないと音量が小さくなります。


以下余談です。
毒を吐きますのでお許しください。
ハマらない為と言うか偽物を聴いてこんな物かと思われるのも変な話になりますし
WesternElectricの音が、良い悪い(好きか嫌いか)も別としての話となります。

何年か前の事ですが、WesternElectricの線材を復刻したから聴いて欲しいと
何処の大学だったか忘れましたがケーブルが送られてきて試聴した事があります。

AIW社で当時と同じ様に作ったケーブルという事でしたが、
見た目は被覆の感じがちょっと違う程度で見分けがつかない程の出来栄えでしたが
音を聴いてみると、過去のAIW社製のケーブルの音とは全く別物...。

試したら試聴レポートとケーブルを送り返して欲しいとありましたので
似て非なりの内容でレポートを書いて返却しましたが
その後は全く音沙汰なし...
お付き合いはありませんので、
その後、何かしらの改良を施したかどうかは?

送ってきたケーブルは試作品なのか実際に販売する段階ものか分かりませんが、
聴いて解らない方々が復刻品を企画している考えると...。

現在この復刻ケーブルを売っているのかどうか分かりませんが
WesternElectricのケーブルの音とは全く違うと感じますので
単なるAIW社製のケーブルと考えた方が無難です。

音質的には、故・長岡鉄男がスピーカーケーブルとして推奨していた
電力用のキャブタイヤ―ケーブルの方が安くて良いですし
本物か偽物か当たるか外れるか判りませんが
ヤフオクで売られているWesternElectricの線材を
色々と買って試した方が良い結果になるかもしれません。(笑)

無難なところでは
ホームセンターの切り売りケーブルコーナーで売っている1m¥100-代で買える
タフピッチ銅のビニールケーブルは
下手なオーディオブランドのケーブルより高音質だったりする事があります。(笑)

10年以上前に入手した古いAIW社製のケーブル
DSC00930[1].jpg

AIW製でルーセントテクノロジー(WesternElectric)
DSC00931[1].jpg

DSC00932[1].jpg

もっと古い物の場合、錫メッキの感じもケーブルの臭いも違います。
古い線材の方がメッキが綺麗で研磨したかと思う様な光沢があり音はさらに濃く深いです。

タグ:WesternElectric
posted by Lansing at 14:33 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

最近の事...。

コロナウイルスで騒がれている中、
金、土、日と、ご来店者様が多くビックリしました!(^-^;

DIATONE DS-4NB70の試聴希望、
オーディオルームの相談、
TRV-CD6SEの試聴希望、
MUSASHIの試聴希望など...。

現在、TRV-CD6SEとMUSASHIはメーカーさんがキャンペーン中です。
4月30日までにお買い上げいただいた場合、
何と!¥10,000-のQUOカードがゲットできますので
この機会を逃さないように購入いただくとお得かと思います。

空いた時間や店の営業時間終了後、ケーブルを作っております。
これらを完成させると特注のスピーカーケーブルや電源ケーブルの製作が待っています..。
DSC00924[1].jpg

お得意様より特別にお願いされ、
私個人所有のWesternElectricのケーブルも加工しました。
現状この下の写真のRCAライン用を
耐久性と使いやすさを考慮して改良しました。
このRCAプラグの先だけのピンですが、WBTやカルダスの高級プラグと付け替えても
このピン先だけのチープな物の方が音質は良好なんですが持ち手が無いので使い勝手が悪い...。
DSC00927[1].jpg

綿のジャケットが解れないようにする為、パンドウイットの編み組を被せ
ケーブルとプラグの根元で導体の金属疲労が起きにくい様にしました。
DSC00925[1].jpg

プラグは色々試してこちらの物が良かったので付けまして
ハンダもピンだけの時に使用した物とは替えました。

WesternElectricのケーブルで
電源ケーブル(3Pコンセント---IECプラグ)も作りました。
WesternElectricのケーブルのままだと絶縁や耐久性が怖いので
加工してシールドを掛ける等、性能をUPする様に色々試して作り上げると
いい感じに仕上がりましたので、現在エージング中です。
別の用件でご来店されたお客様に聴いていただくと、
「濃くて、音楽性が抜群に良い」
「劇場と言うかライブを観ているかのような音楽の再現になって楽しい!」
「聴きたいと思う必要なところが出てきて楽しい」
「こんなの聴かせたら欲しくなるからダメじゃん!」等の高評価でしたので
明日梱包してお送りしようと考えております。(^^♪
DSC00926[1].jpg

当店は消毒用のアルコールは、コロナウイルスで騒がれる前から用意がありますので
ドアの取っ手やスリッパは毎日拭いております。(^^ゞ
DSC00923[1].jpg

近所にある桜の名所、山崎川、
店の定休日3月12日の様子
DSC00912[1].jpg

DSC00913[1].jpg

良い天気でしたので、お散歩している方を結構見かけました。
ここまで来たので近江屋精肉店でコロッケと肉を買いました。(笑)
DSC00914[1].jpg

DSC00915[1].jpg

最近のマイウ〜

バンチャ 
付属のサラダ
DSC00907[1].jpg

付属のスープ
DSC00909[1].jpg

メインのカレーセット
DSC00910[1].jpg

別注したチーズナン メチャンコ美味いんです!
DSC00911[1].jpg

うるぎ
天ぷらうどん
IMG_2264[1].jpg

近所の和食屋さん 
コロナウイルスの影響でお客様40%減だそうです。
お刺身定食 更に茶わん蒸しが付いています。
IMG_2271[1].jpg

活きアジ(ピクピクしてます)
IMG_2272[1].jpg

日を変えて、エビふりゃ―定食
IMG_2273[1].jpg

僅かながら売上協力しました。
生ガキ! 大サイズ¥1,210-
IMG_2274[1].jpg


タグ:WesternElectric
posted by Lansing at 19:09 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

メタルベース

DSC00903[1].jpg

売り切れていたSJ-SI用のメタルベースが50個完成いたしました。
予約分を除くと現在の在庫数は34個です。
(完売した場合、また製作します。)

無垢の積層ドライカーボンSJ-SIインシュレーターを嵌めて使用します。
SJ-SIのポテンシャルをさらに引き出し
レンジ感、S/N、エネルギー感、中低域の腰の据わりが良くなります。

金属製ですが、「キンキン、チンチン」した感じは皆無です。
SJ-SIをご愛用していただいているお客様、これと組み合わせて音の入口機器でお試しください。

メタルベースは1個:¥1万(税別)
SJ-SIは1個:¥5,000(税別)
DSC00905[1].jpg

0.5mm SJ-SIが凸となって飛び出る様に設計していますので
機器と接触する部分はドライカーボン面のみとなります。
多用した場合、変な癖が出てくるという様な事も無いです。
全ての機器足に使用した場合、純正足のだらしなさがよく解ると思います。(笑)
DSC00906[1].jpg

今日の名古屋は雨が強く降っています...。

今からWesternElectricの線材を使用したケーブル
オレンジ君ケーブル
スピーカーケーブル等を製作します。

店で飲むコーヒー用の豆を買いました。
今回も加藤珈琲ですが、
名古屋らしく(笑)しゃちブレンド!
豆を挽いて珈琲を淹れると店中にアロマが充満して2時間ぐらいは香ります。(^^♪
DSC00902[1].jpg
posted by Lansing at 16:40 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

Aray MKUSE

先に年末年始の営業についてお知らせをさせていただきます。
(12月29日〜1月5日までお休みとさせていただきます。)

TRV-CD6SEや下記の電源装置をお借りしていますので
お休み中に店で何か行っている場合もあります。(笑)

KOJO最高峰の電源装置をお借りしました。
Aray MKUSE 受注生産品
容量1200VA
DSC00601[1].jpg

DA-6 3台とAray MKUSE 電源バカ化したみたいな見た目...。
DSC00600[1].jpg

年の瀬ですが興味は尽きる事無く色々と試しております。

スタンダードグレードの電源ケーブル (プロトタイプ)
DSC00602[1].jpg

明日は、新築オーディオルームと終の棲家にて
電源工事と秘密のテストです。

最近の外食
DSC00565[1].jpg

今年も1年間ありがとうございました。
それではよいお年をお迎えください!

タグ:KOJO DA-6 TRV-CD6SE
posted by Lansing at 18:38 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

ケーブル

ケーブルを弄っております。
いま流行りのインフルエンザではなく電線病になりました...。(^-^;

試作4作目のプロトタイプ
DSC00423[1].jpg

ケーブルの構造を変えていますので普通の2芯又は3芯のケーブルとは違います。
色々と試作して結果は良好ですので使用する素材の決定と見た目を良くします。

昨日、新築オーディオルームと終の棲家のお客様が来店されましたので
用件が済んだ後、ケーブルのプロトタイプを試聴していただきましたところ
大変お気に入りいただき電源装置DA-6から機器への電源ケーブルと機器間のラインケーブル全てを
現在試作を繰り返している新規構造のケーブルへ変更依頼を受けました。

お客様のシステムは、3Pコンセントへ3Pコンセントプラグの電源ケーブルを使用
機器側はインレットプラグとIECで繋いでいる機器がありますので
IECプラグのアースが機器のケースへ落としてあれば
複数台この感じで電源を取るとアースループができてしまいますので
先にアースループができない様に結線と手直しをして
新型ケーブルは基本構造で製作して繋いでみようと考えております。

アースループができない様にするだけで、
エッ!っと感じるほどの音質が改善しますので楽しみです。






posted by Lansing at 18:06 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

インダクター

お客様から注文を受けていたインダクターをTVの電源回路でエージングしていたのですが、
昨日、そのお客様がご来店されたのでお渡しいたしました。

インダクターをTV用のコンセントから抜いた途端
お客様が「奥行き感が悪くなった...」と つぶやいた...。

YouTubeを利用して見直してみると
奥行き感や白の綺麗さダイナミックレンジが下がった様な画になってしまったので
先ほど暇な時間を利用してTV用のインダクターを作りました。

DSC00421[1].jpg
YouTubeもご機嫌な綺麗さに戻り音質や音の定位も良好になりました。

有機ELや4K高画質TVやスクリーンで映画を観ている方の場合
KOJOの電源フィルター S1Pを付けてみてください。
画がスッキリとクリアーになり音も抜けが良くなります。

地デジ、YouTubeも綺麗になりますので付けたり外したりして試すと面白いです。
このフィルターはサージアブソーバー付きですので雷対策にも有効です。

電源回路へノイズフィルターを入れるとぬるっとして抜けの悪い立たない音になる場合が殆どですが、
このS1Pはその逆の効果となりますのでフィルターで改悪になった経験がある方にもお勧めです。

そして更に欲張る場合当店のインダクターを追加すれば
何も対策していない電源で観る時とかなりの違いが出ると思います。
もちろん余裕のある方の場合は電源装置を利用するとそれ以上のご利益がありますが
費用対効果で考えた場合、S1Pフィルターがコスパは抜群です。

forcebars1p_eye[1].jpg

今手掛けているオーディオルームで使用する電源ケーブルを利用してタップ用の電源ケーブルと
機器用の電源ケーブルを試作してみたのですが、良好な結果となりましたので
AIRPULSE様のケーブルを作る事とします。

恒例の外食
店の裏の 創作旬彩 崎さんでエビフライ定食:¥1,000-(税別)
DSC00417[1].jpg

エビは3本 タルタルソース付き
DSC00418[1].jpg

お刺身(日によつて変わります。)
DSC00419[1].jpg

パイナップルが甘かったです。
DSC00420[1].jpg

posted by Lansing at 15:40 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

ケーブル作りに勤しんでおります。

男の隠れ家オーディオルームで使用するオーディオ専用電源のケーブルが入荷しました。
このケーブルで機器用の電源ケーブルを作って試聴してもスピーカーケーブルとして試聴しても
高額で販売されているブランド品のケーブルを購入するのがバカらしくなるほど高音質です。

DSC00345[1].jpg

現在、試作中のパワーケーブルを改良しました。
プロトタイプで見た目が悪いのですが効果は十分で
ワイドレンジ高分解能でナチュラルなサウンドになっています。

DSC00347[1].jpg

エアパルス A100も売れております。
DSC00346[1].jpg


最近の昼食 
まこと屋 植田店 親子煮込み
DSC00328[1].jpg

個人的評価ですが、まこと屋さんは本店は麺も味もユルイです。
入店するとお年寄り客が多いのでこの様にしているのかもしれません...。
天白店は一本筋が通っているかのように麺は弾力があり腰が強く
味は出汁が効いて、ちょい辛めで濃いのですがスッキリして抜けが良い味です。
植田店は天白店寄りですがビシッとした感じが無いです。

味噌煮込みの場合、卵は直ぐにかき混ぜてしまって、
万珍軒の卵とじラーメンのようにして食べるのが好きです。(笑)
DSC00327[1].jpg

牛カツの看板につられて入店し食しました。店名は忘れました...。
DSC00343[1].jpg

DSC00344[1].jpg

うるぎ カツカレーうどん
見た目以上にアツアツなので、カツも麺もバクっと食べると火傷します。(笑)
DSC00332[1].jpg
posted by Lansing at 17:18 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

バランスケーブル

最近はオーディオルーム造りの為の出張で外出が多かったのですが、
店に居る時の隙間の時間を使いケーブルを作り実験を繰り返しています。

基本的な構造を変えて試作しています。
DSC00288[1].jpg

これを踏み台として色々と作りました。
店で試聴するとこの後のモデルは明らかに良くなっていますので
以前DS構造のラダーケーブルを購入いただいたお客様にご協力いただいて
ご自宅で試聴させていただく事に致しました。

取り扱いをさせていただいているラダーケーブル(ラダークラフトセブン製)も
ケーブル構造としては普通と違い音を聴くまでは理解できないものですが、
今回試作しているケーブルもケーブルを作る時の常識を更に詰めて考えた構造にして
S/Nを向上させ情報量を多く伝送する事を目的としました。
プロトタイプは完成しましたので更に詰めて完成させたいと考えています。

昨日の昼食
お隣の中華料理屋さんで からあげ定食:¥750-
DSC00312[1].jpg

DSC00313[1].jpg

明日はお客様宅(新築オーディオルームと終の棲家)にて
午後からJBL4355をスピーカースタンドへ載せますので店は夕方まで閉まっています。



posted by Lansing at 18:26 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする