2019年08月07日

男の隠れ家オーディオルーム 2

解体と施工が高速で進んでおります!

いっきに解体が終わり、床の大引きと根太の施工、床へ砕石を敷き詰めるところまで済んで
現在、音響壁の造作に取り掛かっています。

解体前 ビフォー
DSCF0101[1].jpg

アフター
DSCF0137[1].jpg


庭が見えるサッシ側 ビフォー
DSCF0102[1].jpg

アフター 全て音の為の部屋なので音響的に最悪なサッシは塞いでしまいました。
(庭を眺めて癒される部屋は上階にありますので問題ありません。)

断熱と隙間を埋める為、ウレタンを吹き付けて
その上へ鉛シート付のプラスターボードを張り音が外に出ない様に施工、
そしてその上へ合板を張り付けて砕石吸音壁を施工いたします。
DSCF0144[1].jpg

スピーカーを設置する側の壁
DSCF0139[1].jpg

出入り口側の壁
こちらもサッシ側の壁と同じ施工となります。
DSCF0145[1].jpg

スピーカーを前に見て右側となる壁
DSCF0138[1].jpg



posted by Lansing at 14:29 | Comment(0) | 男の隠れ家オーディオルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。