2017年09月29日

特注ドライカーボン

DSCF0059[1].jpg

カーボンの加工が完了して到着しました。

Technics SP-10MKV 用 ターンテーブルシート

DSCF0060[1].jpg

テクニクス SP-10MKVの場合、
ターンテーブルのふちが凸となっている為、
使用するターンテーブルシートのサイスが合っていない場合、
ふちの凸部分へ、シートが当たって浮き上がるか
小さすぎると見た目がカッコ悪くなります...。

そんな事で特注サイスで製作依頼を受けました。

純正のシートはゴムなので音は...。(^-^;
交換して試聴いただければ
ドライカーボンのすばらしさを体験いただけると思います。

仕上げ段階に入っている
メタルカーボンスピーカースタンド用のカーボン

DSCF0061[1].jpg

棚板の仕上げに手間取っている
メタルカーボンラック用のドライカーボン

DSCF0063[1].jpg

こちらが棚板と重なり、制振 整振します。
DSCF0062[1].jpg

コンセントタップ、
壁コンベース
SJ-SI/SJ-FB用金属ベースなど
最近発売したアクセサリーを
ご使用いただいていらっしゃるお客様には
理解していただけると思いますが、
メタルとドライカーボンの融合で、
今までにない効果を体験されていらっしゃると思います。

ついにラックやスタンドまでできますので
音の入り口(電源)から設置まで
かなり良い条件でコンポーネントを使用できるようになりますのでご期待ください。


以下、ゆるい話です。(笑)

先日、私のSONYセレブリティーD-3000が嫁ぎ、手元に余剰金が!
定休日に家電量販店へ出かけ、
ワイヤレススピーカーコーナーで買い物をいたしました。

マーシャルの、ブルートゥース スピーカーです。(有線によるライン入力も可能)
DSCF0064[1].jpg

カバーケースを付けると
DSCF0068[1].jpg

システム手帳みたいな感じになります。

DSCF0067[1].jpg

立てる時は、カバーを折りたたんで垂直にしたり
DSCF0069[1].jpg

角度を変えられます。

DSCF0070[1].jpg  

DSCF0071[1].jpg

DSCF0072[1].jpg

ボリュームとトーンコントロールツマミは
ポップアップ式でカッコいいです。

DSCF0073[1].jpg

あと、スマホで接続している場合ハンズフリー通話ができますし、
USBの5V出力がありますので、携帯などの充電が可能!
100V電源と、内臓の充電式電池で動作し
電池動作の場合でも20時間以上の連続動作が可能です。

息抜きというか
遊びも大事なので(笑)なかなか面白いおもちゃです。

この類似商品は、
大型量販店などの場合ですと、
80年代のラジカセ売り場を彷彿させる展示量で並べてあると思います。

スマホに音楽を入れている場合、
ブルートゥースで繋げて聴いてみると意外に良かったりして笑えます。

写真のマーシャルは
中低域が濃いので、ボーカルは抜群で、ギターの音も笑えるほど良く
ジャスは濃密な感じで聴けます。
BOSEのSoundLincミニと似た感じの音です。

高域が立って音抜けが良い方が好きな場合
一般的にはSONYとかがありますが、
BeatsPill+などだと音がパワフルで見た目もカッコいいです。
(安い方が音抜けが良く高い方が詰まった感じに聞こえました。)

あと、高額ですが、B&WのT7が印象的でした。
オブジェなのかよく解らないデザインでカッコよく
音の方も高域が抜け切り爽快!
爆音にしても破綻する事が無くタイトに聴かせました。
B&Wのチョンマゲ ツイーターっぽい高域感が好きな方にはウケると思います。

コストパフォーマンス的にはKenwoodが良かったです。

車、出張先、ノートPCのスピーカー用、YV用スピーカー、BGM用等
色々使えます。(笑)

以下、参考ビデオ

最初の曲、若干ハム音が聞こえますが、
ワイヤレススピーカーやウオークマンのノイズではなく
元の録音時に入っているノイズです。
こんなスピーカでも聞こえるとは笑えます...。





posted by Lansing at 12:46 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。