2018年09月17日

アイソレーション電源

先回のブログBを試してみました。

500VA・IN200V/OUT200Vのトランスと
500VA・IN100V/OUT100Vのトランスへ配線を付けてセット
Bのアイソレーション電源環境です。

500VAトランス
IMG_0051[1].jpg

理論的にというか電気の効率で考えるとトランスは無い方が電気は流れやすいのですが、
音を聴く限りトランスを入れた方が「圧倒的に良い!」
電気が流れやすい直結より、機器個別に分割アイソレーションした電源環境の方が
音的には勝っている事になります。

KOJO DA-6入口側の200Vへトランスを入れると
空間やレンジ感、分解能が格段に上がりとっても精緻な出音
パワーアンプ側へ入れるとエネルギー感が増し増しになり
低域の分解能も格段にUP!
聞き取りやすい太鼓の「ドン」音はもちろんですが、
空気が揺らぐような案騒音まで
グイグイと迫り体感することが出来ました。
DS-4NB70で鳴らすと超高分解能でうるさくならないので
スピーカーが壊れるまでボリュームを上げたくなる衝動にかられます。(笑)

CSE等のアイソレーショントランスを使用されたことがある方の場合
1000VAより2000VA、2000VAより3000VAの方が音が厚く
低域が太く出る経験があると思いますが、
この500VAのトランスは、容量的に上記より小さいのですが
痩せたりエネルギー感が減る感じはありません。
S/N、分解能、レンジ感、空間、音色や表現まで良くなります。

接続するケーブルを、大容量ラダーケーブルの8段でIN/OUT繋いだバージョンと
シルバー君で繋いだバージョンで聴き比べると
ラダーの場合、出音は濁りなく恐るべき広帯域、高分解能、音場空間、エネルギー感でビックリ
上記写真のシルバー君の場合、ラダーより穏やかで中音域〜中高域に聴き心地の良い音色が乗り
見通しはラダーより悪くなるけど悪くはない...。

高音質録音のclassicなどはラダーが素晴らしいんですが、
スタジオマルチ録音のミックス物の場合、
上手く行っていないものは、その様子が良く見えてその部分へ耳が行ってしまいます。(笑)

現段階では全部ラダー化できていないのですが、
全部ラダー化した場合、凄い領域へトリップする様な感じになると予想します。

で、問題が一つ...。
100V仕様では何も問題は無いのですが、
200V仕様で電力を必要とするパワーアンプの電源をONすると、トランスがうなるんです...。
(消費電力が大きくないX50DとDAC212SEの入力側は200V仕様でも全く問題ない。)
コイルは真空引きしてニスを巻き線の隙間へしみ込ませ
焼いて固めてある手間のかかった構造なのですが、
無音時になると、うなり音が気になるので
トランス屋さんと打ち合わせする必要が生じました。

これが上手く行かないと仕事が何だか手に付きません。
遊んでいてもオマンマ食え無い事は分かっているのですが
オーディオバカ(私の事)は困ったもんです...。(笑)





posted by Lansing at 14:51 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。