2017年11月24日

ブラックカード

なんちゃって(笑) ヨドバシカメラのカードです。(笑)

DSCF0187_LI[1].jpg

ドンキみたいに密に展示されているヨドバシカメラが面白く
80年代の、大須アメ横ビルの雰囲気にも似ていますから個人的に気に入っています。

出掛ける時、妻に「ヨドバシランドへ行ってくる...。」と(笑)
気が付けば、名古屋に開店してから、なんやかんやと¥15万は買い物をしているので
先日HDDを買いに行ったついでに作りました。

それから、昨日の定休日は、名古屋モーターショーへ行ってまいりました。

DSCF0186[1].jpg

現実的な車から、非現実的な車まで色々あって面白かったです。

オーディオ屋的には、PAの音響が気になって仕方がなかったです。(笑)
こういう場所での最高の音出しをしていたところは、
1号館のロバのパン屋(笑)でした。

5cm程度のフルレンジ1発を、販売車のフロントガラスの上に置き鳴らしているだけですが、
かなり離れた休憩場所の何処にいてもうるさく無い音で歌が聞こえてきてロバのパン屋と判ります。

で、確認の為、店まで行って、スピーカーから1m程度で聞くと、
スコーカーをかなりの音量で鳴らしている様な
1Khzを中心とした真中だけの音に聞こえるのですが、
3m、5mと離れると、ちゃんと聞こえてきます。

今は無い、チリ紙交換やさお竹売りみたいな浸透力ある音で流石です。(笑)

ステージがあるイベントのPAは、
耳に突き刺さるシャリシャリの高域で中抜け....
天井にグラスウール系の吸音材が張り巡らされていますが、
低域を処理する考慮が無いので、ステージから離れると
全体に低域が渦巻きバウンバウンと響いています。

各ブースにセットされているPAは、
SPの前では耳が痛くなるほどの爆音で聞こえますが
PAスピーカーから少し離れると、
何を言っているのか分からないような音で
ハッキリ聞こえなくなり音飛びも悪いです。

展示の方は、斬新な最新の車デザインより
初代ダイハツ ミゼットや、TOYOTA2000GTの方がとてつもなくカッコよく見えてしまい
SUZUKIのXBEEなんか、現実的で売れる車だろうなと感じてしまいました。

浮世離れした車では
ランボルギーニが、かつてのカウンタックを感じるデザインで良かったです。

オーディオ屋の前は車屋でしたので(今でも自動車商はあるので売り買いできます。)
新旧含め色々興味があったのですが、
今は、こういうのを見ても少し距離感がある様に感じ、
実施の現場に居ても、気持ちが入らなくてTVの映像を見ている様な気分でした。

車に興味が無いと言ったらうウソになりますが、
〇〇が欲しい的な欲は無い感じです。

頑張って仕事します。(^^♪




posted by Lansing at 14:06 | Comment(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。