2020年05月29日

ケーブルとステレオサウンドのソフト...。

今日一日がかりでパワーケーブルのバージョンアップUltimate化と
Ultimateラインケーブルを完成させました。

DSC01122[1].jpg

パワーケーブルは絶縁テストと試聴をいたしましたが問題無いのでお客様のご自宅へ発送します。
今回のご依頼はノーマルグレードのReferenceと最上級のUltimateを聴き比べていただいた結果
「聴き比べると元に戻れませんね...」という事になり
ReferenceグレードをUltimate化して揃えるという事になり行いました。

お客様宅のX50D--DAC212SE--アンプの全てがUltimateとなりましたので
次はラインもUltimate化すると更に...(^^♪

ステレオサウンドのソフトが送られてきたので試聴してYouTubeへUPする予定でしたが
ケーブル工作で私のやる気が電池切れ(笑)となりましたので次回にいたします。

レコード
DSC01123[1].jpg

SACD&CDなど
DSC01124[1].jpg

今回のレコードのお初は五輪真弓とアリスですが、
五輪真弓のレコードは高分解能で驚きました。
アリスはチャンピオンがよいですね!

CD派の方がよく言われる事ですが
「SACDよりCDの方が中低域がしっかりしていて音楽の表現が良い...」
私も従来のハイブリット盤やSACDが出始めた頃のソフトは特にその様に感じる場合が多々ありましたが
ステレオサウンドのソフトの場合、オリジナルマスターテープを引っ張り出し
改めて高音質録音している為か、SACDの出音は驚くほど良好で、
fレンジ感や分解能はもちろん、ダイナミックレンジや分解能等もかなりの差をつけます。
ハイブリッド盤も差が出ますが、シングルレイヤーのディスクは流石と感じます。

大滝詠一やオフコースは懐かしさのある良い音ですし
ピンクレディーは当時のクリアな電子音が聴けますしエコーのかかり方が良く解ります。
CD盤はCDなりに高音質ですが、
もう終わりそうなSACDが今になって良い音になってきたか!という感じです。(笑)

CD等の板を回して聴くという行為はオーディオマニア以外の方はすでに過去のお話になりそうな今ですが、
ステレオサウンドの高音質ソフトや最近出たMQA-CD等も含め頑張っているな!って感じます。

後日YouTubeへUPします。
posted by Lansing at 18:14 | Comment(0) | アナログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。