2019年10月11日

男の隠れ家オーディオルーム 6

音響的な造作が、かなり進み、
現在、向かい合う壁でフラッターエコーを起こさない処置をしています。

入口側の壁
IMG_2169[1].jpg

下に置いてある三角形の反射パネルをスリットの入った腰壁の上に取り付け
漆喰を塗り重ねて壁と同化させます。

向かい合う反対側の壁
IMG_2168[1].jpg

左側部分には分電盤が付きますのでスペースを開けています。

パネルを仮付した状態にして色々と試しても
フラッターエコーは全く起こる事はありません。
話し声が澄んで聞こえる様に変化しましたし
手を強く叩いた時のパーンという音の残響が綺麗に引いて行きます。
三角パネルへ漆喰を塗る事で更に良くなる予定です。

話し声がこもる部屋、聞き取りにくい部屋は何らかの音響障害が発生しています。
また、手を叩いた音が、ビャンビャンと聞こえる様な残響が発生する場合、
流鳴き現象(フラッターエコー)が発生していますので
部屋に何らかの対策をしませんと高音質化は難しいと思います。

こちらの部屋でこの三角パネルを付けないでフラッターエコーを起こさない構造も可能何です。
スピーカーをセットする方の壁を絞り向かい合う壁の平行面を無くす事や
天井を斜めにすることで対策可能ですが、造作にお金が掛かり部屋が狭くなったりしますので
そういう無駄を少なくする為、この様にいたしました。

低域の対策は砕石壁と全面砕石封入の床、
天井へSoundJuliaオリジナル音響パネル サイズ(大)1250mmx650mmを9枚載せています。

現在、オーディオ専用電源分電盤を製作中で、
10mm厚のドライカーボンをマシンで加工しブレーカーを取り付けます。

漆喰が水分を放出していますのでエアコンの除湿OKで強制的に湿度を吸い取りしています。

あと少しですが、丁寧に仕上げていきます。



posted by Lansing at 16:53 | Comment(0) | 男の隠れ家オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。