2018年09月02日

ゴールドウイング

ゴールドウイングが入荷しました!

ハーツフィールドに付いている大型音響レンズです。

何故か見ているだけでカッコ良い! (^^♪
型番HL89(H89+L89)又はH5039+L5090のセット 
プロ用は色がブラックとなり2309+2310の型番になります。

IMG_0021[1].jpg

4インチドライバー2441も付いていますので
早速バラシて確認とメンテをします。

純正ダイヤフラムです。
IMG_0015[1].jpg

年式が古いドライバーの場合、
ダイヤフラムのごく僅かな取り付け位置のズレや締め付けトルクの違い
また磁気ギャップ内に挟まっている鉄粉等のゴミの影響で
特にピアノの音が歪んでしまう事が多いです。
確認すると片側が若干歪んでいましたので調整して直しました。

それから接点多数(笑)なのが気になりますから
スーパーコンタクトオイルでメンテしました。

IMG_0016[1].jpg

バネ式のターミナルを締め付けている鉄ネジが導体(笑)
そして圧着端子に付けられたリードでダイヤフラムのリードまで延長し
ネジで固定するのですが、その部分がまた鉄ネジ...。
接点多数でも導通はあります。
超高能率なドライバーですので
多少の抵抗が有っても音は出ます。

分解するとネジに酸化被膜の白い粉が付いているか
錆びているか、腐ったような色に変色している場合が殆どです。

IMG_0017[1].jpg

コンタクトオイル塗布で磨いて締め付ければOKです。
古臭い音の感じが減り、うるさく無くなり音圧が上がります。

ゴールドウイングはバッフルに付けることが基本ですので
JBL純正 別売りバッフルに付けています。
IMG_0018[1].jpg

レンズの幅は50.5cmありますのでデカいです。
IMG_0019[1].jpg

IMG_0020[1].jpg

ハーツフィールドの場合、ドライバーは375
高域の伸びは無いけど、濃さと味わいが深い出音
2441は、だら下がりながらも高域は上まで伸びています。

ハーツフィールドの天板へこのまま載せて
ドライバーのリードを繋ぎ変えてみれば
どれほどの違いがあるのかすぐに確認ができるなぁという事で、
オーディオバカ(私の事)は直ぐに試します。(笑)

現状150-4C+375+075
IMG_0024[1].jpg

075に降りてもらいゴールドウイングをスタック!

IMG_0023[1].jpg

うーん、微妙にカッコ悪い(笑)

この状態で、左はそのままの3ウェイ
右は150-4C+2441で聴いてみる...。

バランスが崩れてどうしようもないという事なく聴けちゃう(笑)

で、両方に載せてみました。
IMG_0026[1].jpg

音像の位置が上に上がりました。
375より臭くなく素直な出音...。

2ウェイでも上の上を欲張らなければ聴けてしまいます。
往年のJBL型番45〇〇の箱を使用した
PAスピーカーの様な雰囲気の出音感も少し感じます。

ここで375へ繋ぎ変えて聴いてみると(150-4C+375)
高域が無い事がよく解りますが濃くて深い出音へ変化しました。

じゃぁという事で
075の替わりに2441を繋いでみます。
(low150-4C+Mid2441+Hi2441)

075の時より何かが変?
ネットワークN7000をプロ用の3105へ変えてみます...。

IMG_0025[1].jpg

何だか変に聴けてしまいます(笑)

音が厚くエネルギーが強い!
低域が良く出ている様に聞こえ
出音が堂々としてうるさく無い...。

何だか絶妙なマッチング(大笑)
075との違いは
奥行き感と空気感が減り実在感が増しました。

爆音がうるさく無いので
調子に乗ってライブ音量で鳴らしてしまいます。(笑)

ハチの巣が有った時も
ハーツフィールドの上へ載せて
ゴールドウイングとハチの巣を繋ぎ変えて聴き比べた事があります。

ハチの巣は香りが立ち込める様な音の広がりで聞かせますので
芳醇で聴き心地が良いです。
ゴールドウイングはもっとストレートに音が飛んできますので
アンプ等の装置の音が粗いと出音も荒くうるさい表現になります。
現状、全くうるさく無いです。(^^♪

どちらも出音は面白いのですが見た目が悪くなりますので
天板へ載せるのは075までかと...。

IMG_0024[1].jpg

色々試して遊ぶとマルチで組んで遊んでおられる方の気持ちが理解できます。(^^♪

以前、JBLの4320が有った時
2420の替わりにLE85/375/2441と替えて鳴らしたことがあるのですが、
375はトゥイーターが欲しくなる出音
2441はしなやかで物凄く整った出音
LE85は何だか引き込まれるような表現の出音となり
面白かったことを思い出しました。

その時、
試しにマークレヴィンソンが行った
ドライバーのバックキャビネットを外した状態で
ドーム振動板のスピーカーとして鳴らしてみたのですが、
抵抗感の無い真珠の光沢とでも例えられるようなまろやかな高域の出音となり
聴いた事の無い音に驚いた事も思い出しましたが、
4インチドライバーの振動板が見えている状態は何だか精神衛生上怖かったです。(笑)

店ですが、
超高精細な出音は、DIATONE DS-4NB70がありますので
ハーツフィールドは、しばらくこの状態で遊ばせていただきます。

今日の午前中は町の防災訓練で
物資班としてご奉仕させていただきました。
地震や水害など何もない事を祈りますが、
災害が生じた時は
今日の訓練が生かせると良いなと思います。

posted by Lansing at 15:28 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。