2020年10月23日

CFRP ドライカーボンインシュレーター SJ-SI完成

完売となっていましたSJ-SIインシュレーターが完成いたしました。
既に10年以上販売させていただいている定番のインシュレーターです。
最近完成したメタルベースとの合体で素晴らしい効果を発揮します。

メタルベースは完売の為、
現在製作中となっておりますので完成しましたらお知らせいたします。

完成したSJ−SIインシュレーター
DSC01734[1].jpg

SJ-SIインシュレーターは音のバランスが良い定番商品ですからこれからも作り続けますが、
これを超える物にならないかと色々と試作して実験試聴しております。
カーボンの質が変われば音質も変わりますが、これという物がなかなかありません。
今までのSJ-SIと比べて大きくクオリティーを超えないと意味が無いので難しいです...。

カーボンの何をどうしたら更に良くなるのか模索しながら結果の統計を取っています。
表面を研磨してクロス柄の上の極薄な樹脂膜を除去してみました。
クッキリ感は減りますがS/N感が上がります。
DSC01731[1].jpg

表面のクロス柄を無くし樹脂膜も除去したCFRP
細部が高分解能となりS/N感も良くなりました。
DSC01730[1].jpg

カーボン繊維の方向を単一化、上下のみの繊維方向とした試作品
DSC01732[1].jpg

これに合わせたメタルベースも4個試作して嵌めてみました。
(右の1個は従来のSJ-SI+メタルベース)
S/N感が良く低域の分解能が上がり、やや穏やかな表現となりました。
DSC01733[1].jpg

クロスカーボンも取り去ったCFRPをメタルベースへ嵌めた感じです。
現在販売しているSJ-SIインシュレーターの上下面を
紙やすりで上手く削ると同じような感じになります。(簡単に削れませんが...)
S/Nが良くなり細部の分解能が上がりやや穏やかな表現となりますので
興味があればお手持ちのSJ-SIで試してみてください。
DSC01735[1].jpg

色々試していますが、
現在のSJ-SIインシュレーターを大きく凌駕して「スゲー!」みたいになりません。

自分で言うのもおかしなことですが、SJ-SI+メタルベースの完成度が高すぎて
結局、「これで良いじゃん」となってしまいます。(笑)
何個か購入いただいたお客様には理解していただけると思っています。(^^♪

まだまだ時間とお金が掛かる感じです...。

posted by Lansing at 19:31 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。