2017年01月27日

二度あることは三度ある

定休日、オーバーハングが合うようLINN LP12のアームベースを加工
DSC00001[1].jpg

アームがSAECの為、
トランポリンベースを付けると...。

DSC00006[1].jpg

DSC00005[1].jpg

プレーヤーの上下を元に戻しフローティングのバネが下がると、
ベースと干渉してしまいました...。

干渉を無くすためには、
トランポリンベースを使わないか、
1cmほど袴を増して付けるかしかありません。

確認しなかった私がバカなのですが、
躓いてしまいました。(1回目)

その夜、お客様宅まで出向いてオーディオ専用電源工事の確認をすると
IMG_0233[1].jpg

希望場所へシールド三線の引き出し線が出ているのはOKなのですが、
分電盤での接続が、何故か単相ブレーカーに
黒/白の二本接続されているだけで、赤線は丸めてフリー状態?

つまり、三線ケーブルを引いたのに
単相三線式でなく、単相100Vで送っているだけ、
しかもシールドケーブルなのにシールドへアースも落ちていない...。

この引き込み工事は、私が請けていないので
設計説明だけしたのですが、
施主様、設計士、工務店、電気工事と伝わると
こんな風になるのかと...。

電気工事屋さんも、変だなぁ?と思わなかったのか...。

3Pブレーカーへ変更、単相三線式で送っていただく事と、
シールドへアースを落としていただく様お願いした。
ここで躓いて帰宅...。(二回目)

この日の足は、車検上がり当日のPOLO

あと家まで500mの所でエンジンが一発死んだような感じになり
直ぐに警告灯が点灯!

IMG_0246[1].jpg

タイヤ空気圧の警告まで点くのが?ですが、
エンジンが「ベウベウ」して振動するので、
一発死んでいるのは確実

EPCランプの場合、制御コンピューターNGなので不安...。

整備士の携帯へ直接TEL!

「一発死んでいる感じで、警告灯多数(笑)」と説明すると、
なんで?って感じでしたが、帰宅時に回り道して、
(サービスチェック用ノートPC持参で)駆けつけてくれたので繋いでみると...。

3番シリンダー死亡( ;∀;)
そのまま代車と入れ替え...。

これで三回目の躓き...。

本日、先ほど連絡が入り、
三番プラグケーブルの不良で三番死亡という結果。

三番ケーブルだけを変えても、
その他もそのうちNGとなりますから
ケーブルをフルセットで交換...
¥22,680-の整備料金追加(T_T)

車検取ってから、
ゆっくり考えて車を買い替えようかと考えていましたが
バッテリー、エアコンフィルターなども交換し
もうしばらく乗る事にしました。

posted by Lansing at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446356444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック