2019年12月28日

男の隠れ家オーディオルーム 10

メタルラックを組み立ててテストしています。
DSC00584[1].jpg

電源装置 KOJO DA-6  
パワーアンプ CF ZL-120を載せました。
S/Nや分解能はモチロン、音場空間も広がり
中低域の腰の入り方が半端なくド安定化し
低域は波動でぶっ飛んできます。(笑)
といった状態ですが、
全てがまだ仮設ですのでどこまで良くなるのか未曽有の世界!
DSC00588[1].jpg

音の入り口は仮設ですが、
左右独立のダブルダックで分解能やセパレーション、空間などは素晴らしい!
DSC00587[1].jpg

来年1月末発売の最新型CDプレーヤーTRV-CD6ESもテストさせていただきました。
電源にKOJO DA-6
メタルラック+ドライカーボンボード+(メタスベース+SJ-SI)の上にTRV-CD6ES
以下三通りでノーマルのCD44.1KHz/16bitで試聴
RCA(真空管バッファ)
RCA(ソリッドステート)
XLR(ソリッドステート)

RCA(真空管バッファ)
球の要素が入りHi-Fiというより付いている球の個性で聴く感じ...
聴感上の情報量やfレンジは球のわりに広くて音が澄んだ感じで当たりがしなやか...
付けた球の個性で聴かせますので真空管を交換した場合、全く違う感じへ変わると思われます。

RCA(ソリッドステート)
このメーカーとこの価格(定価28万)では信じがたい出音
抜け切れ透明感良好!抜群の分解能!広いfレンジ感と空間、
全く遅さを感じない俊敏な出音...。素晴らしい!
「やばいじゃんコレ」が1曲聴いた部屋のオーナー様の開口一番(笑)

XLR(ソリッドステート)
めっちゃ厚く太い低音が特徴的 
Wadiaを超える様な(笑)厚み!低音バカとでも言ってしまいたいほど出ます。(笑)
これには面食らいました...。

結論としてはRCA(ソリッドステート)が最高の音質!

まだクロック入力を試していませんが
他の機器でもクロックINした場合
空間表現や分解能が良くなって雑味が無くなりますので
これでそうなると呆れるほどコスパ抜群の機器と思います。
DSC00586[1].jpg

男の隠れ家オーディオルームは音の実験室となっていますのでこれから徐々に変化していきます。

以下リフォーム部分

名栗の床
DSC00589[1].jpg

玄関周り
DSC00594[1].jpg

豪快な名栗の無垢板 素敵にエグイ!(笑)
DSC00599[1].jpg


posted by Lansing at 18:20 | Comment(0) | 男の隠れ家オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。