2020年02月22日

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ 2020

名古屋国際会議場でお行われたオーディオフェスタへ行ってまいりました。
雨降りとコロナウイルスの影響で賑わいは無いと予想していましたが
そんな事も無かったです。

写真をサラッとUPします。

小さなマッキンが可愛い感じでした。
DSC00781[1].jpg

DSC00784[1].jpg

トライオードブースにDINAUDIOの高級スピーカーが!
TVR-CD6SEとMUSASHIでガンガンに鳴らしていました。(笑)
今風にYouTubeを視聴するデモなども行い角田氏の解説なども面白かったです。
DSC00787[1].jpg

DSC00789[1].jpg

マジコ!
スッキリした高域に厚くしっかり出る低音
DSC00782[1].jpg

DSC00788[1].jpg

DSC00780[1].jpg

DSC00783[1].jpg

DSC00785[1].jpg

DSC00786[1].jpg

エソテリック
DSC00792[1].jpg

DSC00793[1].jpg

DSC00791[1].jpg

DSC00796[1].jpg

エステロン!
日本で取り扱いになる前の事ですが、
当店で取り扱っているコンサートフィデリティー(CF)が
海外のオーディオショーで採用して鳴らしたスピーカーです。
その後、日本のエストニア大使館で行われたパーティーにCFは呼ばれ
その会場でCFの機器を使いエステロンを鳴らしたという事を思いましました。
DSC00794[1].jpg

DSC00795[1].jpg

DSC00790[1].jpg

何時もセンターに飾られているお花が印象的
今回は百合の香りが漂っていました。
DSC00797[1].jpg

DSC00798[1].jpg

DSC00799[1].jpg

DSC00800[1].jpg

見た目、日本製って感じ
DSC00801[1].jpg

DSC00802[1].jpg

DSC00803[1].jpg

DSC00807[1].jpg

DSC00809[1].jpg

DSC00805[1].jpg

DSC00804[1].jpg

DSC00808[1].jpg

DSC00806[1].jpg

DSC00812[1].jpg

DSC00810[1].jpg

DSC00816[1].jpg

DSC00814[1].jpg

DSC00818[1].jpg

DSC00815[1].jpg

DSC00819[1].jpg

DSC00811[1].jpg

DSC00813[1].jpg

DSC00817[1].jpg

DSC00822[1].jpg

DSC00821[1].jpg

DSC00823[1].jpg
この高額なアナログプレーヤーが予想以上に売れているというので驚きです。
メーカーさん曰く、SP-10MKUとMKVの中間点に位置する音でMKV寄りというお話しでした。
私個人にSP-10は初号機のT型が一番好きです。
音楽の躍動感、有機的な感じ、アコースティック感があり
MKU、MKVはDD方式のサーボが効きすぎという感じに聞こえます。
DSC00820[1].jpg

DSC00827[1].jpg

DSC00828[1].jpg

DSC00829[1].jpg

DSC00826[1].jpg

DSC00824[1].jpg

DSC00825[1].jpg

DSC00842[1].jpg

DSC00839[1].jpg

トライオードブース、角田氏のデモ時は立ち見でした。
MISASHI、TVR-CD6SE共に当店で試聴可能です!(^^♪
DSC00838[1].jpg

YAMAHAって感じ
DSC00841[1].jpg

DSC00840[1].jpg

DSC00833[1].jpg

DSC00832[1].jpg

DSC00831[1].jpg

DSC00830[1].jpg

DSC00834[1].jpg

DSC00845[1].jpg

つまみ類のデザインが昭和の時代から変わっていないので直ぐにYAMAHAと判ります。(笑)
DSC00843[1].jpg

DSC00844[1].jpg

DSC00846[1].jpg


posted by Lansing at 20:25 | Comment(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。