2017年05月28日

インシュレーターベース その3

DSCF0590[1].jpg
SJ-SI用を、左から右へ変更いたしました。

SJ-FBと比べます。
DSCF0591[1].jpg

カーボンが入る凹
DSCF0589[1].jpg

DSCF0588[1].jpg
SJ-FBもSJ-SIも外形は同じとなりました。

SJ-SI用、SJ-FB共に
サイズ:直径58mm、高さ25mm (カーボン含めると25.5mm)

で、外寸変更後はどうなったかですが、
お客様3名様を交え聴き比べた結果、
前の48mmと大きく違う点は、
太いトルク感と、音密度が高く、グッとくる感じ、(下品な感じではないです。)
48mmで感じていた、ややおとなしく聞こえる感じは無くなり
SJ-FBより、音量が上がったように聞こえます。

太いトルク感ですが、
樹脂の多いBDRの様な感じとは違って
高分解能かつハイスピードです。

SJ-FBの方が抜けが良く聞こえていましたが
今はその様な差は有りません。

58mm変更は、仕上げも施しましたので、より良くなると思っていましたが
想像したよりかなり良いです。

ドライカーボンと、この鉄系金属をハイブリットすると
何故こんなに良くなるのか?ですが、
アルミ系ではこの様になりませので不思議です。

金属量が多めの方が効果的な事は分かりましたが、
10Kg超えの金属へSJ-SIを載せたら
物凄く良くなるのかというと、そうでもないんです。

今回のインシュレーターベース、
SJ-SI、SJ-FB単体で使用するより
俄然効果が上がりビックリされると思います。

余談です。

ダイソンのヘアドライヤー(新型)を買いました。

DSCF0587[1].jpg

値段的に、普通に売っているドライヤーの10倍ほどします。(笑)

どんなものかと使ってみますと、
風量が多いので、髪の乾きが凄く早いです。

動作音は、車のターボタービンの様なキーンという音がしますので
ターボが掛かっているかのような感じです。

たぶん、1万回転ほどでモーターが回っていると思うのですが、
軸とかの耐久性はどうなんでしょう?

普通のドライヤーの音より、うるさく無ない感じですが、
自分ではなく、妻とかが使用している時、
離れている所で聴く音の方が、
自分が使用しているより不快です。

初期型と見た目は変わりませんが、
キーン音と、風の吹き出し音が小さめな感じがします。

普通のドライヤーの様なプラスチッキーな感じが無く
未来的デザインで高級感があります。

高額なので、すぐ壊れてダメソンにならない事を祈ります。(笑)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック