2018年09月21日

X45Pro

カクテルオーディオのX45Proがやってきた!

IMG_0059[1].jpg

X50D
IMG_0060[1].jpg

左X45Pro 右X50D
IMG_0061[1].jpg

X45Proは定価¥80万
X50Dは定価¥38万

X45Proは、ボディーの作りや電源周り、内部DACまでハイエンド系の作り込み
X50Dは、内蔵DACは無しで、デジタルOUTに重点を置いたモデルです。

SPDIFのデジタル出力を両者から
DIDITのDAC212SEへ入れて聴いてみると
どちらからのデジタルアウトでも問題ないクオリティーで聴けました。

X45Pro内蔵DACを通したアナログ出力を聴いてみると
X35、X45より質感が高く厚みのある出音で下位モデルに差を付けます!

ラインアウトのボリュームコントロールが出来るよう設定し
X45Proからパワーアンプへ繋ぎ
X45Proでボリューム操作して聴いてみると、
音量を絞っても痩せる事無く厚みや滑らかさのある出音で
下位モデルと大きく差が付く感じです。

では、X45Proのアナログアウトと
X50DのI2SからDAC212SEへ繋いだ出音を比べてみると
X50DとDAC212SEをI2Sで繋いだ音の方が鮮度が高く高分解能で音場空間が広い...。

同軸(SPDIF)からDAC212SEへ入れた音は大差ない感じですが
I2Sの場合は差が出ます。

DACを持っている場合X50Dの方がお買い得
1台で全部済ませ、上質なアナログOUTを狙う場合X45Proという感じでしょうか...。

X45Proへ、ヘッドフォン(鳴らしにくいCZ-1)を繋いで聴いてみると
ちゃんとドライブ出来て厚く滑らかな出音でビックリ!
高額で売られているヘッドフォン専用アンプで聴くより優秀な音質に感じます。

色々試してみましたが
個人的に購入を考えた場合、
DAC212SEとX50Dを買います。
価格的に比べても大差ないですし
必殺の(笑)I2S接続ができて
ノートPCのYouTubeをUSB接続で驚きの音質になります。(^^♪
(MQA-CDだけはX45Proの方が1台で終了しますので有利です。)

自分にとってどちらが便利かという感じになりますが、
頂上対決みたいで面白かったです。

posted by Lansing at 16:36 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。