2017年11月20日

B&W T7

B&W T7

DSCF0180[1].jpg

エージングが終わり、
キレッキレの音になりました(笑)

ワイヤレススピーカーは、現在3台ありまして、
T7は、PCでYouTubeを観る時や
ウォークマンなどの再生に使用しています。

SONYのSRS-HG1は、ネットワークオーディオが可能ですので、
PCをサーバー化して作業中にBGMを流したりしています。

Marshallは、ボーカル物の再生やTVのスピーカーとして最適です。

で、B&WのHPでユーティリティソフトウェアをダウンロードして
ファームウェア等が最新かどうか確認などをしてみました。

ダウンロードして開きます。

DSCF0176[1].jpg

ノートPCとT7をUSBで接続...。
上手くいきました!

DSCF0177[1].jpg

ファームウェアを確認すると最新でした。

DSCF0178[1].jpg

終了で、電源もOFFになります。

T7の電源をONしてブルーツースで繋ぎます。
(ペアリングしていますので自動接続)
aptXで繋いでいますが、ihpone等のAACや一般的なSBCも対応します。

DSCF0179[1].jpg

流石に高級機だけあって、
この種のスピーカーでよく耳にする
低域強調のボアボアボア感は殆ど無く
リューム最大の爆音でも殆ど破綻しません。

一般的な¥2万前後で購入できる多くの製品よりも
音はメリハリがありクッキリしていて抜けが良いです。
音量的にも最大音圧は高いレベルまで上がります。

本格的なオーディオ装置に興味がない方の場合
(オーディオを趣味とされていない方の場合)
これらのスピーカーで聴けば、
PCのスピーカーやTVのスピーカーより圧倒的に高音質ですので
アンプやスピーカーを買うことなく
間に合ってしまうかもしれません...。

別の表現ですと、
カメラに興味の無い方の場合
普段の撮影には
ihponeのカメラで十分間に合う様な感じに近いです(^^;)

下記のビデオをそのまま視聴するより
画面左上のタイトルをクリックして
YouTubeで観た方が音質は良好です。

チェロ

シェリーマン

少女のドラム

こういうブルーツーススピーカーや
ヘッドフォンオーディオ、
PCオーディオなどの方へ行ってしまうと、
従来型のフルコンポシステムのオーディオが衰退してしまう感じになりますが、
レコードやCDからアンプを通し
スピーカーを鳴らして部屋で聴く方が心地よいと思いますので、
本格的なオーディオに興味の無い方も
従来型オーディオ装置の音を体験して欲しいと思います。

比べれば、こういうのはミニチュア、箱庭的な表現に聞こえると思いますし
スピーカーから放たれる音は音場感があり広がりますので
気に入って本格的なオーディオの方へ移行して欲しいと思います。

私の場合、新しい物にはすぐ飛びつきませんが、
最新を離れると付いていけなくなりますから
今月末頃、ネットワークオーディオができる
カクテルオーディオのX50DとX35をお借りして試聴テストをします。



タグ:B&W T7
posted by Lansing at 12:28 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。