2020年07月12日

JBL D30085 HARTSFIELD メンテナンス後の音出し

少し前のブログでハーツフィールドを久しぶりに弄りましたが
最終的な調整も完了しましたので記録の為、動画を取りました。

こちらの店で聞いた覚えがあるという方も多いと思いますが、
今までの出音の感じとは違い、
前の(千種区星が丘)前の(天白区植田)店舗時代の出音に近い感じです。

HARTSFIELD
DSC01210[1].jpg

使用機材
・カクテルオーディオ X50D
・DiDiT DAC212SE
・コンサートフィデリティー ZL-120
・HARTSFEILD (075+375+150-4C)
YMMAHA YST-SW1000L

・KOJO DA-6 (電源装置)2台
・サウンドジュリアオリジナルのケーブル、
 メタルベースインシュレーター、ノイズイレーサー等

空気録音です。


ビンテージスピーカーの出音=大きなラジオの様な音 
という様な感じは無いと思います。

リズム系でビシバシ来る音源
下記もしくは写真をクリックでビデオが視聴できます。
DSC01226[1].jpg

澄み渡る様な美音ですから高域の歪が少なく伸びが良くないと面白くない音源です。
手持ちで録画しましたので揺れます。

下記もしくは写真をクリックでビデオが視聴できます。
DSC01225[1].jpg

posted by Lansing at 15:55 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。