2018年11月18日

スピーカーケーブル

お客様よりご注文いただいたラダーケーブルDSシールド16段が到着した...。

IMG_1094[1].jpg

3mDSシールド16段

IMG_1095[1].jpg

お客様へ完成のご連絡を差し上げたところ、
「試聴したりして使ってみてください。」
「エージングしといていただけると嬉しい(笑)」と言う事でしたので、

ご厚意に甘えて早速試聴します!(^^♪

スピーカーは、DIATONE DS-4NB70を使用
常時使用している2mDSシールド8段から交換して聴き比べます。

IMG_1096[1].jpg

音が出て直ぐに感じることは 「音密度が高く生っぽい!」

数曲聞き流してみると、
分解能やレンジの広さを誇張するような出音ではないが、更に高分解能でワイドレンジ!
しなやかで厚みがあり表現が良くなっているので少しボリュームを上げたように感じます。
何処かに山がある様な癖のある出音ではないのに
中低域のダイレクト感が高く感じる為か、
先に繋いでいた8段より出音に腰が据わったド安定感があり
ケーブルは2mから3mへと長くなっているのに、
ケーブルを短くしたようなダイレクト感を感じます。
教会のパイプオルガンで合唱している音源を聴いた場合
パイプオルガンの低い音域が今までよりぐっと迫って低域波動で包まれます...。
ホール感やセパレーションも良く聞こえますので
演奏している場所の雰囲気や気配が良くつかめます...。

じゃあ先回試したDSシールド2本使いの電源ケーブルの様に
今回のスピーカーケーブルも更にDSケーブルを追加して接続した場合
恐ろしい事が起きるかもしれません...。(^-^;

来るところまで来た感じがします...。


posted by Lansing at 17:33 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。