2019年11月06日

男の隠れ家オーディオルーム 7

今日、お店は定休日、午前中に私用を済ませ昼食

やきめしラーメンのランチ:¥700-
DSC00251[1].jpg

午後から男の隠れ家オーディオルームの方へ配達を兼ねて直行し
部屋が概ね完成しているので仮設電源で音出しテストを試みました。

DIATONE DS-4NB70やサブシステムで使用しているマッキンを持ち込みました。
DSC00253[1].jpg

ちょつと部屋がさみしいので ついでにウィーンアコースティック LISZTも入れた。
DSC00255[1].jpg

カクテルオーディオX50DのI2S出力をDAC212SEへ繋いでDACプリとしてアナログアウトを
マッキンMA8000へパワーダイレクトで接続
スピーカーはLISZTとDS-4NB70で試聴という感じです。

仮設電源、機器は床ポン置きの適当状態で音出ししてみました。
最初の設計通りで全く無調整ですが、想定内の音響となりました。
ラック類やメインの機器が入れば響きが変わり、専用電源のドライブになれば
クオリティーやエネルギー感などの向上が見込めます。
現状でもマッキンで分解能高く聞こえていますし爆音で全くうるさく無いです。(^^♪
これから最終工程に入りますがワクワクしてきました!

RX100M7内蔵マイク空気録音
内蔵マイクはカメラの上に付いていますので天井の反射を拾っています。
実際より直接音少なめ残響多めに聞こえます。

アンプのメーター通り爆音なので後半は録音レベルのMAXを超えて歪んでいます。
(著作権の侵害でブロックされてしまいました。)
LISZT

DS-4NB70




posted by Lansing at 19:34 | Comment(0) | 男の隠れ家オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。