2018年11月16日

ケーブルとインシュレーター

先回の電源ケーブルですが、
ケーブル内部の接続方法を試していまして
どの方法が最高なのかを検討しております。

接続方法の結果が出る途中ですが、
比較の為、通常のDSa8段と比べてみたところ

「圧倒的な差でDSaシールド4段2本使いが上」

分解能はもちろん、演奏中の静けさ、音場の広さ、残響の綺麗な事
波形がスクッと立って素早く降りる様な雑味の無い反応や出音の鮮度感等、
まるで録音スタジオの調整卓からラインで引いて聞いている様なダイレクト感です。

4段ではなく8段で試せば、
更に音場空間や分解能が上がるのかと思うと
良い意味で何だか嫌になります。(笑)

IMG_1055[1].jpg

定休日は色々と走り回り用事を済ませておりました。

名駅方面へ行く途中、大須でランチ
IMG_1058[1].jpg
看板のランチ(全て¥880-)がお得!
中華飯+ラーメンのBセットを食しました。

今までお世話になっていた金属加工業者がどうにかなってしまって
注文した製品の納品が止まっていますので
別の加工業者さんでドライカーボンインシュレーターSJ-SI用金属ベースの試作をしてもらいました。

IMG_1059[1].jpg

左が現行品で右が試作品

IMG_1060[1].jpg

IMG_1061[1].jpg

IMG_1062[1].jpg

(現行品は、店頭使用中の物ですので使用キズが入っています。)
試作品の方は、上面の仕上げと側面の仕上げが粗く底面は鏡面でとても綺麗です。
形状や材質は同じなのですが、メッキをかける為のネジ穴が余分ですので
ここへイモネジをねじ込み音質を変えるとかのチューニングが出来そうなので試してみますが、
ネジ穴の無い同じ形で製作できないか問い合わせています。
物づくりは難しいです...。



posted by Lansing at 12:34 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。