2017年09月12日

壁コンセントベース完成

未だかつてないハイエンド コンセント取り付けベースが完成しました。(^^♪

DSCF0006[1].jpg

貧弱な壁に付いている壁コンセントを、
オーディオ的に高音質化させるアイテムとなります。

コンセント本体を、高剛性なメタルケースへ内蔵させ、
振動を整える為、
(金属)+(ドライカーボン)のベースプレートへ本体を組み合わせています。

本製品は、組み立てキットです。
取り付けるコンセントは付属しておりません。

取り付け可能なコンセントは、レヴィトンやヒューベル等、
アメリカのUL規格で製造されているコンセント全般となります。

写真のオヤイデなどもUL規格と同じ寸法ですから取り付け可能です。
不明なコンセントはお問い合わせください。

また、形状が違う場合、特注品もお受けします。

キット内容

左より、(ベースプレート)(ドライカーボンプレート)(本体)(トッププレート)ビス類など
DSCF0001[1].jpg


以下イメージです。

壁へ取り付けるベースプレートへ、ドライカーボンを嵌め込みます。

DSCF0002[1].jpg

本体を載せ、ばね圧で結合させます。

DSCF0003[1].jpg

本体へコンセントを取り付けます。

DSCF0004[1].jpg

カバーを留めるへそネジを利用し、
更にコンセント本体の剛性を上げ、強固に取り付けます。

DSCF0005[1].jpg

3Pコンセントプラグは、コンセント本体へ接触するのではなく
トッププレートの金属部分へ載る様になっており、振動的にアイソレートしています。

DSCF0006[1].jpg

ベースプレート+ドライカーボンの上に、本体が、ばね圧で結合しています。

ベースプレートより、ドライカーボンが0.5mm厚い為、凸となっていますので
本体は、ドライカーボンだけに接触している形となります。

本体を強く引っ張ると、0.2mm程、ベースプレートと離れます。

(上がトッププレート、下の隙間はカーボンの凸)
DSCF0007[1].jpg

価格は予価通り1個:¥8万(本体価格)
税込:¥86,400-となります。

作る手間が掛かりますので
1週間で、2個〜3個しか作れません。

販売前からの予約を除きますと、
現在、直ぐお渡しできる在庫数は1個、
週末に3個完成します。

取り付けが難しくない様、設計されていますが、
電気工事業者様など、工事資格者の方に取り付けをお願いしてください。

本製品による電気事故が起きた場合、弊店は一切責任を負いません。

取り付けの様子は、下記のYouTubeをご覧ください。

ビデオは試作品ですので、ばね圧が若干弱いです。
製品は、取り付け完成後、引っ張っても殆ど動きません。










posted by Lansing at 14:22 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。