2018年05月01日

KOJO DA-6

最新電源のDA-6を試しております。

DSCF0721[1].jpg

過去に試した事のある電源装置に感じた要素、
異様に音が綺麗で高域が良く抜ける
温度感はクールで音色は薄くなり表現が淡泊...。
女性ボーカル等を聴いた場合、雪女の様な雰囲気になり...。

DA-6は、こういう要素を感じません。

昨日も1日中、DACのみへ使用し、聴いておりましたが
嫌な感じが無いので入力機器周りのトリプルトランス接続を試しました。

                 ┃---トランス---X50D
商用100V電源---(DA-6)┃---トランス---DAC212SE
                            ┃---トランス---SJ-preamp

DSCF0717[1].jpg

パット聞きオーディオ用語で説明できる感じの音が減り、
個性的な音や強く聴かせる特徴的な部分も少なくなり
聴くソースで音がコロコロ変わる様になった...。

何がどうなったか分析してみると、
誇張感が無くウルトラ高分解能!(笑)
立ち上がりと立下りが素晴らしく速くなっているのですが
それを感じさせる様なイカにも感がない
カミソリで痛くなく切られている様な超切れ味で耳に刺さらない
残響が更に綺麗...。

完全に近いサイン波形の電源で、更にアイソレートして動かすと
凄い事が起きるんだと!(笑)

YouTubeはどうかと思い、観ながらデジタル出力を弄ってみる...

DSCF0720[1].jpg

先回、色々と切り替えて聴いた時より
音が変化する感じが如実に判る様になりました。

周波数をドンドン上げると繊細感が出て
場の空気感とか奥行きを感じる音になり
再び44.1Khzへ戻していくと、
メリハリ感の様な要素が出て
素朴さを感じる音になります。

1か月お借り出来ますので、
色々試しながら数日使って戻れなくなったら買います。(笑)


【関連する記事】
posted by Lansing at 19:38 | Comment(1) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5月4日の午後に視聴させてもらった者です。
長時間割いていただき本当にありがとうございました。

オカルト物も含めて鈴木さんの経験談もお聞かせ願えて楽しかったです。

鈴木さんは迷惑だったかもしれませんけどね(笑)

音は聴いたことないようでしたけど、私の使っているベラボーチェの存在をしっているだけで凄いと思いました。

部屋の作り方も勉強になりましたし、プリアンプのリクエストも聞いていてもらえそうで今後の役に立ちました。

プリ以外に、ボリュームの話と本家家より凄いラダーケーブルはメチャ興味あります!?

実家に戻る時に、またお邪魔したいです。

Posted by 伊藤 禎敏 | URL | 2018年05月06日 11:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。