2018年10月02日

試作品メタルスタンドへDS-5Bを載せてみた。

DALIが売約になりましたので
小型スピーカーを色々と聴いています...。

取りあえずDS-5Bの時の写真やビデオです。

DIATONE DS-5Bは、1977年のスピーカー

アルミダイカストの箱で密閉型
インピーダンス:8Ω 能率84dB 低能率(笑)
久しぶりに鳴らしましたが
スッキリと爽快感ある往年のダイヤトーンサウンドでした。

IMG_0085[1].jpg

IMG_0084[1].jpg

IMG_0086[1].jpg

IMG_0087[1].jpg

ダイカストの高剛性エンクロージュア
メタルスタンド、ドライカーボン+金属ベースのインシュレーターで
ガッチガチのセッティングですが、
広い音場空間とサイズから想像できないレンジ感
現代スピーカーもビックリな分解能で迫ります。(笑)

鳴っているのは、左右のチッコイの2本だけです。
iPhone7で録画



以下お知らせです。

カクテルオーディオのX50Dですが、
ストレージの使い方が4種類選択できます。

その中でRAIDモードの(Mirror)
(X50D取扱説明書P13の4)の場合)
ストレージ(SSDまたはHDD)を2つ使用し、
一つで常用使い、一つはコピーを録る使い方の場合
何らかの障害でデータが消えてしまう事があるそうです。

ストレージがNGになった場合の保護でコピーを録っているのですが
せっかくリッピングした物が消えてしまう事があるという事ですので
この使い方をされていらっしゃるお客様がいらっしゃいましたら
外付けのHDD等で直ぐにバックアップをお願いいたします。
CD1000枚リッピングしてNGになったら腹が立ちますので!(T_T)

X35、X45、X45proはストレージは一つですので
この障害は起きませんが
定期的にバックアップをお勧めします。











posted by Lansing at 15:55 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。