2017年08月12日

スピーカースタンド試作

Steal+CFRPスタンドの試作品を試しています。

加工をお願いしている金属加工業者さんは、盆前でとても忙しいらしく
お得意様や、大口注文をこなすのに必死とかで
手がかかり儲からない仕事は後回しとされてしまい...。(笑)

なかなか進まないので鋼材を切削して組んだだけです。

DSCF0850[1].jpg

DSCF0853[1].jpg

音は抜群に良いのですが、見た目のバランスが悪い...。

DSCF0851[1].jpg

組んで色々試すと、音は本当に良いのですが、
見た目がイマイチなので、デザインのやり直しが必要です...。

組み立てる時は感じませんでしたが、
離れて見ると、ベースプレートが小さく、ポールも貧弱に見えます。

ベースプレートやポールを大きくするのは簡単ですが、重量が...。(笑)

で、音の方ですが、
金属とドライカーボン、めちゃソリッドですが、
音が硬くなることも、冷たくなることも、音痩せして高域寄りのキャン付いた音になることも無いです。
fレンジは広く、小型スピーカーも堂々としたスケール感で朗々と鳴ります。

物凄く高分解能ですが、音は痛くなく、しなやかさを感じるほど自然です。(笑)
分離も良く、音が空間に広がる感じが良く出て、何だか作る前の予想をかなり超えた良さです。

有名ブランドの
アルミ系や鋳鉄系の制振スタンドとは別物...。

スタンドのポールが
空中神殿「出雲大社」の様な三本柱のスタンドなので
スタンド名は「出雲」と言っていますが、(笑)
形状が変われば名前も変わります。

外観をどう仕上げよう...。






posted by Lansing at 15:13 | Comment(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。