2019年06月14日

JBL N500H その2

昨日ワックスを溶かして内部を取り出しましたので
今日は劣化部品を交換して完成させました。

IMG_1862[1].jpg

回路図と見比べると実装具合がちょっと違います。

IMG_1863[1].jpg

取りあえず劣化しているコンデンサを取り外し交換します。
配線は手持ちのWesternElectricの線材を使いました。

IMG_1864[1].jpg

ロータリースイッチの接点がくすんでいるので磨きまして
パーツを交換、各ハンダも修正しました。

IMG_1865[1].jpg

ネットワークケース内のワックスに漬け込む為、配線はケースの底へ届く長さにしました。

IMG_1866[1].jpg

この状態で動作テストしてみると問題ないので
当店のハーツフィールドの片側へ修理した物を取り付け
もう片方はそのままとしてモノラル音源で音出しして確認しましたが、
バッチリとセンター定位し、左右の音圧レベル差は感じません。
多少は左右で音色やレベルに違いが出ると予想していましたが驚くほど違いがありません。

IMG_1867[1].jpg

2台とも試しましたが結果は同じなので問題なし!
ネットワークのケースへ戻します。

ワックスに熱を入れると溶けてきました。「臭いです。」(笑)

IMG_1868[1].jpg

良い感じにトロトロになりましたので
箸でパーツをつかんでワックスへ沈めました...。

IMG_1869[1].jpg

1時間ほどで固まりましたので
ケースを全体的に磨いて配線接続部のネジをスーパーコンタクトオイルで処理...

IMG_1870[1].jpg

完成です!

IMG_1872[1].jpg

何だか良い勉強になりました。
店のハーツフィールドのネットワークが壊れた時は
今回の修理を思い出して修理できます。

posted by Lansing at 17:40 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。