2018年08月12日

AIRPULSE A200 再入荷!


過去の大ヒット製品、
アコースティックエナジーAE1は、
フィルジョーンズ監修の製品でしたが、
彼が新たに手掛けたスピーカーAirpulseA200が
昨年の11月、interBEEで公開され日本国内で発売となりました。


A200については
無線と実験のMJ誌にて細かくレビューされていますので
その様子はここをクリックして確認してください。

このスピーカーの輸入代理店が
弊店から車で30分程度の所にある関係で、
楽器や音楽業界、プロ機器取扱店の目線ではなく
ホームオーディオ取り扱い店とユーザー目線で
導入時、音質や動作テストに参加いたしました。

導入時の指摘事項はある程度改善されましたが
細かなチェックをする日本人気質的な部分は
受け入れてもらえないところもあり
完璧な動作ではありませんが、
日本以外の国へは、
すでに2000セット( ;∀;)も販売実績があると追う事で
ある程度の改善で輸入販売されることになった様です。

ペア¥10万(税込み)という
驚くほど低価格で高音質なスピーカーですので
値段と音からすると、多少の不具合はどうでもよい事になるかもしれません...。

SoundJuliaは販売店となっておりますので購入可能です。

・本体ペア:¥10万(税込み)
・本体+スタンドセット:¥115,000-(税込み)
・スタンドペアのみ:¥19,440-(税込み)

スピーカー本体の底板には
金属製のインシュレーターが付いていますが
簡単に取り外すことが出来ます。

DSCF1001[1].jpg

専用スタンドへ固定する場合も取り外します。

DSCF1002[1].jpg

専用スタンドへ載せた様子。

DSCF1006[1].jpg

リボントゥイーター

DSCF1005[1].jpg

ウーファー
過去のAE1よりフレームはこちらの方がしっかりできていますが、
センターキャップが黒かったらAE1にそっくりなコーンですね!
DSCF1004[1].jpg

背面パネル

DSCF1003[1].jpg

パワードスピーカーですのでアンプは不要です。
入力は、デジタル(S/PDIFか光)、アナログ(RCA/XLR)
あと、ブルートゥース4.0(aptX可能)
電源は、100V〜240VまでOK!です。

純正スタンドへ載せた状態で100V電源で駆動
カクテルオーディオX50Dから適当なケーブルで(S/PDIF)接続
CDをリッピングした44.1kHzの入力で試聴...。

一言で済ますと、

「ワイドレンジ、高分解能、ハイスピード」な出音!

大きさ:203Wx355Hx295D(mm)
この大きさのスピーカーで考えると
出音から「ペア¥50万です。」と言っても疑われる事は無いと感じます。(笑)

過去のソナスファベールの様な芸術性
TANNOY JBL/ALTEC 古いヨーロッパ系SP等の
ビンテージサウンド要素を求められると
そういう方向の音ではありません。

現代スピーカーで、高音質と言われている
ペア¥100万程度の小型スピーカーと聴き比べて頂きたいと思います。

例えば、美音に仕上げてあるとか、
切れ良く聴かせるとかの癖を入れていないです。
臭いジャスの後に現代的な録音のバイオリンを聞いても違和感ない出音で聴けます。
ボーカルも良いしパーカッションも決まります。
耳に刺さらない高分解能でフラットに伸びる高域
見た目から想像できない出音のウーファー
素晴らしい空間、切り返しの速い出音は嫌みの無い分解能を感じます。

リボントゥイーターはP社の様な
鳴っているのかどうか分からないエネルギーの無いサラサラな音ではありません。

それじゃ〜サウンドジュリアで扱っている
DIATONE DS-4NB70と比べたらどうなんだ?と...。

例えですが
普通の小型スピーカーはTVの地デジ並み
A200は2K画質
DS-4NB70は4K画質の高精細

A200は使いこなしが簡単で、44.1Khzの入力でも
価格を考えるとビックリしちゃうほどの高音質な出音!
アクティブスピーカーですから
アンプがどうちゃらとか考えなくても完成します。

DS-4NB70はマニア向け
入力機器のクオリティーはもちろん、
駆動するアンプの質、部屋の状況も含め、上質になるほど驚く様な再生音になります。

とりあえずビデオを撮りました。
YouTubeでご覧ください。

できればブログ上のYouTube画面の右下、YouTubeロゴをクリックしていただき
YouTubeへ飛んでいただき
⚙マークから、HD画質へ変更していただくと高音質になります。

その1

その2

店頭に展示していますので随時試聴可能です。
低価格で高音質なスピーカーを探されている場合バッチリかと思います!









posted by Lansing at 12:57 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。