2016年11月26日

CZ-1

Crosszoneの営業さんと、CZ-1ヘッドフォンプロジェクト顧問の方が来店...。

今の時代に珍しいメードインジャパンのヘッドフォンです。(笑)



要望を聞いていただけるという事で、
バランスケーブルと、CZ-1をフルドライブできるアンプの販売を要請しました。

こちらの環境で、バランスアンプでバランスドライブしている(笑)物を聴いていただきました。
DSCF0025[1].jpg

まぁこれにはビックリされたようで、
社内で行っていることをポロリと...

バランスケーブルの製作は、現在行っているという事で、
ケーブルの編み方により音質が変わるなど、色々試行錯誤されているようでした。(笑)

私の評価と、ヘッドフォンをいかに鳴らすかという姿勢に感動された様で、
次回のご来店時には、別の技術者様と同伴で来店される事となり
試作のバランスケーブル等が完成していれば
試聴なども行えるという事で楽しみです。

「SoundJuliaで、CZ-1を購入されたお客様もぜひ呼んで下さい。」という事ですから
日にちが確定した場合、また公表いたします。


デカイヘッドフォンですが、
いつもはスピーカーでしか音楽を聴かない方にお勧めです。

ふんわり耳に被さる構造ですから、圧迫感は低く快適
DSCF0026[1].jpg

ダストネットも、極薄のシルク100%です。(笑)
DSCF0027[1].jpg

日本人気質の細やかで気の利いた作りです。
製造は、岡谷の工場で手作りされていますので、
海外製の様な雑さが無く、高級カメラの様に質感は高いです。

音質的には
monitor系サウンドが好き
ドンチンサウンドが好き
高域love(笑)
の様な特徴ある音が好みの方にはウケません。

スピーカーから音を聞いているような雰囲気で
疲労感の少ない普通っぽい音で聞きたい方にお勧めです。

バランス化しますと、透明感や分解能は格段に向上し、
ヘッドフォン内ドライバーの駆動力が上がりますので
ノーマルのアンバランスで聴くより高分解能でワイドレンジなサウンドになります。




タグ:CZ-1
posted by Lansing at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック