2017年08月22日

壁コンセント

試作を繰り返している壁コンセントベースですが、
具合を確かめる為、壁に取り付けてみました。

プレート一式
DSCF0878[1].jpg

前作との相違点、左が最新型
DSCF0877[1].jpg

コンセントの裏をがばっと開けた構造から、
コンセントへ繋がるケーブルが通るのに必要な穴の大きさへ変更し
コンセントを包み込むような構造へ変更しました。
カーボンとの接触面も増え、より振動を整える効果が上がっています。

パット見、複雑で難しそうですが、
取り付けが難しくない様に作ってありますので、
10分程度の時間で簡単に取り付け可能です。

取り付けている様子をYouTubeへアップしました。
(コンセント工事は、電気工事士の資格者にお願いしてください。)


取り付け完了!

DSCF0879[1].jpg

プラグを差し込んだ感じ

DSCF0880[1].jpg

取り付けてみて感じた事ですが、
ばね圧はもう少し強い方が好ましい事と
最初のプレートを固定するネジ穴の径を、若干大きくした方が良いので
改良後、商品化します。



posted by Lansing at 14:21 | Comment(0) | アクセサリー、ケーブル類等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。