2020年10月02日

TRV-CD6SE ブラックモデル

コスパ抜群のTRV-CD6SEをお買い上げいただきまして
コンタクトオイル塗布の処理を承りました。

TRV-CD6SEの通常色はワインですが、限定でブラックモデルもあります。
定価:¥28万(税別)

小型CDPですが、多機能でMQA-CDの再生も可能です。
CDの再生は44.1KHz/16bitのノーマル再生の他
アップコンバート(352.8KHz/32bit又はDSD5.6MHz)の再生も可能です。
DA後のアナログ出力は、
一般的な半導体バッファの他、真空管バッファのアナログ出力も付いています。
そしてクロック入力も可能
また一般的な同軸や光のS/PDIFの他、I2SのデシタルOUT(HDMI)も付いています。

安売りの実売価格はAmazonや価格.com等で調べますと現在¥263,340-です。
当店は店頭展示販売店で当機種を取り扱っております。
販売価格はお問い合わせください。

到着!
DSC01422[1].jpg

開梱
DSC01423[1].jpg

TRV-CD6SEこんにちは!
DSC01425[1].jpg

電源のフューズ、インレットから早速処理します。
DSC01427[1].jpg

フューズ 接点の金属部分がやや白いので磨いてから処理しました。
DSC01428[1].jpg

ネジ4個を緩めボンネットを外します。
樹脂ワッシャが3つで爪付きワッシャが1個
爪付きワッシャで金属製のボンネットとシャーシアースを1点で結合させている感じです。
DSC01429[1].jpg

みっちり詰まっています。
持てばわかりますが見た目以上に重たいCDPです。
DSC01430[1].jpg

インレット裏の接点 電源周りも効きます!
DSC01431[1].jpg

基盤のハーネス
DSC01433[1].jpg

こちらも こういう信号系も効果的です。
DSC01432[1].jpg

電源スイッチ裏の基盤、フィルター回路などが付いています。
DSC01434[1].jpgDSC01435[1].jpg

キッチリ戻しました。
基盤を持ち上げているスペーサーは高剛性な金属製!
DSC01436[1].jpg

真空管の足やヘッドフォン回路へ至る配線、ドライブメカへ渡る配線なども処理して戻しました。
DSC01439[1].jpg

黒は引き締まって見えますね!
しかしホコリやクロスキズは目立ちますね...。
DSC01440[1].jpg

動作テスト問題無し! 明日の納品となります。

それからこの場を借りてのお知らせです。

AIRPULSE A80ですが、輸入代理店さんの方で売り切れとなっております。
入荷は10月下旬から11月上旬となりますので購入予約受付いたします。

また10月4日(日曜)ですが、姪の結婚式へ出席の為、店はお休みとなります。

よろしくお願いいたします。
posted by Lansing at 14:00 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。