2019年02月25日

KRELL KAV-400Xi

エージングしていると調子が上がってきたのでスーパーコンタクトオイルを塗布しました。

IMG_0025[1].jpg

コンデンサは58個交換しております。
IMG_0027[1].jpg

アンプ内の接点部分にスーパーコンタクトオイルを塗布します。

フューズ部分
IMG_0034[1].jpg

インレット裏
IMG_0033[1].jpg

電源部分の配線接続部やその他...

ちなみに赤いスイッチの切替にて使用電圧の変更が可能です。
IMG_0032[1].jpg

3つあるスイッチを下記の様に切り替えればOK!
100V入力の場合、スイッチ3はーだけど1になっています?
IMG_0040[1].jpg

パワー段の石は、サンケンのコンプリメンタ LAPIT 2SA1860 2SC4886
IMG_0035[1].jpg

正規輸入品ですからトランスのタップは100Vになっていますが、
上記の表で電圧変更か容易にできる為、
電源電圧100Vと200Vで聴き比べてみました。

曲は下記
ピアノは漂い、シンバルが舞い、ベースが沈みます。
楽器は3つですが、
低、中、高の帯域が全部あり
引き込まれ感の有る深い演奏です...。
IMG_0038[1].jpg

こんな感じで同条件で録画
X50Pro+DAC212SE(I2S接続)+KAV-400Xi+DS-4NB70
SONYミュージックビデオのXYマイクで録音
IMG_0037[1].jpg

電源電圧100V

電源電圧200V

どうでしょうか?

現場で聴いている感じですと
100Vの方が乾いた音で
全体的にざらつきを感じてしまいます。
200Vに切り替えると、
しなやかで付帯音が減り
湿り気を感じる様な質感となりました。
100Vはアンプが頑張って仕事していて
200Vは余裕で仕事している様にも感じます。

120V、240Vも試せますが行っていません...。
100Vより200Vが良いとなると
240Vが一番良い気がします?

ちなみに、
X50DもX50Proも240V動作が一番良い結果でした...。


タグ:KAV-400Xi
posted by Lansing at 16:15 | Comment(1) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クレルアンプの件大変参考になりました
現在国産の昇圧機で240Vで使用中ですがおおむね良好です。
ちなみにやはり昇圧機でもかなり音質はへんかしますか?
もし可能でしたら教えてください。
価格にもよりますが検討したいのでよろしくお願いいたします。
Posted by 正務 博 | URL | 2020年12月01日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。