2018年03月31日

DiDiT DAC212SE 導入

くどいほど試聴いたしましたが、
間違いないという事で導入しました。

名古屋ではお初の店頭展示店です。

何処までも高分解能に追従するDS-4NB70と良いコンビ!

試聴時、一緒に聴いていたお客様も欲しいという事でお買い上げいただきました。

本日2台到着!

DSCF0657[1].jpg

開梱、新品こんにちは!
DSCF0658[1].jpg

何と!コルクの箱に入っています(笑)
お借りした試聴機と並べると...。
DSCF0659[1].jpg

質感とロゴマークに違いがありました。

コンタクトオイルを塗布し入れ替えてみますと、
通電状態で完全安定している機器と
冷えっ冷えの電源ONしたばかりの音質差は有りますが、
別段、大きな違いは無くホッとしました。

ABS/EBU接続を試しましたが、やや太く厚みのある音に感じます。

ノートPCからUSBで繋いでYouTubeを視聴しますと、
予想を超える高音質で倒れました...。

実験に同席していたお客様も、
あまりの高音質に、
自宅のパソコンで聴く音は何だったの???という感じで(笑)

P-0からラダーDSケーブルSFPDIF接続では
満足度の高い高精度かつ高音質なサウンドで
安定感、S/N、分解能も高く素晴らしいです。
私はこれを超えるCD再生機を知りません。

X50DからHDMIケーブルでI2S接続では、
HDMIケーブルをとっかえひっかえしてみると
「なんじゃこりゃ〜」ぐらい音が変わります。

手持ちの極細HDMIが、
高性能をうたっているHDMIケーブルより
抜けも分解能も音域の伸びも空間も広く笑えました。

I2Sはデータですので、
短くかつ劣化の少ない物が高音質になりますが、
映像の高性能と音声データ信号とは違うのでしょうか?

SONYの最高峰のHDMIを使用したI2SとラダーUSBと比べると
ラダーUSBの方が良い音に聞こえます(笑)

SONYのHDMIは、しなやかで穏やか、耳当たりよく優しい音です。

ラダーUSBと極細HDMIのI2Sでは、I2Sの方が素晴らしいです。

一体型CDPで¥100万以上お金をかけるのなら
X50DとDAC212SEで揃えた方が
かなり安く高音質かつ使い勝手が良いシステムになると思います。

ちなみに代理店の最新在庫状況ですが、
X45は、4月1日からの販売ですが、販売前に売り切れ(笑)
4月中旬の再入荷となりますが、予約で入荷売り切れになると思います。
X35、X50Dの在庫は残り僅かですので
こちらも4月頭には売り切れると思います...。
ナスもハブも必要なく高音質で使いやすく低価格なので大人気が理解できます。

X35,X45,X50D
内部SATAケーブルの選考が終わりました。
弊店で購入いただいているお客様で、高音質SATAケーブルへ
交換を希望されるお客様がいらっしゃれば対応させていただきます。
(他店で購入のお客様は対応不可です。)
持ち込みいただければ、ケーブルと交換手数料¥2,000-で行います。

DAC212SE
今日は、P-0とDCS使いのお客様が試聴
ノックアウト(笑)され購入を検討いただけると!(^^♪

P-0とDAC212SEをラダーDSで繋げば
フィリップスの銘機 LHH-2000をぶっちぎる高音質になります。

以下余談

消防車が騒がしいので外に出てみると
ボヤ?

IMG_0710[1].jpg

山崎川の桜も満開なので、また見物に...。
先日の場所から上流側へ進みます。

IMG_0712[1].jpg

先日 撮った場所から
IMG_0717[1].jpg

完璧に満開!

更に進むと、焼き芋トラップに引っ掛かり食しました(笑)
ドンドン進みます。
IMG_0714[1].jpg

この先に木製の橋が架かっています。
IMG_0715[1].jpg

まぁ綺麗ですわ!
IMG_0716[1].jpg







posted by Lansing at 21:12 | Comment(0) | デジタル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。