2019年10月11日

古民家再生オーディオルーム 2

古民家の床と天井を取り去って基礎を打ち直し補強しています。

新築以外のリフォームやリノベーションの場合、
解体してみない事にはわからない事が多く
打ち合わせしながら作り込んでゆく作業が多々出てきます。

DSCF1055[1].jpg

縁側 くれ縁を補強している途中です。

DSCF1060[1].jpg

基礎と柱を補強、他の部分も多々補強を施します。
DSCF1064[1].jpg

天井を取り去ると屋根裏や土壁が見えます。
丸太の太い梁が良い感じです。
構造的に効いていない余分な物は取り去って整えます。
DSCF1059[1].jpg

土壁は補修し、屋根裏へは断熱材を入れて板で被せます。
昔の電気配線、ノップ碍子に電線等が出てきました
個人的に良い味出していて好きな見た目なのですが撤去します。
オーディオ用の電源はメーター別の専用契約として
オーディオ機器へ至る配線はシールドケーブルでノイズレスな伝送にします。
DSCF1056[1].jpg

補修したと思われる土壁の所から新聞紙が出てきました。
昭和34年!
DSCF1065[1].jpg

オーディオの高音質化に必須の大地アース
アース棒を3本△型に打ち込み抵抗値を下げました。
DSCF1066[1].jpg

建物の状態を改善した後、造作に入ります。
SoundJulia式音響オーディオルーム
乞うご期待!

posted by Lansing at 16:19 | Comment(0) | 古民家再生オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。