2016年10月12日

ネットワーク修理の続き


DSCF0626[1].jpg

回路図を探します。

DSCF0630[1].jpg

ネットワークを分解して調べる。

コンデンサの接触不良を発見!
音量を上げた時の振動で、この部分の導通に問題が生じ歪むのではないかと判断。

念のため、コンデンサの容量や絶縁も見てみる...。

容量=1.5μF
DSCF0631[1].jpg

絶縁
DSCF0632[1].jpg

問題ないのでハンダを修正
DSCF0634[1].jpg

全体的にクリーニングして、コンデンサ類が動かない様にホットボンドで固定
DSCF0635[1].jpg

こちらに有るスピーカーへ繋いで試聴OK!

ついでに2450も2個持参されていたので、
こちらの環境で試聴すると、
音圧にばらつきがあり、音が汚くイマイチでしたので
分解清掃して、磁器ギャップ内の鉄粉などを除去
左右の締め付けトルクを合わせ戻すと、
音圧が上がり、爽やかに抜けて切れる音へ変身した!(^^♪

できる事なら、アッテネーターの分解清掃をして、
もう片方のネットワークももメンテすると気分的にはバランスが取れますが、
速く戻したいという事なので、片側だけの整備で返却...。



posted by Lansing at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442741412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック