2008年01月29日

JBL4338

DSC00013.jpg今日は雨、音も重たい
ハーツフィールドも歌わない...。
今日は在庫のJBL4338を少し眺めた。
これは現行型のスタジオ・モニター・スピーカー
旧モデル、JBL4333の後継機という位置付けでしょうか
大きなホーンがカッコイイ!!
4333は、音の切れが良くクールで鋭く尖った感じの
鮮烈サウンドを発するスピーカーでしたので
このモデルもホーンから音がぶっ飛んで来るのかと思いきや
ワイドレンジでフラット基調、実にまじめなサウンド
現行型のJBLモニターは、しなやかな感じになり
音の粒子が細かく、耳に突き刺さる攻撃的な音はあまり出なくなった
しかし、エネルギーの高い音がグッと出てくる感じは
JBLスピーカーその物で、低域の下がる感じや
ドスッと来る重低音は、古いJBLには無い音ですね
ホーン臭い感じや高域の強調感、カンカンと硬く固まった音
中音域の濃くて臭みのある音は今のモデルには全く感じない...。
喜んでよいのか、喜べないのか?
進化とは凄いものです。
個人的には、古いモデルの臭い音がする
コンシュマー用JBLも好きですし、
モニター系では、4333,4331,4313なども好きな機種です。
タグ:JBL4338
posted by Lansing at 20:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、オーディオファンです。
4338は、いいですね。4429をそのまま大きくしたような。
4338を大きくしたのが、4365ですね。
4429は聴いた事が何回もあります。4338も同じ系統の音とすると、滑らかな音です。
4343、4344とは、違いますね。
4338は、箱の容積は、150リットルですから、6畳間にも
入れられますね。
中古品で、ペア50万円未満で買えます。
狙うべきか。
Posted by 福井睦憲 | URL | 2019年08月26日 16:52
福井様

コメントありがとうございます。
4338 このグレードのスピーカーが¥50万以下で買えると考えると安い買い物ですね! (^^♪
マークレヴィンソンのパワーアンプで鳴らすと腰の入った音で鳴ります。
Posted by Lansing | URL | 2019年08月26日 19:33
また、投稿します。店長とは、スペックが似ています。
私は、1962年生まれ、身長167センチ、体重59キロです。
血液型は、O型です。

4338は、ハイファイ堂で、438000円でした。
送料は、15000円ですが、10000円は、当社が負担するので、消費者は、5000円でいいそうです。
美品なので、売れてしまうと思います。

3週間に一度通っている、クリニックに4333Aがあります。
いつも、インストルメンタルのジャズを流しております。
昔ながらの、4333みたいのが良いのか?
それとも、まろやかなる4338みたいのが良いのか?
ですね。
それでは、失礼致します。

追伸
御社は名古屋ですね。ハイファイ堂も名古屋店がありますね。
私は、札幌市に住んでいます。オーディオに関しては、
田舎です。
Posted by 福井睦憲 | URL | 2019年08月28日 08:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック