2017年03月26日

コンセントタップ完成!

DSCF0398 (600x449).jpg

天板のキャップボルトを見えなくしました。

試作時からの比較...。

左から右へ進化して行きます。

DSCF0402 (600x220).jpg

左端、初期試作品、NCで切削しただけの状態、これでも音質は良好!

左から2番目、外側を仕上げしてみましたが、コーナーの面取りが大きくて見た目がイマイチ...。

左から3番目、コンセントのヘソを本体へ固定し、よりガッチリした構造としました。
コーナーの面取りを小さくして、見た目の良さを出してみましたが、
機械仕上げによる面取りの質感が気になる事と、天板のキャップボルトが目立つので、
右端の様に、キャップボルトは見えない構造として、面取り加工は手作業で(笑)する事に...。

その結果、コーナー部分の見た目も良くなり、手作業の恩恵で、
飛躍的に質感を向上しております。(^^)v

初期とその次
DSCF0403 (600x354).jpg   

右側は手仕上げが入り、圧倒的な質感の良さとなっております。
DSCF0404 (600x358).jpg  

更に、ベースプレートも完成です!

切削した凹部分へドライカーボンのプレートが入ります。

DSCF0399 (600x356).jpg

組み合わせるとこんな感じとなります。

本体と、ベースプレートと合体した状態です。

DSCF0400 (600x449).jpg

本体と、ベースプレートの隙間(1mm)が、見た目少し大きいので、製品は、隙間をこの半分にします。

取り付けるコンセントの特徴をよく出しますし、
重量があり、制振 でなく整振されたリジット構造の為、
音がナヨナヨする事なくエネルギー感があり、
高分解能かつワイドレンジです。
音の質感も高く、高S/Nで静寂感がありますので
音場空間も広く残響もきれい、
細かい音の再現性も優れています。

更にベースプレート追加で、
柔らかい絨毯やボコボコ鳴る床、ソフトビニールの床等、
置き場所の悪さを改善する効果により
さらなる安定感や低域分解能が更に向上し、
圧倒的なSoundとなります。

販売についてですが、
PSEの取得は考えておりませんので、Kitとしてのみの販売となります。

完成品をご希望の場合、
Kitとして購入いただいた後、
コンセントの取り付けなど製作依頼はお受けします。

内容:BOX本体一式、ベースプレートは別売りとなります。
   
   1、日本製インレット方式(IECプラグで接続するタイプ)
   2、配線引き出し穴あけ方式の2通り

   取り付けることが出来るコンセントは、基本がレヴィトンなどのUL規格品となります。

   パナソニックの1512K等の場合、天板形状が縦穴に変更となります。

   フルテックやオヤイデ製等、オーディオブランドで、JISやULに該当しないコンセントの場合
   現物に合わせて加工しますので、取り付ける製品をお送りいただく必要がございます。

   こちらでコンセントを用意する場合、レヴィトンのUL規格品が1個:¥3,000-となります。

   1、のインレット仕様の場合、国産のインレットへ、配線を接続した物を無料でお付けいたします。

   電源ケーブル直だし仕様の場合、使用するケーブルの直径に合わせて穴をあけますので指示願います。
   (こちらで用意できる推奨ケーブルもございますのでご相談ください。)   

現在、販売前ですが、多数ご予約をお受けしております。

本体NC加工の切削時間、約5時間(笑) 更に天板もNCで加工...。
切削後は(研磨)---(表面処理)---(研磨)で完成となります。

また仕様がバラバラで、切削に時間がかかりますので
生産性が悪く納期に時間が必要となります。

順番に製作いたしますので
ご希望のお客様は、1、2、の仕様(または、特注)等をお知らせいただき
材料発注後のキャンセル防止の為、先入金をお願いしております。

ご注文、ご質問など、各お問い合わせは、ここをクリックしてお問い合わせください。

置いた感じの見た目ですが、安っぽさは微塵も無いと思います。

手仕上げにより質感が高くなり、
凛としてアートな雰囲気も醸し出すような存在感となりましたので、
精密感あふれる超絶技巧な工芸品的仕上がりの匠ラック、
50〜60年代の黄金期北欧家具と並べても引けを取りません。

匠ラック
DSCF0409[1].jpg

北欧家具
DSCF0410[1].jpg

次は、壁コンセントベースと、オーディオボードです!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448398363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック