2018年05月28日

ゴールドムンドRCAケーブル

「ケーブルを繋いでも音が出なくなった。」と
お客様がゴールドムンドのケーブルを持ち込まれた...。

テスターで導通確認すると、導通が無い?

現在の輸入代理店で修理可能かどうかの確認をすると、
「修理不能、どうしてもという場合は、本国のサービスへ送りますが金額的に高額になります...。」
という回答...。

お客様の希望で、
プラグを分解して確かめようと努力したのですが分解不可?
「どうせダメなんだから壊しても良い」と言われましたので
工具で挟んで分解を試みるとプラグが変形...。

こりゃダメという事でプラグの根元から切断(笑)

DSCF0046[1].jpg

ケーブル側の導通は良いのでプラグ内に問題があると判断
プラグを付け替えて修理する事に...。

使用されているケーブルはシールドケーブルが使われていたのですが、
被覆に印字されている文字を見てみると
何とスーナーケーブルが使われていました!

DSCF0048[1].jpg

ネットから仕様書を確認すると、75Ωのローノイズケーブル

DSCF0049[1].jpg

純正プラグは取り寄せ不可
スイッチクラフトの小型プラグを取り寄せて修理しました。

DSCF0050[1].jpg

修理してすぐ試聴してみると、
透明感がありサクサクと小気味良い高域
中音域は、くどさや濃さは無くフラット
低域は、中音域から続いているフラット感で
厚みや太さ等の特徴はないバランス...。

スイッチクラフトのRCAプラグは、
多くのケーブルで使用してみた感じで
音に粘り感がある印象を受けているのですが、
スーナーの高域に特徴があるケーブルと相まってか
スッキリした音のケーブルとなりました。
研ぎ澄まされ感を減らす為、スイッチクラフトを選んだのですが、
出音にスイッチクラフトっぽい感じを受けないのが不思議です?

SONYの赤白RCAケーブルと比較試聴してみると
エネルギー感と低域は、SONYの方が良く出て音の厚みもあります。
スーナーの方は、フラットバランスで音が整いクリーン
精密感の有る出音で、サクサクした高域の歯切れが良い感じです。

初期マークレヴィンソンに使用されていた細いスーナーケーブルとは
また違う出音で面白い感じです。

プラグとハンダのエージングが進めばさらに良くなると考えられます。

ちょっと前から色々検討していた
SoundJuliaオリジナルRCAケーブルも決まりましたので後日発表します!


posted by Lansing at 14:41 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。