2019年01月15日

CDP-X3000

お客様と雑談している中で
「格安で手軽に使えるCDPは無いか?」という話が出まして
私の個人所有のSONY CDP-X3000をお譲りする事に致しました。

IMG_1286[1].jpg

内部はスーパーコンタクトオイルで処理済み
ピックアップも概ね綺麗です。
動作チェック、ピックアップをクリーニングしてお届けします。
IMG_1285[1].jpg

X5000の方が人気機種でこちらも持っていたのですが、
X3000を入手して聴き比べると
作りが重厚なX5000より
X3000の方が素朴な音が出るのでこちらを残していました。

音質的には4種類のデジタル処理の切り替えができます。
ソニーのスタンダードと1、2、3、とありますので
4台のCDPを持っているのと同じ感覚になります。(笑)

(STD)は、これぞSONYという感じの澄んだ音で高分解能なサウンド
1、2、3、は、SONY?という感じとなり面白いです。
ソフトの録音状態にもよりますが
2とかで聴いた場合、普通の出音となりBGMには良いです。(笑)

それから、
Airpulse A100ですが、すでに4セット決まり
近日中に3セットの納品を進めています。(^^♪

IMG_1154[1].jpg

試聴されたお客様はノートPCのUSB出力で視聴するYouTubeに驚かれ
SONYウオークマンをお持ちの方は
クレドールからのUSB出力でビックリされます。(笑)

クレドールはこれ
IMG_1290[1].jpg

クレドールは¥1万円強のお値段で購入できると思います。
背面のUSB出力からA100へ繋げばOK!
IMG_1291[1].jpg

過去の物の考え方ですと、¥10万以下のCDP買って、
プリメインアンプに繋げてスピーカーを鳴らす格安システム構築をしてしまいますが
ウオークマン+クレドールとかノートPCのUSB出力でA100を鳴らしいた方が
圧倒的なコストパフォーマンスで出音は良いと思います。(笑)

ペア¥8万円(税込み)程度で購入できるスピーカーと考えると脅威の出音ではないでしょうか!

輸入代理店のお話しではNetAudio誌に貸し出ししたという事で
1月17日販売の紙面にレビューが載る予定という事です。


以下、わたくし事です...。

魔が差してディスクスタンドを購入しました。
現在販売されいる復刻品ではなく
1935年に発表されたオリジナルの初期モデルです。
復刻品と比べると肝心なバネが違いますし、インダストリアルな作り込みや存在感が別物です。
IMG_1288[1].jpg
自動車デザイナーのGeorge Carwardine作
IMG_1287[1].jpg

IMG_1289[1].jpg

B22白熱球で点灯するとシェードが「ちんちこちん」になるので
電球はB22LED白熱球型へ変えようと思います。

posted by Lansing at 17:56 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。