2019年10月21日

新築オーディオルームと終の棲家 19

住まいの方も今週末には完成するという事で
現在は仕上げ作業を行っている感じです。

オーディオルームの方は調光器が付きました。
DSC00054[1].jpg

明るくした感じです。
本格的なAVシステムのプロジェクターやスクリーン等も
後でやる気になればセットできるようになっています。
DSC00050[1].jpg

側面壁
DSC00052[1].jpg

リスニングポイントの背面壁 
収納や調光器、エアコン、LANケーブルのジャック等が付いております。
DSC00053[1].jpg

城の様な床もイイ感じになりました。
DSC00051[1].jpg

オーディオルームではなく
リビングにセットするテレビはSONYの65インチ有機ELテレビKJ-65A9Gという事なので、
電源の対策に下記をお勧めしてTVラック内へセットしてきました。

KOJO製品
サージアブソーバー+ノイズフィルターの Forcebar S1P
コンセントタップ Forcebar 3.1
DSC00044[1].jpg

開梱
DSC00045[1].jpg

ケーブルで繋がなくても連結できるんです!
DSC00046[1].jpg

こんな感じ!
DSC00047[1].jpg

ラック内で外れるとイマイチよろしくないので固定しました。
DSC00048[1].jpg

実売で¥50万もする高級なTVですから
サージアブソーバーで雷から守り、ノイズフィルターで画が綺麗に見えるようになるという感じです。

ForcebarS1Pは当店でデモ可能です。
使用すると抜け感の良い画と音になります。
外すとモサッとした感じになりますので
低予算で効果的なアイテムを探されている場合
フィルターだけでも使用すると効果的だと思います。
基本的に(TV専用ではなく)オーディオ用です。

posted by Lansing at 16:21 | Comment(0) | 新築オーディオルームと終の棲家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。