2019年07月22日

Acustik-Lab Bolero Piccolo

アコースティックラボ ボレロピッコロは
90年代に人気のあったスピーカーで
アコースティックラボの製品は
ボレロとステラハーモニー等も含め10年程度前までは
買取の依頼が意外と有ったのですが、最近は殆どありませんでした...。

上記の2モデルは逆ドーム型トゥイーターが使用されておりますので
経年でエッジが劣化している物が殆どという感じですから
買取をした場合、修理しませんと商品にならない状態の物が殆どですが、
今回入荷したボレロピッコロは上記2モデルと違い
Vifa社のドームトゥイーターを使用していますので
現在でも何の問題も無く動作します。

小型モデルですが、ウーファーはダブルボイスコイル方式を採用し
低域感が出るバスレフチューニングで見た目以上に鳴りが良いです。

外観はウオールナットやオークなどの突板タイプのモデルもありましたが
それらより¥60,000-も高いこのピアノブラックモデルは
突板タイプより音が美音ですから
ピアノや弦楽器を美しい音で聴きたい方に人気があり
ピアノのアタック音がクッキリして音色変化も良く出音に透明感があります。

懐かしさ余って、かなり長期で試聴いたしましたが
何の問題もありませんし程度も良好ですから商品として販売いたします。
価格:¥6万(ペア・税別)

音圧レベル90dB
重量4.5Kg
インピーダンス
外形寸法
幅176x高さ321x奥行225mm


最後にピアノソロとウッドベースとサックスのミュージックビデオを録った物を載せました。

DSCF0122[1].jpg

DSCF0113[1].jpg

DSCF0114[1].jpg

DSCF0119[1].jpg

DSCF0116[1].jpg

DSCF0118[1].jpg

DSCF0117[1].jpg

ボレロピッコロは手前のスタンドに乗っかっているスピーカーです。




以下当店イベントのお知らせです。

201983日(土)〜4日(日)

・「TRIODExCocktailAudio」試聴会、サウンドジュリア(当店)

 8月発売のMUSASHI(KT150)と秋発売予定のTRZ-300W(300B)を

 いち早く試聴していただきます。

83日(土)@13301500 16001730

84日(日)@11001230 14001530

予約制となりますので受け付けは下記のリンクよりお願いします。

試聴会予約受付はここをクリック



posted by Lansing at 13:19 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。