2019年11月08日

StereoSound 谷村新司

StereoSoundさんから
フラッグシップショップ宛(SoundJulia)に送られてきた谷村新司の高音質ソフトです。

DSC00270[1].jpg

録音スタジオ調整卓のモニター用ラインアウトの出力を繋いで聴いているかの様な鮮度感です。

昴をYouTubeへUPいたしました。
HD画質 ヘッドフォンで視聴ください。

SONY HDR-MV1で録画していますので音は良いのですが、
広角レンズなので画は歪曲しています。


ステレオサウンドさんのソフトは
マスターテープの音を損失少なくそのままコピーして売るという感じのクオリティーです。
そして市販ソフトの様に意図的に音質を操作する事をしていません。
市販のソフトと比べると
市販のソフトは低域と高域を持ち上げてある事が聞き取れますし音の鮮度も違います。

MQA-CDの場合、オリジナルマスターから録り直しているのは同じですが、
時間精度が上がる事と、ディスクの質が良い事、44.1KHzのCDとしても
ハイレゾとしても聴けることが特徴で、MQA-CDをCDとして再生し
オリジナルのCDと比べても明らかに音質は良く聞こえます。

どちらも従来の録り直し高音質ソフトと比べると数段上のクオリティーに感じます。
今どきディスク再生?って感じですが、聞けば納得!
しかしこれを理解できるのは良い音のシステムを所有しているオーディオマニアだけかもしれません...。
時代はハイレゾのストリーミングに突入し
オーディオを趣味としない普通の方でも今まで以上に良い音で聴けていると思いますが
オーディオマニアが高音質を目指す場合、良い音とするレベルが一般の方とは違いますので
こういう高音質ソフトが販売されるというのは
ディスク再生において最後に訪れた良い時代だと思います。

以下余談です。

昨日も定休日、午前中に私用を済ませ
午後から終の棲家のオーディオルームへ出向き電源工事などをしておりました。

定休日中の外食...

うるぎ
カツカレーうどん
DSC00259[1].jpg

うるぎ
天ぷらおろしそば
DSC00260[1].jpg

DSC00262[1].jpg

出汁のきいたツユ
DSC00261[1].jpg

カーメラのランチ
マスターが奥で調理しております...。
DSC00266[1].jpg

セットのサラダ
DSC00265[1].jpg

グラタン
DSC00269[1].jpg

パスタ
DSC00267[1].jpg

オリジナルのジンジャーエール これが美味いんですわ!(¥300追加料金必要)
DSC00263[1].jpg

最近、調子こいて外食ばかりなので少し太りました...。
posted by Lansing at 17:07 | Comment(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。