2017年10月06日

ポタアンケーブル

お客様よりご注文いただいたケーブルが完成いたしました。

DSCF0094[1].jpg

ラダークラフトセブン製のポタアンライン
3.5mm----3.5mm(ミニジャック)

お客様の注文によりCFのXHP3用で製作した物です。

下のポタンがXHP3
箱内のケーブルは、繋いでいるデモ用ケーブルと同じ仕様です。

XHP3の入力はネジ式になっています。
グランドレベルの安定性を高める構造ですので
ラインの方も4線式でグランド分離で配線すると効果があります。


DSCF0095[1].jpg

NW-ZX2と
DSCF0096[1].jpg

一般的なケーブルから繋ぎ変えて
鳴りが悪いCZ-1を繋いで聴いてみても
モッサリ感は無く、抜けが良くラダーケーブルの
高分解能でワイドレンジ、ハイスピードサウンドへ変化します。

DSCF0098[1].jpg

XHP3でCZ-1が聴けるレベルで鳴るのが不思議...。
鳴らし切っているわけではないのですが、
サラッとして小気味良く、軽快な気持ち良い感じで鳴ります。

NW-ZX2へCZ-1を直接つなぐと、
ボリューム全開で、ちょうど良い程度の音量までしか上がらず
見通しの悪いショボい音しか出ません。

軽く鳴るヘッドフォンの場合、
バランスタイプへリケーブルして繋ぐと
ビックリのドライブ力で鳴ります。(笑)

LCD-3、LCD-4を所有されているお客様が
「繋いで聴いてみたい」と言われますので
後日実験してみます。

こういう鳴りの悪いヘッドフォンが
聴けるレベルとなると、小さな巨人?です。

最高峰のXHP7の場合、
言葉が出ないほど素晴らしいサウンドで聴かせますので
何のモンクも出ないのですが、
XHP3が何処まで健闘するのか楽しみです。
posted by Lansing at 20:06 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。